セキュリティコードはデビットカードでもネット通販必須アイテム

ネット通販などで、セキュリティコードという物を入力することを求められた経験がある人は多いと思います。クレジットカードでも全く同じものがカードに付いています。

セキュリティコードは名前のとおり、セキュリティを確保するためのコードなのですが、どこに付いていてどのように使うものなのか、あなたは理解していますか。

ネットショップなど非対面販売で不正利用を防ぐための番号

クレジットカードにせよデビットカードにせよ、通販などの非対面販売ではそのカードを使った人の確認ができません。例えば真っ白の偽造カードを使っているかもしれませんし、下手をするとカード番号だけを盗んだ人かもしれませんね。

そこで、クレジットカードやデビットカードを確かに手元に置いている証明として考え出されたのがセキュリティコードです。カード番号とは異なる方法でカードに表示された番号なので、一定の証明能力があるのです。

セキュリティコードはカード発行会社にしか記録されない

セキュリティコードは、インターネット通販などの非対面取引でしか利用されないものなのでしょうか。また非対面取引では必ず必要なものなのでしょうか。
アメリカでは対面取引でも利用されることがあります。偽造カード対策ですね。一方、非対面取引でもセキュリティコードが不要なこともあり、徹底はされていないようです。

セキュリティコードは、カード会社だけが持っている専用のプログラムによって次の 3 つの情報から算出・符号化されます。

  • カード番号
  • そのカードの有効期限
  • サービスコード(カード会社が持っている情報)

ここで算出されたデータは文字コードを含んでいるので、それを十進化(普通の数字にすること)したものがセキュリティコードです。ですので、有効期限が来てカードが更新されるとセキュリティコードも変わります。

このように、符号化する計算方法・十進化する計算方法・サービスコードの 3 つの秘密があるので、カード番号や有効期限などから第三者が算出するのは非常に困難になっています。

セキュリティコードは文字以外の方法では記録されない

セキュリティコードは、カード券面に印字された部分以外に記録されません。カード番号は IC チップにも磁気ストライプにも記録されますし、暗証番号は暗号化されて IC チップに記録されています。

ですから、スキミングなどでカードの磁気ストライプ情報がコピーされると、カード番号は悪用されます。しかし、暗号化された暗証番号はコピーできませんので、IC チップ取引であればカード犯罪が予防できます。

一方、インターネット通販などでは暗証番号を使えません。そこでセキュリティコードを用いて、カード利用者が本当にカードを手元に持っているかどうかを確認しているのです。

通販サイトや加盟店がコードを記録することは禁止されている

クレジットカードや国際ブランドデビットを使って通販サイトで買い物をすると、次回からの買い物の利便性を考慮してカード名義人やカード番号などを登録することができますね。

会員制通販サイトだと個人情報の登録も可能です。しかし、カード会社との契約でセキュリティコードだけは 1 回の買い物ごとに確認後破棄することが求められていて、加盟店などが記録することは固く禁じられています。

セキュリティコードとカード番号が同時に漏洩すると、カードの悪用が容易になってしまいます。ですから、もしそんな事態が起こったら、規約違反をした加盟店には莫大な損害賠償などが求められるでしょう。

楽天や Amazon では、最初にカードと本人が確認されたら、2 回目以降はセキュリティコードなしでの買い物を認めることで、こうした条件に対応しているようです。

セキュリティコードはカード裏面のサインパネル付近にある

セキュリティコードは、アメックスのクレジットカードを除いて、クレジットカードでも国際ブランドデビットでも、カード裏面に打刻された 3 桁の数字という形で表示されています。

アメックスのクレジットカードだけは、カード表面にカード番号と同じようにエンボス加工で 4 桁のセキュリティコードが刻印されています。

セキュリティコードは 3 桁の数字と認識しておくこと

私の持っている国際ブランドデビットのサインパネルには 4 桁と 3 桁の数字が並んでいるんですが、どちらがセキュリティコードなのでしょう。
3 桁の方です。クレジットカードなどではもっと桁数が多いこともありますが、下 3 桁と覚えておいて下さい。なお、その 4 桁の数字はカード番号の下 4 桁です。

セキュリティコードの例を見てもらいましょう。楽天銀行 JCB デビットの例です。

楽天銀行 JCB デビット

最近では、サインパネルに打刻すると、サインによってセキュリティコードが隠れてしまうことを防ぐため、カード発行会社によっては位置をずらしていることもあります。

  • サインパネルの右上部分(従来型)
     ・上の画像の例の通り
  • サインパネルの右隣に専用スぺースを設ける
     ・上の画像でサインパネルと Cirrus のブランドマークの間

セキュリティコードは店員さんにも見られない方が良い

ここまで読んでもらって分かる通り、カードを店員さんに渡して、それを見えないところに持って行かれるのは大変危険です。日本ではそんなことをするお店はないと思いますが、カードから目を離さないように注意することを忘れてはいけません。

カードはできれば自分で読取機にセットして、自分で暗証番号を入れ、自分で抜き取って財布にもどすのがベストです。さらに安心なのが読取機にかざすだけのコンタクトレスカードですね。

こうしたものに対応しているのは一部のコンビニくらいですが、だんだんクレジットカードやデビットカードはお店の人に渡さないのが基本に変わって行くでしょう。

東南アジアでは、クレジットカードの表裏をスマホで撮影して、その情報をネット通販で使うという犯罪が横行したこともあったんですよ。

クレジット・国際ブランドデビットの有効期限も重要情報

クレジットカードや国際ブランドデビットをネット通販などで使おうと思うと、カード番号と同時に有効期限を入力するように求められることが多いです。

これは古い時代のセキュリティ対策の名残で、今ではそれほど重要ではありませんが、一度設定したセキュリティを解除する意味がないので今でも使われています。

カード情報が利用控えに載らなくなってからは意味が薄れた

カードの有効期限は磁気ストライプや IC チップに記録されてますよね。だったら、スキミングなどの防止には役立たないと思うんですが、なぜ有効期限を入れるんでしょう。
以前はカード利用控えに、カード番号と名義人が印字されていたんですよ。なので、不用意に捨てたそれを拾って悪用する人がいたんですね。有効期限は利用控えには印字されません。

現在ではクレジットカードや国際ブランドデビットの利用控えには、カード番号の下 4 桁だけが印字されていることが多いですね。ですから、利用控えだけを拾ってもカードの悪用はしにくくなりました。

とは言え、カード番号の上位 6 桁は発行会社に割り当てられた番号ですので、中 6 桁が分かれば全桁が分かることになります。めったにそれを解読されることはないと思いますが、利用控えを安易にごみ箱に捨てるのはやめましょう。

有効期限はカード表面に印字されている

国際ブランドデビットはエンボスレスカードですので、カード番号も名義人も有効期限もエンボス加工ではなく印刷でカードに表示されています。

キャッシュアンドデビット VISA 」カード

これは三井住友銀行の「キャッシュアンドデビット VISA 」カードの表面です。一番大きな文字で書かれた 4 桁× 4 の数字がデビットカード番号です。その右下にある [ 00 / 00 ] と言う仮番号が有効期限なのです。

有効期限表示には次のような言葉が一緒に表示されていることが多いです。

  • 有効期限
  • GOOD THRU
  • 月 年
  • MONTH YEAR

そして、数字は [ 月 / 西暦年の下 2 桁 ] の形式で表示されます。つまり、[ 08 / 20 ] と書かれていた場合、2020 年 8 月末日まで有効であるという意味です。

セキュリティコードも進化し続ける

このような形で表示され利用されているセキュリティコードですが、やや古くなってきた感も否めません。しかし、電子メーカーやカード会社はカードに専用装置と電池を内蔵させる研究を進めています。

そして、1 分に 1 回、自動的に変化する「動的セキュリティコード」も試作品はすでに完成しているようです。そう遠くない将来、こうしたセキュリティがカードに搭載されるでしょう。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る