電子マネーはクレジットカードにない便利さと安全性を持っている

電子マネーと呼ばれるものはいくつかの種類がありますが、一般的には次のものが電子マネーと呼ばれています。基本は「かざして使える支払い手段」です。

とは言うものの、最近では後払い型にも前払い機能が追加されたり、クレジットカードなどの非接触型カードも電子マネー扱いされたりと、垣根がだんだんあやふやになってきています。

クレジットカードの場合、国際ブランドが対応していればどのお店でも使えますが、電子マネーの場合は、その電子マネーの加盟店でしか使えないところも違いと言えるでしょう。

au WALLET プリペイドはマスタカードプリペイド

au WALLET って言うのはどんな風に使える物なんでしょう。
接触式のプリカなので、チャージして使えます。マスターカード加盟店ならどこでも使えますよ。

これは電子マネーではありませんが、便宜上ここで取り扱っています。タイトルにもあるように、これはマスターカードの国際ブランドプリペイドカードです。

プリペイド残高が 100 万円までチャージできる、汎用性の高いものです。高額商品を買う時にポイント狙いでチャージして利用するとお得ですね。マスターカード加盟店で使えるのでとても便利です。

特に au を利用している人におすすめのカードです。もちろん携帯電話だけではなく、光回線や固定電話でも OK ですよ。

電子マネーと言えば楽天 Edy

楽天 Edy って、昔は違う会社が発行していたんだそうですね。
そうです。ビットワレットと言う会社でしたが、色々あって楽天傘下に入りシェアを伸ばし続けています。老舗ですよ。

楽天 Edy は最初の商業系電子マネーですし、当初は商業系の系列に入っていなかった関係で、お店の系列を問わず使えることが多いです。コンビニの場合ほぼ無敵ですね。

ですので、他の電子マネーをメインに使っている人も、サブとして一枚は持っておきたい電子マネーです。もちろんおサイフケータイでも良いですね。

manaca は中京圏の交通系電子マネー

中京圏と言うことは manaca は JR 東海の電子マネーなのですか。
いいえ、JR 東海には TOICA があります。名古屋市交通局と名鉄系の電子マネーです。

他地方の人にはなじみが薄い交通系電子マネーです。ですので、中京圏で名鉄や名古屋市交通局の交通手段を使う人にお勧めです。

交通系 IC カード全国相互利用サービスに加盟していますから Suica や ICOCA のエリアでも使えますし、全国のコンビニでも使えます。

nanaco はセブン&アイの電子マネー

セブンイレブンをよく利用していると nanaco が当たり前なんですが、他のコンビニではあまり見ませんね。
実は、セブンイレブン以外のコンビニでは nanaco が使えないんです。

イトーヨーカドー・西武百貨店などセブン&アイホールディングス傘下の小売店では有利に使えますから、普段よく利用する人はぜひ持っておきたい電子マネーですね。

特にカード式の物を提示すると、駐車場の無料利用時間が延びたりしますから、利用の際には忘れないようにして下さい。

ICOCA は西のSuica

ICOCA はJR 西日本の電子マネーですよね。転勤で関西に行ったらICOCA を申し込んだ方が良いんでしょうか。
基本的には Suica でも TOICA でもそのまま使えます。でも定期券を買うなら申し込んでも良いでしょう。

JR 西日本は、東日本と違って傘下にカード会社を持っていません。ですので、クレジットカードでチャージする場合でも、自分が今持っているカードをそのまま使えば問題ありません。

国内発行の物であれば、5 大国際ブランド全てのクレジットカードが使えます。

iD は後払いがメインの電子マネー

後払いの電子マネーと言われると、クレジットカードのコンタクトレスカードとどう違うのかよくわかりません。
ほとんど一緒だと思って問題ありません。ただ、おサイフケータイで使うと、カード入れから一々カードを出して使う必要がないので便利です。

iD はNTT docomo の決済サービスで、iD 発行会社であるカード会社に申し込んで入手します。現在ではデビットカードやプリペイドカードにも対応したものがあります。

残高管理やたびたびのチャージが面倒な人向けだと言えるでしょう。

PiTaPa は後払い式交通系電子マネー

関西の PiTaPa は、交通系なのに後払い式ですよね。全国で相互利用できるのでしょうか
IC 乗車券として ICOCA エリアでは使えますが、それ以外のところでは、チャージして使うことになります。また、電子マネーとしての利用は PiTaPa 加盟店に限られます。

おそらく世界で初めての後払い式 IC 乗車券です。クレジットカード利用ではなく、PiTaPa 自体で月間 15 万円の交通利用と月間 5 万円の電子マネー利用が可能です。

トータルで最大 60 万円の与信枠がありますから、当然入会には審査があります。審査に通らない人でも、機能は限定されますが保証金を入れることで使うことができます。

QUICPay も後払い式。キーホルダーなどもある

QUICPay も後払い式ですよね。iD とどこが違うのでしょう。
一番の違いは発行主体です。QUICPay は JCB と言う、国際ブランドの会社が発行しているところが大きいですね。

JCB のカードにはもちろん付帯させられますが、一方で VISA の有力な代理店でもある三井住友カードには付帯させられません。自分のカード事情に合わせて申し込みましょう。

また、QUICPay にはキーホルダー型やコイン型などの異形端末があるので、利用シーンに応じた便利な使い方ができるでしょう。

交通系電子マネーの代表はSuica

Suica は JR 東日本の交通系電子マネーですね。やはり日本一の発行枚数なんでしょうか。
いえ、さすがに全国展開の楽天 Edy にはかないません。でも相互利用できる交通系を全部合わせたら文句なく日本一ですよ。

Suica は交通系電子マネーの代表格です。もちろん交通系 IC カード全国相互利用サービスに加盟していますから、全国で利用できます。

さらに傘下にビューカードと言うカード会社も持っていますから、そこのカードを利用するとお得な特典がいっぱいです。

WAON はイオングループの電子マネー

WAON はイオン系の電子マネーですが、やっぱりコンビニではイオン系列のミニストップでしか使えないんでしょうか。
いいえ、セブンイレブンやデイリーヤマザキでは使えませんが、その他のメジャーコンビニではすべて使えますよ。

nanaco に比べると融通が利くようですね。しかし、クレジットチャージに関しては逆に、イオン銀行・カードとわずかな提携カードでしか行えないので、汎用性が低いです。

セブンイレブンをあまり使わない人は WAON と交通系電子マネーの組み合わせでも良いかもしれませんね。

電子マネーはいま最も便利なキャッシュレス

電子マネーの強みは何と言っても一番手間がかからないキャッシュレス支払いだと言うことです。特におサイフケータイの物は、ポケットからスマホを出してレジにかざせば OK ですから、圧倒的にレジ時間が短いです。

カードを財布から出す必要もなければ、スマホの操作どころかスマホの電源投入さえ必要ありません。(バッテリーが外れていると使えません)ですので、いくつかは持っておくべき支払い手段だと思います。

この記事をシェア

電子マネーカテゴリー

電子マネーの最新記事

ページ先頭に戻る