ENEOS(エネオス)カードは3種類!違いとお得な使い方を解説

ENEOS(エネオス)は日本で最も店舗数が多いガソリンスタンド。よく利用するのであれば、ENEOSカードがあるとお得に給油できます。

ENEOSカードには、キャッシュバックタイプのENEOSカードC、ポイントタイプのENEOSカードP、スタンダードタイプのENEOSカードSという3種類のタイプ(C・P・S)があります。

それぞれ年会費や特典が異なるので自分に合ったカードを選ぶ必要がありますが、3種類もあるとどれを選んでいいのか分からない人がほとんどだと思います。

そこでこの記事では、ENEOSカードのそれぞれの特徴や特典・メリットを詳しく紹介しています。

具体的にどんな人にどのカードがおすすめなのか、そしておすすめの使い方も合わせて紹介しているので参考にしてください。

給油量やカード利用額に応じて、最適なENEOSカードを選びましょう。

ENEOSカード(C・P・S)それぞれのメリットと共通する特典

ENEOSカード(C・P・S)それぞれのメリットと、3種類のカードに共通する特典を紹介します。

ENEOSカードCを利用するメリット

エネオスカード C

年会費 初年度:無料
次年度以降:1,250円(税抜)
還元率
タイプ キャッシュバックタイプ
ガソリン・軽油値引き 最大で7円/L引き
灯油値引き いつでも1円/L引き
1カ月目のカード利用額に応じて値引き単価が決まり、3カ月目のガソリン・軽油利用額に適用されます。値引き単価決定にはENEOS利用分だけでなくENEOS以外での利用分やApple Pay、QUICPay、ETCカード、家族カードの利用額も含みます。

ENEOSカードCはカード利用額に応じて翌々月の値引き単価が決まります。ガソリン・軽油の利用金額請求時に値引きされる形になります。

  • カード利用額が1万円未満 1円/L引き
  • カード利用額が1~2万円未満 2円/L引き
  • カード利用額が2~5万円未満 4円/L引き
  • カード利用額が5~7万円未満 5円/L引き
  • カード利用額が7万円以上 7円/L引き

入会後の1カ月目と2カ月目は2円/L引きです。

カードの利用金額が増えれば値引き単価が上がるので、家族の分も含めてクレジットカードで支払うことが多い人にはおすすめのカードです。最大でガソリン・軽油代が7円/L引きになり、走行距離が多いと値引きのメリットも大きくなるので、給油量が多い人にもおすすめです。

手数料や年会費などは値引き単価決定の対象にはなりません。

ENEOSカードPを利用するメリット

エネオスカード P

年会費 初年度:無料
次年度以降:1,250円(税抜)
還元率 0.6~3.0%
タイプ ポイントタイプ
ガソリン・軽油値引き
灯油値引き
ENEOSの利用で1,000円ごとに30ポイント、ENEOS以外の利用だと1,000円ごとに6ポイント貯まります。

ENEOSで給油すると3%のポイント還元を受けることができ、ENEOS以外の利用でもポイントが貯まります。

貯まったポイントはENEOSで1,000ポイント=1,000円で使うことができるほか、Tポイントやマイルなどに交換することもできます。

3%と高い還元率なので、ENEOSをよく利用していて、キャッシュバックよりポイントを貯めたい人にはおすすめのカードです。

手数料や年会費、電子マネーのチャージなどでの利用分にポイントは付きません。

ENEOSカードSを利用するメリット

エネオスカード

年会費 初年度:無料
次年度以降:1,250円(税抜)
還元率 0.6~2.0%
タイプ スタンダードタイプ
ガソリン・軽油値引き いつでも2円/L引き
灯油値引き いつでも1円/L引き
いつでもガソリン・軽油は2円/L引き、灯油は1円/L引き。ENEOSのカーメンテ商品(ガソリン・軽油・灯油以外の利用)購入であれば1,000円ごとに20ポイントが貯まり、ENEOS以外の利用でも1,000円ごとに6ポイント貯まります。

ENEOSカードSは、ガソリン・軽油代の値引きとポイント還元が併用されたタイプのカードです。

一般加盟店で年に1回以上カードを利用すると、次年度の年会費が無料になります。

Apple Pay・QUICPay・ETCカードの利用分でも、次年度の年会費は無料になります。

年会費を払いたくない人は、年会費を無料にできるこのカードがおすすめです。また、カード利用額や給油量などを気にせず、給油時にいつでも一定の割引を受けたい人にもおすすめです。

3種類のENEOSカード(C・P・S)に共通する特典・メリット

3種類のENEOSカードすべてに共通する特典やメリットは、以下のようなものがあります。

3種類のENEOSカードに共通する特典・メリット
  1. ガソリン・軽油・灯油代の割引
  2. 家族会員は年会費が無料
  3. ETCカードの年会費・発行手数料が無料
  4. 無料付帯のロードサービス
  5. カーコンビニ倶楽部での修理費用が5%引き
  6. レンタカー優待

3種類のENEOSカードに共通する大きなメリットは、値引きやポイント還元という形でガソリン・軽油・灯油の代金の割引が受けられることです。

他にも、いくつかの特典が共通して受けられます。

家族会員は年会費が無料で、ETCカードは無料で発行が可能です。

ENEOSカードを持っているとロードサービスがいつでも利用できます。

ロードサービスでは車の故障やトラブルに年中無休で対応しており、レッカーサービスは10kmまでは無料、30分以内の路上修理も無料です。

カーコンビニ倶楽部でENEOSカードを提示すると、キズやへこみなどの修理費用が5%引きになります。

ENEOSカード会員にはレンタカー優待があり、オリックスレンタカーネットワーク(オリックスレンタカー、レンタカージャパレン、エックスレンタカー)で10%の割引が受けられます。

ENEOSカードCとPは、カードSのように年会費無料にならないのですか?
残念ながら、カードCとPの年会費は初年度のみ無料です。しかし、カード利用額が多いとその分お得になるので、年会費を払ってでも申し込むメリットはありますよ。

ENEOSカード(C・P・S)の違いとおすすめの使い方

ENEOSカード(C・P・S)の違いと、それぞれのENEOSカードがどんな人に向いているのかを、おすすめの使い方と合わせて紹介します。

ENEOSカードCの特徴とおすすめの使い方

ENEOSカードCはカード利用額が多ければ多いほど値引き単価が上がる仕組みなので、走行量が多い人におすすめです。

ENEOSでの給油分はもちろん、光熱費や通信費だけでなく、日々の買い物まで全てカードで決済し、家族カードやETCカードも活用すれば、カード利用額を増やすことができます。

カード利用額が2~5万円未満でもガソリン・軽油の値引き単価は4円/L引きとなり、ENEOSカードSの値引き(2円/L引き)よりお得になるので、毎月の固定費だけでもカード決済にすればお得に活用できます。

年会費を考えると、カード利用額が1~2万円未満の場合は月に60L給油すると元が取れる計算です(2円×60L×12カ月=1,440円)。2~5万円未満の場合は月30Lです(4×30L×12カ月=1,440円)。

値引き単価が適用されるのは、本人と家族カードでの給油分が合わせて月150Lまでなので注意してください。

ENEOSカードPの特徴とおすすめの使い方

ENEOSでの利用なら3%と高い還元率でポイントが貯められ、一般加盟店でも1,000円ごとに6ポイント貯められるので、ポイントを貯めたい人におすすめです。

基本的には1,000ポイント単位で貯めたポイントを利用でき、Tポイントやマイルなどにも交換できますが、ENEOSでのキャッシュバックに利用するのが最もレートが高いです。

1,000ポイント単位でなく、1,350ポイントで「1,350円キャッシュバック」も利用可能です。月に4,000円分をENEOSで給油すると120ポイント貯まり、年間で1,440ポイントになるので、年会費の元を取ることができます(4,000円×3%×12カ月=1,440ポイント)。

ENEOSでの洗車や、公共料金の支払い、家族カードなどの利用分でもポイントが貯められるので、給油量が少ない人にもおすすめです。

ポイントの有効期限は2年です。ポイントはENEOSサービスステーションの利用分と、一般加盟店の利用分を分けて計算し、1,000円未満は切り捨てとなるので注意してください。

ENEOSカードSの特徴とおすすめの使い方

ENEOSカードSはガソリン・軽油の値引きが常に一定であることが大きな特徴です。カード利用額や給油量を気にせずに割引を受けたい人や、カード利用額が少ない人におすすめです。

給油で割引が受けられるので、その分ポイント還元率は2%とENEOSカードPより低いのですが、年1回のカード利用で次年度の年会費が無料になる大きなメリットがあります。

そのため、ENEOSでお得に給油したいけれど年会費を払いたくないという人にもおすすめです。

ENEOSカードPと同様に、ポイントの有効期限は2年で、カード利用分1,000円未満は切り捨てです。

ENEOSカードSのガソリン・軽油の値引きは店頭で受けられるのですか?
店頭ではなく、口座引き落としの際に値引きされるようになっていますよ。

給油量とカード利用額を考慮してお得なENEOSカードを選ぼう

ENEOSカードにはキャッシュバックタイプ、ポイントタイプ、スタンダードタイプと3種類あります。

カード利用金額や給油量によって、おすすめのENEOSカードは変わるので注意しましょう。

カード利用額に応じてガソリン・軽油代が値引きされるENEOSカードCは最大で7円/L引きになるので、カード利用額と給油量が多い人におすすめです。

毎月4,000円程度は給油する人やポイントを貯めたい人には、ポイントが貯まるENEOSカードPがおすすめです。

カード利用額と給油量が少ない人や、年会費を払いたくない人、いつでも一定の値引きを受けたい人にはENEOSカードSが良いでしょう。

ENEOSカードの申込条件は「18歳以上で電話連絡ができる人(高校生不可)」なので、学生や主婦の人でも申し込みが可能です。カードの種類によって審査の難易度が変わるということはないので、自分に最適なカードを選んで申し込みましょう。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る