デビットカードは紛失したらただちに停止。再発行も同時に行える

デビットカードをなくしてしまった、大変ですね。そんな時あなたならどのように行動しますか。この行動ひとつで、その後の損失が大きく変わる可能性があるのです。

また、国際ブランドデビットと J-Debit では、届けの方法が少し変わりますから、そこにも注意が必要です。あなたは自分のカードの非常連絡先を知っていますか。

デビットカードをなくしたら発行銀行にすぐ電話する

デビットカードが手元にないことがわかったら、紛失なのか盗難なのかを問わず、まずは銀行の窓口に電話連絡をしてカードを止めてもらって下さい。

後でお話しする確認事項を行ってからにはなりますが、また今度で良いやとは考えないで下さいね。特に国際ブランドデビットでは不正利用の可能性が高まります。

利用停止手続きは電話で行える

デビットカード自体をなくしてしまったらどこに電話すればいいのかわからないんですが、そんな時はどうしましょう。
銀行の営業時間内なら窓口に出向いても良いですよ。それに、ネットで検索すれば各銀行の紛失窓口などはすぐに見つかると思います。

デビットカードを紛失したらまずは発行銀行に連絡する必要があります。

  • J-Debit
     ・営業時間内:キャッシュカード発行銀行の本支店
     ・営業時間外:キャッシュカード紛失窓口
  • 国際ブランドデビット
     ・銀行の国際ブランドデビット紛失窓口
     ・国際ブランドの紛失窓口

いずれも24時間365日対応になっていますので、分かる電話番号にかけて下さい。

盗難を疑う前に家族がデビットカードを使っていないかを確認

盗難や紛失を疑う前に、まず確認してほしいのが家族による無断使用がないかどうかです。また、家族でなくても使用人や身の回りの世話をお願いしている人がいる場合にも確認しておいて下さい。

特に、おつかいなどで一度でもカードを渡したことのある相手の場合、悪気なく使ってしまっている可能性は否定できません。なお、そうしたケースであっても自分以外の人にカードを渡すことは、国際ブランドデビットの場合重大な規約違反になります。

一方、J-Debit の場合はそこまで厳しくはありませんが、代理人カード(クレジットカードの家族カードに相当するもの)でも J-Debit を利用できることから、やはり自分以外の誰かにカードを渡すことはやめておいて下さい。

利用停止手続きが終わったら不正利用の確認と再発行手続き

電話で利用停止の手続きが終わったらひとまずは安心ですので、続けて不正利用されていないかどうかを確認しましょう。万が一不正利用があった場合は補償が受けられるかどうかの確認ですね。

そして、カードがないと不便ですので再発行手続きに進むことになります。

J-Debit は不正利用そのものが少ないと言える

盗難や紛失に伴うデビットカードの不正利用被害は、銀行や保険によって補償してもらうことができるのでしょうか。
もちろんしてもらえます。ただし、常識的な範囲とは言え条件は厳しいです。クレジットカードに比べて不正利用がしにくいというデビットカードの性格がその理由になります。

まず J-Debit に関する補償ですがこれは銀行に任されています。ですので可能性として補償制度がないこともありえますが、多くはキャッシュカード規定の中で補償されます。しかしそもそも J-Debit が不正利用される可能性はかなり低いのです。

それは J-Debit の利用において暗証番号が不可欠だからです。つまり J-Debit を不正利用できる状況と言うのは、暗証番号がわかっていてキャッシュカードが手元にあると言うことになります。

そんな状況なら、わざわざ買い物で不正利用するより、ATM から預金を全部引き出してしまうだろうと言うことなのです。

不正利用の補償が受けられるかどうかは普段の管理次第

国際ブランドデビットの場合、キャッシュカード機能を持たない専用カードもありますから、不正利用のリスクは存在します。また、コンビニなどサインレス取引が可能なお店では、少額ならカードの提示だけで利用できてしまいます。

なので、国際ブランドデビットには 50 万円~100 万円程度の不正利用に対する補償制度が準備されています。だいたいどのカードも届け出から30日さかのぼった日を起点に、それ以降の不正利用が補償されます。60日と言う銀行もありますね。

ただし、正しい暗証番号が用いられた取引は補償されません。また、不正利用に関しては防犯カメラなどの情報も収集されるので、家族が勝手に持ち出してないかのチェックは重要ですよ。

紛失したデビットカードの再発行手続きは書面で申し込む

デビットカードを紛失したら再発行してもらわないと不便ですね。最初に紛失の連絡を入れた電話が営業時間内の物であれば、再発行に関する案内も行ってくれると思います。それ以外でも、銀行の公式サイトを見れば案内が載っているでしょう。

その案内に従って手続きすれば、申込書が郵送されてきますし、場合によってはそのままネット上で再発行手続きを完了できるケースもあります。

銀行窓口で再発行手続きを行った場合は、例えば本店など環境が整った場所の場合、当日発行ができる可能性もあります。しかし、多くの場合 10 日~2 週間後くらいに転送不要郵便の書留で郵送されてくると思います。

各種国際ブランドデビットの補償規定

このサイトで紹介している国際ブランドデビットの補償規定について見てみましょう。

だいたい似たようなな内容のことが多いのですが、日数や上限額など、細かいところで差異があるので参考までに見て下さい。

一般銀行の銀行ごとのデビットカード補償規定

SMBCデビット

  • 補償期間:紛失の連絡の 60 日前以降
  • 補償金額:年間最大 100 万円

三菱 UFJ-VISA デビット

  • 補償期間:紛失の連絡の 60 日前以降
  • 補償金額:年間最大 100 万円

ネット専業銀行の銀行ごとのデビットカード補償規定

楽天銀行デビットカード

  • 補償期間:紛失の連絡の 30 日前以降、60 日後まで
  • 補償金額:年間最大 100 万円
  • 強盗被害:加盟店でカード使用を強要され、商品を強奪された場合も補償
  • 強盗被害:ATM で現金引出しを強要され、現金を強奪された場合も補償

ソニー銀行デビットカード

  • 補償期間:紛失の連絡の 30 日前以降
  • 補償金額:1 日当たりの利用限度額の範囲

ジャパンネット銀行デビットカード

  • 補償期間:紛失の連絡の 30 日前以降
  • 補償金額:利用者の過失によって割合が変わる( J-Debit 準拠)

住信SBIデビットカード

  • 補償期間:紛失の連絡の 60 日前以降
  • 補償金額:年間最大 100 万円

新しい形態の銀行のデビットカード補償規定

セブン銀行デビット付きキャッシュカード

  • 補償期間:紛失の連絡の 60 日前以降
  • 補償金額:1 事故あたり最大 500 万円

補償に関する共通の注意事項

共通の重要事項として、正しい暗証番号が使われた取引は補償されません(強要・強盗を除く)。また、次のようなケースも補償の対象外になります。

  • 本人の故意・過失などによる損害
     ・法令違反行為も補償対象外
     ・法定代理人も本人とみなす
  • 家族などが関係して行われた不正利用
     ・家族
     ・同居人
     ・使用人
     ・身の回りの世話をする人など
  • サインのないデビットカードが受けた被害
     ・非対面取引でも適用される
  • 他人に譲渡・貸与・担保質入れされたカードによる被害
     ・これらの行為は全部利用規定・契約違反
  • 正しいセキュリティコードが使われた取引
  • ATM や加盟店端末が正常に動作しない状態での取引
  • 著しい社会秩序の混乱の際にカードが盗まれるなどした場合
  • カード会員が調査に協力しない・うその報告をするなどした場合
  • 銀行への連絡が極端に遅かった場合
  • 警察への届け出を怠った場合

正しく使っていれば万が一の際にも補償される

色々ありますが、常識的な使い方をしていれば大丈夫です。唯一心配なのは「家族に貸してしまった」と言うことですね。これは絶対にやってはいけない行為です。

また、1970年代ごろまでよく見られた「お年寄りが忘れることを恐れて、カードに暗証番号をマジックで書いていた」などと言う、笑い話のようなことにならないよう、念のため気を付けておいて下さい。

なお、銀行への連絡の際にカード番号などが分からなくても、氏名・住所・生年月日などの個人情報で特定可能ですから心配せず、まず連絡して下さい。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る