借金があってもクレジットカードの審査で不利になるとは限らない

クレジットカードを申し込もうと思った時、自分に借金があると心配になるものです。それが住宅ローンのような大きな借金だとなおさらです。しかし、それは必ずしも不利に働くとは限りません。

もちろん消費者金融などでの借金は、不利に働くこともありますが、それもケースバイケースなのです。どのような時に影響があるのか、気になりますよね。不安解消に役立つ情報を見てみます。

クレジットカードの審査では借金完済後でも延滞の記録は悪影響

クレジットカードの申し込みの際に使われる、指定信用情報機関の個人信用情報ですが、ここには延滞など「金融事故」と分類される記録も重要な情報として掲載されています。金融事故の情報がある人は信用がないと言って差し支えありません。

この情報は契約終了後 5 年間残ります。契約終了は「残債がなくなった時」に行われます。信用情報機関と契約終了の種類によっては 10 年残りますので、金融事故はクレジットカードの審査において致命的になり得るのです。

単に借金があるだけではクレジットカードの審査に不利にならない

借金があるとクレジットカードの審査に不利になりそうに思うんですが、そんなことはないと考えて良いんでしょうか。
それは借金の内容と、クレジットカードの申込内容の組み合わせによります。一般に住宅ローンや学費ローン、自動車ローンなどはほぼ影響がありません。

クレジットカードの申し込みをする場合、そのカードにキャッシング機能が付いているかどうかで審査の内容が変わります。

キャッシングが付いていない場合、他での借金自体はほとんど審査に影響しません。

むしろ、他のクレジットカードの与信枠の合計金額の方が影響する可能性が出てくるでしょう。これは、規制する法律が異なるために発生する現象です。

年収の1/3を貸付限度とするいわゆる「総量規制」の対象になるかならないかと言う問題ですね。

  • クレジットカードのキャッシング:貸金業法の総量規制対象
  • クレジットカードのショッピング:総量規制対象外
  • 金融業者からのカードローンなど:貸金業法の総量規制対象
  • 銀行・信用金庫のカードローンなど:総量規制対象外
  • 住宅ローン:総量規制対象外
  • 自動車ローン:総量規制対象外
  • 学費ローン:総量規制対象外

このようになっているため、キャッシングが付いたクレジットカードの審査では、他の金融業者のカードローンなどの貸出枠の合計が審査に影響してきます。これは延滞の有無だけではなく、どれだけの貸出枠が設定されているかが重要になります。

一方キャッシング枠を設定しない場合、クレジットカードは貸金業法の適用を受けませんので、消費者金融など他社での借入枠の設定は審査の対象外です。

割賦販売法でも支払いに充てられる額で審査する

割賦販売法では翌月一括払いのカード限度額については特に規定はありませんが、クレジットカードの分割払いやリボルビング払いでの支払い枠に規制を設けています。つまりカードの総枠の中に分割払い枠が設定されるのです。

貸金業法の総量規制ほど厳しくはありませんが、計算式も設定されています。他社での分割枠と収入から、新しいカードの分割枠にできる支払可能見込額が求められます。細かいことは省きますが、概略は次のようになっています。

支払可能見込額 =(年収-【生活維持費】-クレジット債務)× 0.9

また、ここで使われる数値の生活維持費は、次のようにして求められます。

  • 1人世帯で家賃負担・住宅ローンなし: 90 万円
  • 1人世帯で家賃負担・住宅ローンあり:116 万円
  • 2人世帯で家賃負担・住宅ローンなし:136 万円
  • 2人世帯で家賃負担・住宅ローンあり:177 万円
  • 3人世帯で家賃負担・住宅ローンなし:169 万円
  • 3人世帯で家賃負担・住宅ローンあり:209 万円
  • 4人以上世帯で家賃負担・住宅ローンなし:200 万円
  • 4人以上世帯で家賃負担・住宅ローンあり:240 万円

地域によって、この金額の 85% ~ 100% になります。ですので、仮に夫婦二人で年収350万円、住宅ローンあり、クレジット債務なしの場合、(400万円-177万円)× 0.9 ですので、約 150 万円の分割・リボルビング枠が設定できます。

ここには貸金業者や銀行などからの借り入れは含まれませんので、審査自体に借金が影響することはありません。

事故さえなければ審査落ちせずに枠の絞り込みになる

100% そうだとは断言できませんが、金融事故があったり、事故にはなっていなくても複数回の延滞があったりしない限り、信用情報が原因で審査落ちすることは少ないと思います。

一方、信用情報からは次のような制限がかかることが考えられます。

  • 貸金業者からの借り入れがある場合
     ・キャッシング枠が希望額より少なくなる
     ・キャッシング枠の設定ができない
     ・銀行からの借り入れは影響しない
  • リボルビング・分割払い枠でショッピングをしている場合
     ・リボルビング・分割払い枠が少なくなる
     ・リボルビング・分割払い枠が設定できない
  • 総合的に見て与信枠が少なくなる可能性はある

借金を返済しても枠が残っていると審査に影響する

実際に借りているかどうかは別にして、カードローンのカードが発行されていればそれは信用情報に記載されます。

また、返済が完了していてもカードが生きていれば、いつでも審査なしで借り入れができますので総量規制の対象になります。

カードが解約されていなければ、その情報はずっと指定信用情報機関に残りますので、キャッシング付きのクレジットカード審査への影響は避けられません。

金融事故の有無にかかわらず契約終了後 5 年間は情報が残る

貸金業者は CIC ではなく JICC を利用することが多いそうですが、記録内容や期間は同じなのでしょうか。
最近では両方に加盟している業者も多いですね。記録内容はほぼ同じですが、延滞に関する情報だけは保存期間が異なります。

CIC ではクレジット情報に関して、すべて「完済して契約が終了してから 5 年を超えない期間」保存されますが、JICC では、延滞・債権譲渡情報についてのみ次のように決められています。

  • 延滞情報:延滞継続中
  • 延滞解消情報:解消から 1 年を超えない期間
  • 債権譲渡情報:債権譲渡から 1 年を越えない期間

つまり、延滞していたという過去の情報と、債権回収会社などに債権譲渡したという情報については、1 年で情報が消えるようになっています。

延滞などがなければ借金を気にすることはない

クレジットカードの審査に影響する「借金」にかかわる信用情報は次のように記録に残ります。

  • 毎月の支払情報( 2年間・CIC )
  • 延滞情報(延滞継続中・すべての機関)
  • 延滞解消情報( 5年間 CIC / KSC・1年間 JICC )
  • 破産・個人再生情報( 5 年間 CIC / JICC・10 年間 KSC)
  • 債権譲渡による契約終了( 5年間 CIC / KSC・1年間 JICC )
  • 完済・債権放棄などによる契約終了( 5 年間・すべての機関)

このようになっていますので、JICC だけに記録がある場合、延滞していたとしても解消後1年でその情報は消えます。

しかし、ほとんどの情報は 5 年残りますのでそれを意識する必要はあります。

過去に支払いが滞ったことがあり、どうしても気になる場合は、CIC、JICC、KSC の3機関に自分の信用情報の開示を申し込んでみるのも一つの方法です。

住宅ローンなどは逆に信用度があがることもある

銀行系のクレジットカードなどは、その銀行で住宅ローンを利用しているお客さんに対してクレジットカードのグレードを優遇するケースもあるようです。

もし、銀行の住宅ローンを利用しているのなら、銀行に相談してクレジットカードの発行を申し込むという手もありますよ。

あくまで噂話レベルですが、日本で唯一 VISA の最高グレード Infinite カードを発行しているスルガ銀行では、住宅ローン利用があると審査で優遇されるようだと言うことです。

借金も着実に返せば信用につながる

このように、総量規制とキャッシングの問題を除けば、借金の有無はそれほどクレジットカードの審査に影響を及ぼしません。問題になるのは延滞記録だけですね。

ですので、信用を築く意味からも借り入れは確実に遅れず返済して行きましょう。

あなたのコメントをどうぞ!