デビットカードとは?仕組みから使い方、トラブル対策まで詳しく

最近ではテレビ CM も増えて、デビットカードと言う名前はずいぶん身近になりました。それでも、まだまだどんなふうに使ったらいいものなのかと言うことが知られていません。

そこで、デビットカードの仕組みから使い方、万が一のトラブルの際の対処まで詳しく見て行きましょう。

デビットカードの仕組み

デビットカードの基本的な仕組みについて教えて下さい。デビットカードとはどのような働きを持つカードなのでしょうか。
デビットカードは「銀行口座に対して支払を指示するカード」です。つまりキャッシュカードと共通する働きですね。現金を ATM から支払う代わりに、お店に代金を支払うのです。

この際に、日本の銀行ネットワークで完結するのが J-Debit 、クレジットカードの銀行間ネットワークを使うのが国際ブランドデビットというわけです。

デビットカードの作り方

私もデビットカードがほしいのですが、どのようにして作ったら良いのでしょうか。
国内専用の J-Debit なら作るまでもなく銀行のキャッシュカードがそれに当たります。国際ブランドデビットは銀行の窓口でも、オンライン窓口でも受け付けていますよ。

楽天銀行のような、一部の新しい形態の銀行では J-Debit に対応していないこともありますが、街に支店をおいている都市銀行・地方銀行・信用金庫のキャッシュカードならほぼ全部が J-Debit に対応しています。

デビットカードの使い方

デビットカードは加盟店でしか使えませんよね。

加盟店ではどのようにして使ったら良いのでしょうか。

J-Debit や国際ブランドのマークが店頭に表示されているのを確認して、カードを出し暗証番号を入れれば OK です。クレジットカードとほとんど同じですよ。

国際ブランドデビットなら、システム的にはサインでも使えなくはないのですが、店員さんがその処理の仕方を知らないことが多いです。

素直に暗証番号を入れておきましょう。J-Debit は暗証番号がないと絶対に使えません。

デビットカードのトラブル対処法

デビットカードはトラブルに弱いと聞いたのですが、実際にそんな事があるんでしょうか。
返品やキャンセルの際の返金に時間がかかることは多いですね。これは加盟店側が利益にならないことに対して積極的に処理しないことが原因です。

デビットカードは利用と同時に引き落としが行われます。一方で、キャンセルなどを行った際に、加盟店はキャンセル手続きを取らず、自動返金が行われるからと放置してしまうことが多いのです。すると返金には長くて 2 か月あまりかかります。

また、不正利用があって補償の対象になる場合でも、一旦口座から預金が減らされているので、ダメージがあるのも確かです。

デビットカードに関するよくある疑問

デビットカードにも色々な両方があるんですね。ではクレジットカードとどっちが便利でお得なんでしょうか。
それは利用する人によりけりです。どちらにも利点の欠点もありますから、自分にとってメリットの多い方を選びましょう。

内容をよく知って、自分に向いていると思えば利用するのがベスト

デビットカードは、クレジットカード・プリペイドカードと並んでペイメントカードの三本柱の一角を担っています。VISA などの国際ブランドにも、これらの 3 種類のカードが存在しています。

それぞれの特性をよく知って、自分に適したカードを選んだり使い分けたりして下さい。