d払いにおすすめのクレジットカードは?カードの登録方法を紹介

d払いとは、NTTドコモが提供するスマホ決済サービスのことです。

d払いで支払うだけでdポイントが貯められ、貯めたdポイントは支払いに使うことができます。実店舗での買い物だけでなくネットショッピングでもd払いを利用できますよ。

d払いはドコモユーザーでなくても、dアカウントがあれば誰でも使うことができますが、クレジットカードの登録が必要です。

なおdアカウントはドコモの契約の有無にかかわらず、誰でも無料で作成することができます。

ドコモユーザーであってもなくても、d払いで支払うならクレジットカードの登録がおすすめです。

この記事では、d払いに紐づけするのにおすすめのクレジットカードと、クレジットカードをd払いに登録する方法について紹介します。

d払いに登録できるクレジットカードの種類

まず、d払いに登録できるクレジットカードの種類を紹介します。

d払いに登録できるクレジットカードの国際ブランド
  • VISA
  • Mastercard
  • AmericanExpress
  • JCB

ダイナースクラブなどはd払いで使えないので注意してください。

ほかに、d払いに登録できないクレジットカードはあるのですか?
d払いには、本人認証サービスに対応しているクレジットカードのみを登録できるので、逆に言えば本人認証サービスに対応していないクレジットカードは登録できません。

さらに、Kyashなどのバーチャルカードもd払いには登録できないので注意してください。

d払いにおすすめのクレジットカードはポイント還元率が高いカード

d払いにクレジットカードを登録すると、d払いとクレジットカードのポイントが両方貯まるので、登録するクレジットカードはできるだけ還元率が高いほうがお得になります。

d払いにおすすめのクレジットカードは次の3枚です。

  • dカード
  • dカード GOLD
  • 楽天カード

それぞれのカードの特徴やメリットを紹介していきます。

dカード

dカード

発行元 株式会社NTTドコモ
年会費 初年度:無料
2年目以降:1,250円(税別)
(前年度に1回以上利用で無料)
国際ブランド Mastercard、VISA
還元率 1%
ポイントの種類 dポイント
追加カード 家族カード、ETCカード
付帯保険 dカードケータイ補償(購入後1年間最大1万円)、お買い物あんしん保険(年間100万円まで)、カードの紛失・盗難の補償
対応電子マネー iD
その他 海外レンタカー優待、 VJデスク(旅のサポート)

dカードは初年度の年会費が無料で、2年目以降は年会費1,250円。しかし前年度に1回でもカードを利用していると翌年の年会費は無料になるので、年会費無料で持ち続けることができます。

dカードとd払いはどちらもdポイントが貯まるので、dポイントを効率的に貯めることができますよ。

dカードは100円ごとに1ポイント(還元率1%)のdポイントが貯まりますが、d払いとdカードを連携させた場合、ポイント2重取りで還元率は1.5%にアップします。

貯めたdポイントはd払いの支払いに利用できるだけでなく、ドコモの商品購入やドコモの携帯料金の支払いにも利用できます。

そのほか実店舗での利用や、商品との交換、優待チケットの購入などにもdポイントを利用できます。

また、ローソンでdカードを使うと、dカード決済により3%割引となり、dカード利用により2%のポイント還元が受けられるので、最大5%お得になります。

dカードはどんな人におすすめですか?
ドコモユーザーではなく、d払いとの連携で効率的にdポイントを貯めたい人におすすめです。

またドコモユーザーで携帯料金などの支払いが毎月8,000円程度以下なら、dカードGOLDよりdカードのほうがおすすめですね。

dカードの詳細は、次の記事をご覧ください。

dカード GOLD

dカードGOLD

発行元 株式会社NTTドコモ
年会費 10,000円(税別)
国際ブランド Mastercard、VISA
還元率 1%
ポイントの種類 dポイント
追加カード 家族カード、ETCカード
付帯保険 dカードケータイ補償(購入後3年間最大10万円)、お買い物あんしん保険(年間300万円まで)、カードの紛失・盗難の補償、海外旅行保険(最大1億円)、国内旅行保険(最大5,000万円)
対応電子マネー iD
その他 国内・ハワイの主要空港ラウンジ利用無料、dカード GOLD年間利用額特典、海外レンタカー優待、VJデスク(旅のサポート)

年会費が1万円かかりますが、ドコモユーザーであればdカード GOLDの特典である「毎月のドコモのケータイ/ドコモ光利用料金の10%ポイント還元」により簡単に元を取ることが可能。

毎月のドコモの携帯料金とドコモ光の料金の10%がポイント還元されるので、1,000円ごとに100ポイントが貯まります。

毎月9,000円の携帯料金やドコモ光の料金があれば年間で10,800ポイントが貯まるので、年会費分は簡単に貯めることができるんですよ。

dカードGOLDはゴールドカードなので国内・海外旅行傷害保険が付くほか、空港ラウンジが利用可能になるなどメリットが多いカードです。

ドコモ料金を支払うだけで年会費の元が取れるドコモユーザーにはおすすめですね。

また、dカードケータイ補償があるので、購入後3年間は携帯の紛失・盗難または修理不能(水濡れ、全損)となった場合でも補償が受けられます。

dカードGOLDはどんな人におすすめですか?
ドコモユーザーで携帯料金などの支払いが毎月9,000円程度あるなら、dカードよりdカードGOLDの方がおすすめですね。

dカード GOLDの詳細は、こちらの記事で詳しく説明しています。

楽天カード

楽天カード

発行元 楽天カード株式会社
年会費 無料
国際ブランド Mastercard、VISA、JCB、AmericanExpress
還元率 1%
ポイントの種類 楽天スーパーポイント
追加カード ETCカード、家族カード
付帯保険 海外旅行傷害保険(最高2,000万円)、カード盗難保険
対応電子マネー 楽天Edy
その他 商品未着あんしん制度、ネット不正あんしん制度、海外レンタカー10%オフ、携帯・WiFiルーターレンタル20%オフ、手荷物宅配優待サービス、楽天カード会員専用ラウンジ(ハワイ)

楽天カードは年会費が無料であるにもかかわらず基本還元率は1%と高く、楽天市場で使用するとポイントは最大16倍にアップします。

楽天トラベルではポイント最大2倍、楽天カード優待店でもポイントが2倍以上にアップするなど、ポイントを貯めやすいカードです。

貯まった楽天スーパーポイントは楽天サービスで使用できるほか、楽天EdyやANAマイレージに交換可能で、さらに支払いに利用することもできます。

通常デザインのほか、お買いものパンダデザインやディズニーデザイン、FCバルセロナデザインなど、好きなデザインからカードを選べますよ。

また、不正利用探知システムでは24時間不審なカード利用がないか監視されており、カード利用お知らせメールで利用状況をすぐに確認することができるので、不正利用の早期発見につながります。

楽天カードはどんな人におすすめですか?
楽天カードは基本還元率が1%と高いだけでなく、楽天市場などで使うとさらに還元率が上がるので、楽天グループのサービスをよく利用する人におすすめです。

そうではない人にとっても、楽天スーパーポイントは貯めやすく使いやすいので、還元率が高いカードが欲しい人にもおすすめです。

楽天カードについて詳しく知りたい人は、次の記事を読んでみましょう。

d払いにクレジットカードを登録する方法

d払いにクレジットカードを登録する方法を紹介します。

なお、登録には本人認証サービスに登録済みのクレジットカードが必要です。

まず、d払いアプリを開き、画面左上にある「三」マークをタップします。

次に、「設定」をタップします。

「ログインが必要になります」と表示されるので、ログインします。

「ログイン」するとクレジットカード登録画面に切り替わります。クレジットカード番号、有効期限、セキュリティコードを入力し、「登録」をタップします。

「本人認証サービス(3Dセキュア)」の画面に切り替わるので、あらかじめ本人認証サービスで設定しておいたパスワードを入力し、「送信」をタップするとクレジットカードの登録は完了です。

登録に手数料などはかかりますか?
クレジットカードの登録や利用に手数料は、一切かからないので安心してください。

d払いはクレジットカード払いにするとポイント2重取りでお得!

d払いはドコモユーザーでなくても使えるスマホ決済サービス。

クレジットカード払いにすると、ポイント2重取りになるためおすすめです。還元率が高いクレジットカードを選ぶとよりお得ですよ。

ドコモユーザーがd払いを使うのにおすすめのクレジットカードは、「dカード」か「dカードGOLD」。

携帯料金やドコモ光の料金が毎月9,000円以上あるドコモユーザーであれば、dカードよりdカードGOLDのほうがおすすめです。

ドコモユーザーでない人には、年会費無料で還元率が高い楽天カードがおすすめですね。

なお、d払いでは本人認証サービスに対応していないカードは使えないので注意して下さい。

クレジットカードを登録して、お得なd払いをさらにお得に活用しましょう。

※ 掲載の情報は2019年9月現在のものです。

あなたのコメントをどうぞ!