日本はデビットカード普及率がほぼ100%!なのに利用率は低い

東京オリンピックを控えて、キャッシュレス決済の普及を促進しようという動きが加速しています。そんな中にあってデビットカードもキャッシュレス決済で重要な位置を占めるはずなのに、今ひとつ普及していないように見えます。

実は、日本は主要先進国と同じ程度か、場合によってはそれより多いくらいデビットカードの所有率は高いのです。大人であればほぼ 100% の人が持っているでしょう。いや、自分は持っていないと思った人、おそらくあなたも持っているんですよ。

実はデビットカードは日本に適したキャッシュレス決済の方法

中国でのキャッシュレス決済の急激な普及を横目で見ながら、日本は中国より遅れているとため息をつく人もいます。しかし、これは国の事情が違うのでやむを得ないことなのです。中国では現金に信頼性がないと行っていいほど偽札が多いのです。

一方で、世界で一番偽造しにくいと言われるお札がある日本では、キャッシュレスの必要性を国民があまり感じていないということもあるのでしょうね。

デビットカードは銀行口座に直結した現金に近い決済方法

なぜ日本ではデビットカードが普及しないのでしょう。クレジットカードより現金払いに寄った決済方法だと思うんですが。
そのように考える人が少ないからだと思いますよ。見た目のイメージで、クレジットカードの派生型のように思われていますね。実際には現金払いの派生型だと言っても良いのですが。

キャッシュレス決済には、だいたい次のようなパターンがあります。

  • デビットカード
  • クレジットカード
  • プリペイドカード
  • 電子マネー(おサイフケータイを含む)
  • QRコード・バーコード決済(スマホ決済)

こうした中で、近ごろ乱立気味なのがスマホ決済です。実際のところ、どれが良いとか悪いとかは言いにくいのですが、上手に使い分けたいと思います。

一方で、日本人には現金主義の人が多いというのも確かです。偽造しにくくて安定した政府が発行している決済手段である現金があるのに、キャッシュレスなんて無意味だという考え方にも一理あるとは思います。

上のキャッシュレス決済の方法の中で、実はデビットカードだけは現金主義の人に特におすすめだと言えるのです。

現金主義国家ドイツはデビットカードの普及率が飛び抜けている

EU 諸国はキャッシュレス決済が普及しています。クレジットカードの IC 化も世界で一番進んでいて、ユーロ札なんて使い道がないとまで言われるぐらいです。

しかし、その EU を主導するドイツはクレジットカードの使い勝手が悪いことで有名です。かなり徹底した現金主義で、それは日本より現金依存が強いくらいなのです。

しかし、その現金主義のドイツでは、実際にユーロ札やコインを使って買い物をすることは非常に少ないです。

  • Geltkarte(ゲルトカルテ:チャージ式電子マネー)
  • Girocard(ジロカーツ:デビットカード・旧名の EC カルテと呼ばれることも多い)
この 2 つがドイツで広く用いられているキャッシュレス決済です。銀行で口座を開くと、この 2 つの機能を持ったキャッシュカードが発行されます。デビット機能については、日本の J-Debit とよく似ていますね。

ドイツの人は日本人と同じ現金主義でクレジットを嫌う傾向が強いですが、デビットカードは現金と同じでありながらセキュリティが高く、小銭の面倒さがないという正しい認識は日本より遥かに高いようです。

日本では残念なことにプラスチックカードを使った買い物は全部クレジットカードの親戚だと思われているために、今ひとつ普及率が低いのではないかと思います。

日本のキャッシュレス化の遅れはデビットカードの遅れが原因

実はクレジットカードやデビットカード、電子マネーなどに関する統計データは、世界中で統一されたものがないため、割合ばらつきのあるデータが出ています。

また、それぞれの国ごとに色んな事情がありますから、「世界ではこうなのに日本ではこうだ」ということをデータで示すのも難しいのが現状です。もしそうしたことを断定的に言う記事があれば、それが恣意的に世間の意識を誘導するのが目的でしょう。

クレジットカードは平均的、電子マネーはむしろ多く使われている

日本はキャッシュレスが遅れているとか言いますけれど、駅やコンビニ、スーパーなどで見ていると、カードや電子マネーはかなり使われているように見えるんですがどうなんでしょう。
実際のところ決済金額で見た場合、クレジットカードは世界平均レベルですし、電子マネーは世界平均より高いです。足を引っ張っているのはデビットカードと言えるでしょう。

日本の統計では、国際ブランドデビットや国際ブランドプリペイドはクレジットカードの方にまとめられていて、デビットカードは J-Debit だけの数値になっています。

これはおそらくドイツなどでも同じでしょう。デビットカードにカウントされているのは Girocard だけだと思われます。参考程度ですが日本と世界の数値を見てみましょう。統計は日本クレジット協会のデータを参考にしました。

対象 クレジットカード デビットカード 電子マネー 現金
主要国平均 18.2% 23.2% 0.7% 57.9%
日本 18.0% 0.1% 1.7% 80.2%

デビットカードの比率を牽引しているのはイギリスとロシアで、いずれも50%を超えています。中国もおそらく過半数を超えているとは思いますが、取扱高や決済比率については公式なデータが発表されていません。

逆にクレジットカード比率が高いのは圧倒的に韓国です。取扱高や決済比率が50%を超えている国が他にないのに対して、76.5%もの比率を持っています。これはおそらく韓国の国内事情によるものだと思われます。

こうしてみてみると、日本のデビットカード利用の低さが目に付きますね。ドイツの Girocard の15.2%に比べると、とても少ないと言えるでしょう。

J-Debit は加盟店が少ないのが致命的

日本人の大人なら、J-Debit のカードはほとんどの人が持っているはずです。それは銀行のキャッシュカードそのものだからです。

J-Debit は、加盟店で銀行のキャッシュカードを提示して、暗証番号を入力すると支払いが完了するというデビットカードなのです。

これは、普通の買い物の手順を考えてみるとよくわかります。

  • キャッシュカードを準備する
  • ATM のあるところへ行く
  • ATM から現金を引き出す
  • お店に行って買い物をする
この一連の流れから、2 番目と 3 番目を省いてショートカットしたのが J-Debit での買い物です。国際ブランドデビットでも同じですが、事前に専用のカードを発行してもらわないといけません。

また、事前に銀行で確認はしたほうが良いですが、J-Debit は、かなり古いキャッシュカードでも利用できますから、発行の手間がかからないのも魅力です。

ところが残念なことに加盟店は全国で 30~40 万店程度に留まっています。使えるお店を探すのが難しいエリアもあるということですね。

つまり、「 J-Debit は 100% 近い普及率を誇っているが、加盟店が少なすぎて使いにくい。」というのが実態なのです。そのせいでカードを持っていても持っている実感が無く、利用も少ないということです。

デビットカードの普及には先進国型と途上国型がある

統計の中にそうした用語があるわけではありませんが、デビットカードを選ぶ人が多い理由には、大きく分けて2つのタイプがあるということが言えるということです。

爆発的に増えた中国の銀聯カードは、大半がデビットカードです。そして、これは途上国型の普及だと言えるでしょう。

J-Debit のシステムが洗練されればドイツ程度には普及する

途上国でのデビットカードの普及は、どのような理由で増えているんでしょう。結構爆発的に増えた例もあるようですね。
それはカード発行者側の都合です。世の中がカード社会になってゆく流れなのに、途上国では満足な与信システムがありません。そこでデビットカードをどんどん発行したということなのです。

一方、先進国ではクレジットカードを持つことに拒否感のある人が一定数存在します。いわゆる「借金はしたくない」と言う感覚の持ち主ですね。その場合、クレジットカードと同等の機能を持ちながら、借金にはならないデビットカードを選びます。

これが先進国型のデビットカードの普及です。ところが、日本では J-Debit の加盟店数が少なすぎて実用的とは言い難い状況が続いています。一方で、国際ブランドデビットは、VISA や JCB のブランドマークがあるためクレジットカードと混同されることも少なくないのです。

これは推測ですが、加盟店の普及と J-Debit マークの知名度アップが図られれば、もう少し普及するかも知れませんね。まだまだキャッシュカードに J-Debit マークのない物のほうが多いです。

銀行は国際ブランドデビットに力を入れ始めた

もともとネット専業銀行など新しい形態の銀行がVISAデビットを発行していた程度でしたが、2010 年頃から都銀・地銀ともに国際ブランドデビットを発行するところが増えてきました。

その理由は明らかにされていませんが、もちろん収益性の向上を狙ったものなのでしょう。各銀行とも、デビットカードの広告宣伝で、クレジットカードとの違いを打ち出していますから、時間とともにもう少し普及率が上がると思われます。

また、最近利用率が上がってきているペイアプリですが、これに登録することのできるデビットカードもありますので、普及に拍車が掛かるものと思われます。

使い勝手の良さが知れ渡ったら普及の可能性は高い

デビットカードは無駄の出にくい現金決済であると言う事実がもう少し広く知れ渡ったら、現金主義の年配の人に一気に広まる可能性はありますね。

J-Debit ではスーパーのレジでお金が引き出せるサービスも、まだ一部だけですが始まっています。東京オリンピック 2020・大阪万博 2025 あたりを契機に伸びるんじゃないでしょうか。

あなたのコメントをどうぞ!