デビットカードの解約は簡単。但しJ-Debitは解約できない

なんとなく持っていたけど、国際ブランドデビットを使うこともないし解約しようと思っていませんか。それは正しい考え方です。クレジットカードにせよ国際ブランドデビットにせよ、余計なものはセキュリティリスクになりえます。

今回は有名な国際ブランドについて、解約方法を具体的に見てみながら、国際ブランドデビットの解約について考えてみましょう。

J-Debit は解約できないしする必要もない

デビットカードと言えば国際ブランドデビットの他に、銀行キャッシュカードをそのままデビットカードとして利用することができる J-Debit があります。

この J-Debit は銀行口座を解約しない限り解約することはできません。そして、リスク管理の面でも J-Debit だけを解約する必要はないのです。

J-Debit は引き落とし口座のカード情報をそのまま利用する

J-Debit でも、国際ブランドデビットと同じようなリスクがあると思うんですが、なぜ J-Debit はリスク管理の面で解約する必要がないのでしょう。
国際ブランドデビットとは異なり、J-Debit は必ず暗証番号の入力が必要だからです。暗証番号がわかれば悪いことをする人は ATM からお金を引き出しますよね。

国際ブランドデビットには、クレジットカードと同じように一定金額までの利用では暗証番号やサインなしで利用できるサインレス( PIN スキップ)取引があります。

ですので悪意の第三者にカードが渡ってしまうと、暗証番号やサイン無しでデビットカードが利用できてしまうのです。

J-Debit での買物は ATM からお金を引き出すのと同じ

J-Debit 加盟店で買い物をする場合、必ずカードを読取機に通して、暗証番号を入力しないと決済できません。つまり、加盟店のレジ横に ATM が置いてあって、そこでお金を引き出して支払いに使う場合と全く同じセキュリティが確保されています。

ですから、J-Debit 機能だけをなくしても、キャッシュカードのセキュリティは全く向上しませんので、最初から解約という制度が準備されていないのです。むしろ、現金を持ち歩く距離が短くなる分、セキュリティが向上するくらいだとも言えるでしょう。

もちろんJ-Debit に年会費はありませんから、預金者に負担はありません。

年会費が負担なら年会費無料になるようにする

国際ブランドデビットの中には、年会費を徴収してその分のサービスを付与している銀行もあります。しかし、サービスを利用しない場合、年会費は単なる負担になってしまいますね。

そこで解約という選択肢が視野に入ってくるわけですが、有料の国際ブランドデビットを発行している銀行も、年会費無料の選択肢は準備されていることが多いです。

年会費が必要なものでも無料のものに切り替えられることがある

国際ブランドデビットの年会費を無料にするには、どのような手段があるのでしょうか。
ひとつは同じ銀行のデビットカードで年会費無料のものに切り替えることです。もう一つは、銀行が提示している年会費無料の条件をクリアすることですね。

例えば、楽天銀行には4パターン5種類の国際ブランドデビットがあり、そのうち2パターン3種類は年会費無料です。ですのでそれを切り替えれば年会費無料になります。切り替えは会員専用サイトから簡単に申し込めます。

  • 楽天ゴールドデビットカード VISA :年会費税別 5,000 円
  • 楽天シルバーデビットカード VISA :年会費税別 2,000 円
  • 楽天ベーシックデビットカード VISA :年会費無料
  • 楽天銀行デビットカード JCB :年会費無料
  • 楽天銀行デビットカード JCB お買いものパンダデザイン:年会費無料

利用条件を満たせば年会費無料になることもある

例えば、三菱 UFJ-VISA デビットは、初年度年会費無料ですが、2 年目からは税別 1,000 円の年会費が必要になります。しかし、前年に 100,000 円以上の利用があれば、翌年も年会費無料です。

地方銀行の中には、年間利用額や次のような条件で翌年の年会費が無料になる制度を持っているところもあります。

  • 満22歳~23歳以下の人
  • 携帯電話キャリアの電話料金引き落とし口座に指定している場合
  • 前年に 100,000 円以上の利用があった場合
  • その銀行の提供する特定のサービスを利用している場合

年会費が理由で解約を考えている場合、先に自分の取引銀行の制度をチェックしてみましょう。

このサイトで紹介している銀行での具体的な解約手続き

解約手続きにはいくつかのパターンがあります。

そこで、このサイトで紹介しているおすすめデビットカードの解約方法について紹介しましょう。

一般銀行の銀行ごとの具体的な解約方法

SMBCデビット

解約は窓口のみでの受付になります。以下の書類などを揃えて、営業時間内に各支店窓口に出向いてください。

  • 通帳
  • キャッシュカード(デビットカード)
  • 銀行印(届け出印)
  • 本人確認書類

その時点で、入金予定のキャッシュバック累計額はすべて無効となります。

三菱 UFJ-VISA デビット

解約は窓口または電話での受付になります。窓口での解約は以下の書類などを揃えて、営業時間内に各支店窓口に出向いてください。

  • 通帳またはキャッシュカード
  • デビットカード
  • 銀行印(届け出印)
  • 本人確認書類

電話の場合、手元にデビットカードを準備してデビットデスクに電話してください。

どちらもその時点で、入金予定のキャッシュバック累計額はすべて無効となります。

ネット専業銀行の銀行ごとの具体的な解約方法

楽天銀行デビットカード

解約は会員専用サイトにログインして行います。

  • カード・ATM のタブから「解約」に進み手続きする
  • 手続きが終わったらキャッシュカードの発行手続きをする
  • デビットカードを解約しても自動でキャッシュカードのみのカードは発行されないので注意

ポイントはすでに発行されたものについては楽天ポイントクラブで管理されているので失効しませんが、付与予定の分については失効します。

ソニー銀行VISAデビット

解約は会員専用サイトにログインして行います。

  • 「各種手続き」に進む
  • 「出金制限の設定変更」に進む
  • 「Sony Bank WALLETのVisaデビット機能のご利用停止・再開」で解約を行う
  • 案内に従ってデビット機能のないキャッシュカードを申し込む

外貨預金との関連もありますので、ソニー銀行のデビットカードを解約するときは慎重に行ってください。

ジャパンネット銀行デビットカード

ジャパンネット銀行にはデビット機能のないキャッシュカードがありません。ですから、デビットカードだけの解約はできません。どうしても解約が必要な場合、口座を解約することになります。

また、ジャパンネット銀行が発行している T ポイントカード機能を持ったファミリーマートとの提携カード、通称ファミデビは、解約と同時に貯まっていた T ポイントは全て無効になります。

解約をするのであれば、事前にポイントを使い切ってからにしましょう。

住信SBIデビットカード

住信 SBI ネット銀行にはデビット機能のないキャッシュカードがありません。ですから、デビットカードだけの解約はできません。ただし、会員専用サイトからデビット機能の停止は行なえます。

さらに、デビット機能を長期間使っていないと、銀行の方からデビット機能を停止してしまうこともあるようです。

口座ごと解約した場合には、貯まっていたポイントは無効になります。

新しい形態の銀行の具体的な解約方法

セブン銀行デビット付きキャッシュカード

デビット機能のみを解約する場合には、書面による手続きが必要です。

セブン銀行テレフォンセンターに電話して、必要な書類を郵送してもらってください。nanaco ポイントについての扱いも、その際に確認しておくと良いと思います。

解約するより申し込みを慎重にすることが大切

もちろん、必要があってデビットカードを申し込み、必要がなくなったから解約するというのは自由です。しかし、申し込んだり解約したりを繰り返すのは感心しません。

特典に釣られるのではなく、必要性についてしっかり考えてからデビットカードも作るようにしてください。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る