デポジットはクレジットカードは支払おう!現金ではダメなこともある

海外でホテルに泊まる場合、事前に日本で宿泊料金を支払ってあったとしても、チェックインの際にはクレジットカードとパスポートの提示を求められます。

いわゆるデポジットなのですが、これが一体なんなのか、釈然としない気持ちでカードを使っている人って意外に多いんじゃないでしょうか。詳しく見てみましょう。

チェックイン時のデポジットは海外ホテルなら安宿でも必要

デポジットは預託金という意味です。それは保証金としての預託金なのです。ホテルではレストランやバーでの飲食も部屋付にできます。その支払の保証という意味もあります。

ホテルで支払うデポジットには、次のような要素が含まれています。

  • レストランやバーなどで部屋付にする飲食費などの保証金
  • ミニバーなど部屋で利用する飲み物の代金の保証金
  • クリーニングなど各種サービス料金の保証金
  • ホテルの施設を汚したり壊したりした時の修理保証金
  • 持ち帰ってはいけないものを持ち出した時の保証金
  • その他ホテルに損害を与えた時の保証金

そんな施設を持たない安宿でも、部屋をひどく汚されたり壊されたりした場合の修繕費が必要です。

そうした場合に費用を充当するためにホテル側が預かるのがデポジットだというわけです。

この章では、クレジットカードでデポジットを支払う方法を紹介していきます。

デポジットの支払いはチェックイン時にクレジットカードを提示する

以前海外で宿泊した際、宿泊料金は日本で支払い済みだったのに、結構大きな金額のデポジットをカードで支払いました。なぜあんなに大きな金額が必要になるのでしょうか。
デポジットの金額はホテルが決めることなので一概には言えません。でも、その金額が実際に請求されることはなかったでしょ。あくまで保証ですから、トラブルがない限り実害はありません。

デポジットはクレジットカードで行うことが一般的です。それはクレジットカードのシステムを上手く利用した保証金制度だからです。クレジットカードによるデポジットは次のように行われます。

  • クレジットカードが提示されたら、ホテルはカード会社にオーソリ(利用承認)の確認を行う
  • カードが有効で、利用可能額がデポジット額に足りた場合、承認コードが送られてくる
  • 承認されなかった場合はエラーコードが送られてきて、別の方法でのデポジットを要求される
  • そのデポジットから実際の支払いが必要になった場合、ホテルはカード会社に請求手続きを行う
  • 実際の支払いが発生しなかった場合、ホテルはオーソリを取り消す
  • ホテルが取り消しを行わなくてもカード会社が定めた期間に請求が行われないと自動的に取り消しになる

このような流れになっていますので、例えば部屋付にした飲食費を支払わずに逃げたとか、部屋を汚損してそのままいなくなったと言った場合には、ホテルはカード会社に請求手続きを行うわけです。

もちろん、本人が逃げた場合清算手続きができませんから、デポジット全額が実際に請求されることになるわけです。

クレジットカードのオーソリ

一方、クレジットカードのオーソリは、1.5か月~2か月ぐらいが有効期間になっていますので、それを超えるような長期宿泊の場合、一旦チェックアウトして再びチェックインやデポジットの手続きをやり直すことになります。

こうしたシステムなので、横着なホテルはオーソリの取り消し手続きを行わないケースが多々あります。

請求手続きが行われないので、実際にお金を損することはありませんが、自動取り消しになるまでの間、利用可能額が減ったままになってしまいます。

クレジットカードのオーソリについて、次の記事で詳しく説明しています。

取消返金手続のトラブルを嫌ってデビットカードを拒否することも

国際ブランドデビットや国際ブランドプリペイドカードでデポジットを行おうとした場合も、基本的にはクレジットカードと全く同じシステムです。ただ、たいへん重要なことが一つ異なっています。

それは「直ちに残高から引き落としが行われる」と言うことです。クレジットカードのように利用可能枠を押さえておくのではなく、実際に口座やカード残高から引き落としが行われます。

もちろんホテルが請求を上げない限り、カード会社からホテルへの支払いは行われません。カード会社が仮押さえしていて、他の用途に使えないようにしているだけです。でも残高が減っているというのは大きいですよね。

デポジットから支払いを受ける必要

デポジットから支払いを受ける必要があった場合には、改めて請求伝票を処理します。例えば、500ドルのデポジットが行われていて、飲食などで200ドル使っていた場合には次のようになります。

  • 500ドルのオーソリに対して、ホテルは200ドルの請求伝票を発行する
  • 200ドルの請求伝票にサインをもらう
  • 300ドル分についてはオーソリの取り消しを行う
  • カード会社は事前に引き落とした金額のうち200ドルから手数料を引いたお金をホテルに振り込む
  • カード会社は使われなかった300ドルを数日~数週間後に口座やプリペイド残高に戻す

ここで、口座への戻入は数日~数週間かかっています。そうなると、その場でインターネットを使って口座残高を確認したお客さんから「使っていない分のお金が戻っていない」と言うクレームが出てしまいます。

こうしたトラブルを嫌って、デポジットにデビットカードやプリペイドカードが使えないことにしているホテルが多いのです。

逆に、デポジットから支払いを受ける必要がなかった場合、ホテルは請求を起こさず、カード伝票をお客さんに返却して事足れりとする横着な事例も数多くあります。

そうなってしまうと、オーソリは生きたままになりますから、自動キャンセルが行われる1.5~2か月後まで残高が戻ってこないことになります。

クレジットの利用可能残高が減ってしまっているだけなら、それほど問題にはならないでしょうが、預金口座残高が減ってしまっていたら困りますよね。

現金でのデポジットの支払いは可能だが断られることもある

もしクレジットカードの利用可能額残高が不足していたり、デビットカードでの口座残高が足りないなどのケースでは、現金のデポジットができないわけではありません。

しかし、高級なホテルになるとクレジットカードが使えない人の宿泊を断ってくることもあります。また、現金でのデポジットは驚くほど高額になる場合もあるのです。

高額になる理由を説明していきます。

現金のデポジットの支払いは高額になることが多い

クレジットカードが使いたくなかったので、現金でデポジットしようとしたらすごく高い金額を請求されることがあると聞きました。それはどうしてなんでしょう。
主な理由は信用の問題です。

部屋付利用額がデポジットした金額を超えた場合、追加デポジットをもらわないと、ホテル側は踏み倒される危険性が高くなると言うのも理由の一つですね。

クレジットカードのデポジットの場合、部屋付がオーバーしてもお客さんに話してクレジットカードを預かり、追加デポジットを入れてもらえば済みます。

一方、現金をそんなに大量に持ち歩く人は少ないので、どうしても追加デポジットが受けにくいと言う問題もあるのでしょう。

そもそも、クレジットカードでデポジットしない人は、クレジット(信用)のない人だと見なされても仕方がないのです。

現金でデポジットを支払うメリットはすぐにお金が返金されること

現金デポジットの場合、ホテルによっては宿泊料金の数倍の金額を要求されることもあります。

一方で、チェックアウトの際には部屋の確認などをしっかり行ってもらうことで、追加料金の要不要を確認すれば、差額は現金で返してもらえます。

カード払いとは違って、その場で決済が完了するため、お金や利用可能枠が戻ってくるのをやきもきしながら待つ必要はありません。

しかし、注意するのはここからです。高額なデポジットをホテルのフロントで返してもらうと、その現金を持ち歩く必要が出てきます。治安の悪い国では強盗に襲われるリスクが上がりそうですね。

そしてもし無事に帰国できたとしても、現地通貨がたくさん手元に残ってしまいます。日本円に両替しても、手数料の分だけ損をすることになりますから、やはりデポジットはクレジットカードで行うのがベストなのです。

デポジットは枠に余裕のあるクレジットカードに任せて旅行を楽しもう

日本では一部のホテルを除いて、日本在住者にはデポジットを求めません。ですからなじみの薄い制度なのですが、海外ではほぼ確実に要求されます。

でも、利用可能枠に余裕のあるクレジットカードを提示しておけば、特に何も考えないでも旅行を楽しめますから、帰国後の明細確認さえしっかりやっておけば、難しく考える必要はないのです。

※ 掲載の情報は2019年2月現在のものです。

あなたのコメントをどうぞ!