デビットカード利用は暗証番号で。サイン決済は難しくなっている

デビットカードを使う場合、暗証番号で認証するのが一般的です。でもうっかり暗証番号を忘れてしまった、そんな時はどうすればいいのでしょう。サインで決済できるのでしょうか。

逆に、暗証番号で処理しようと思ったら、お店の人にサインを求められるなんて言うことも、まだ残っているかも知れません。これはいったいどうしたことなのでしょう。

暗証番号もサインも本人を確認するための手段

最近ではパソコンにログオンする時でもパスワードの代わりに簡易な PIN を使うことがよくありますね。これは Personal Identification Number (個人識別番号)の頭文字をつなげたもので、日本で言う暗証番号と同じものです。

サインは、デビットカードやクレジットカードの裏面にあるサインパネルに書かれた署名と見比べることで本人を確認します。現在、どんどん暗証番号への切り替えが進んでいるとみて間違いないでしょう。

店頭でサインを求める店舗は違法状態になっている

2018 年 6 月に大きな法律改正が行われたと聞いたのですが、その内容はどんなものなのでしょう。
改正が行われたのはもっと前です。改正割賦販売法が施行されたというのが正しいですね。それは、カードを受け入れるお店は例外なく IC カードに対応しなければならないという物です。

もちろん、これは 2020 年東京オリンピックをにらんだものです。日本でクレジットカードやデビットカードを使ったらスキミングされた、という不名誉な状態が起こらないよう全てのお店に義務付けたのです。

ただ、2019 年 3 月現在まだ罰則規定がないので、一部のお店は IC チップが読み取れないレジや読取機を使っています。暗証番号で本人確認を行うクレジットカードや国際ブランドデビットは、IC チップに対応している必要があります。

  • J-Debit:磁気ストライプ取引でも必ず暗証番号が必要
  • 国際ブランドデビット:磁気ストライプではサイン取引

このようになっています。磁気ストライプカードは暗証番号がカードに記録されておらず、サーバー側に保存されています。日本国内の銀行オンラインシステムを使う J-Debit の場合、ATM と同じように店頭でも暗証番号が必要になるのです。

一方、国際ブランドデビットではサーバー側に暗証番号が保存されておらず、カードの IC チップの中に暗号化されて保存されています。

ですから暗証番号取引を行おうと思うと、カードも読取機も IC チップに対応していないといけないのです。

IC カードなのにサインを求めてくるのは旧式の読取機だから

もちろんお客さんが提示したデビットカードなどが、IC チップを搭載していない旧式なカードだった場合、暗証番号は使えません。しかし、もうほとんどそんなカードは残っていないでしょう。

もし国際ブランドデビットで、券面に IC チップの金色の四角い端子が付いていないカードを持っていたら、銀行に連絡して新しいカードと交換してもらいましょう。

一方、お店の方が法律に違反してまだ IC カードが使えないレジや読取機しか置いていない場合、セキュリティ意識の低いお店ですので、利用を継続するかどうかを検討した方が良いと思います。一方、サインも暗証番号も不要なケースもあります。

  • コンビニ:
     ・セブンイレブン:10,000円 以下の利用
     ・ファミリーマート:4,000 円未満の利用
     ・ローソン:10,000 円未満の利用
     ・ミニストップ:10,000 円未満の利用
  • スーパー:
     ・系列カード・特約カードのみ
     ・10,000円~30,000 円未満の利用

こうしたケースではサインレス・暗証番号なし取引が可能ですので、カードを読み取らせるだけで決済できます。

システム的には PIN スキップができるがお勧めしない

PIN スキップと言うのは、主にアメリカで行われている本人確認の方法で、IC カードを持ってきたお客さんの要望に応じて、暗証番号ではなくサインで済ますという物です。

ヨーロッパではほとんど認められていません。クレジットカードであれ、デビットカードであれ、IC カードであれば必ず PIN 入力を求められます。また、ヨーロッパのカードは、ほぼ完全に IC 化されています。

暗証番号を忘れた時の非常手段だったが使いにくくなっている

暗証番号を忘れたら、お店の人にお願いしてサインで処理してもらうことができると聞いたのですが、今時そんなことが許されるのでしょうか。
サインも立派な本人確認手段ですから、システム的には禁止されていないと思います。しかし、セキュリティの観点から断られるケースも増えているようですよ。

日本ではサインに対する意識が低かったと言うこともあって、IC カードの普及に伴い暗証番号方式への切り替えが進んでいます。一方で、読取機のコストを嫌って暗証番号が使えない違法状態を続けているお店もあります。

判断に迷うところではありますが、暗証番号を求められたら暗証番号で対応するのが基本です。暗証番号を忘れていかを定期的に確認しましょう。もし忘れていたら、銀行に暗証番号を問い合わせるかカードの再発行を申し込んで下さい。

変更できる可能性はあるが基本はお店が指示してくる方法で対応

クレジットカード・国際ブランドデビットの場合、本人確認の方法は取引形態で自動的に決まります。ユーザー側から依頼して変更してもらえる可能性はありますが、不審な目で見られたり、場合によっては変更を断られたりすることもあります。

特に、アルバイト店員などや、店主であってもカードの特殊な取扱いに慣れていない人の場合断られる可能性が高いです。

  • サインレス取引:本人確認なし
  • 磁気ストライプ取引:サイン
  • IC チップ取引:暗証番号

この組み合わせは、読取機が自動で判断します。そして、サイン用のスリップ(専用伝票)は IC カードを使った場合発行されません。ですから、特殊な取扱いに慣れていない店員さんの場合、サインするためのスリップがないので困ってしまうのです。

手動でスリップを発行する方法はあるのですが、店員さんがそれを知らなければどうしようもありませんね。そうした場合には断られるでしょう。

暗証番号を忘れないよう厳重に管理しておくことが大事

暗証番号がわからなくなったから、銀行に電話して聞こうというのはダメです。銀行が電話で暗証番号を教えてくれることはありません。

国際ブランドデビットの場合、銀行によってはカードを無効化して新たな暗証番号で再発行と言うことになるでしょう。

暗証番号を忘れてしまうと意外に手間がかかる

IC カードは暗証番号がカードに登録されているのですよね。と言うことは、暗証番号を忘れた場合、新たな番号を登録し直さないといけないのでしょうか。
それはできません。セキュリティを確保するために、IC チップのデータは書き換えが利かなくなっています。必要な手続きを経て暗証番号を教えてもらって下さい。

デビットカードの暗証番号は、本人確認さえできれば教えてくれる銀行もありますが、新しい暗証番号を登録してカードの再発行になる銀行もあります。それは各銀行に問い合わせて下さい。

  • 銀行の窓口に本人確認書類と届出印、カードを持参して教えてもらう
  • 専用デスクに電話して本人確認を受け、通知書の郵送で教えてもらう
  • 会員専用サイトにアクセスしてカードを再発行してもらう(有償)

このような方法で暗証番号忘れを解消することになります。窓口で処理可能な場合は当日に教えてもらえることもありますが、それ以外の場合10日くらい時間がかかることもあります。

暗証番号間違いの回数は公開されていない

暗証番号を一定回数間違えると、そのカードはロックされます。今では IC カードが一般的なので、規定回数を超えて間違えると、IC に入っているアプリがロックされてカードが使えなくなります。

そうなった場合ロックの解除はできませんので、カードの再発行をしないといけません。これはカードの不正利用を防ぐために仕掛けられているセキュリティなのです。

そして、この回数は一般的に 3 回程度と言われていますが、公開されていません。これを公開すると、悪用する人がその回数まではチャレンジできると言う情報を与えてしまうからです。

少なくとも 1 回でアウトになることはありませんが、2 回続けて間違うとロックされる可能性もゼロではないのです。ですから、むやみにチャレンジすることは避けて下さい。

暗証番号は推測されにくく忘れにくい番号を設定する

このような理由から、暗証番号を忘れてはいけません。一方で推測されやすい暗証番号を使うこともだめです。ですので、金融機関で使う暗証番号はひとつにまとめても良いですが、それ以外の暗証番号と使いまわしてはいけません。

ロッカーとか、会員証とか、パソコンやスマホの PIN とかと、デビットカードを含めた金融機関のカードの暗証番号は必ず異なるものを使って下さい。

そして、暗証番号を入力する時は「周りを見回して覗く人がいないかを確認し、テンキーをもう一方の手で覆って入力する」と言う習慣を身に着けましょう。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る