クレジットカードが使えない!7つの理由と対処法

「クレジットカード払いをしようとしたら、このカードはご利用できませんと言われた!」

「ネットショッピングでクレジットカード払いをしようとしたら、エラーが出てできなかった。」

こんな経験がある人も多いのでは。

前日まではいつもどおり使えていたのに、突然使えなくなることもあり、とても焦りますよね。

クレジットカードが使えない理由として、次の7つが考えられます。

クレジットカードが使えない理由
  • 有効期限が切れている
  • 少額またはクレカ払い未対応
  • 口座振替日の引き落としに失敗している
  • 不正利用の疑いがある
  • カードや機械のトラブル
  • 間違った情報を入力した
  • 利用限度額を超えている

この記事では、クレジットカードが使えない原因・理由ごとに、対処法を紹介。

目次からそれぞれの原因と対処法の章に飛ぶことができます。

有効期限が切れてクレジットカードが使えない場合は新しく発行する

クレジットカードには、有効期限があります。

有効期限が切れているクレジットカードを使おうとすると、エラーが出て利用できません。

通常クレジットカードの有効期限が切れる前に、カード会社から期限の更新された新しいカードが送られてきます。古いカードを破棄し新しいものを使いましょう。

私の持ってるクレジットカードの有効期限が切れてるんですが、新しいクレジットカードが送られてきていません。
それは困りましたね。

新規カードが送られてこないなら、カード会社に問い合わせましょう。

更新間近になっても新しいカードが送られてこない場合、次の原因が考えられます。

新しいクレジットカードが送られない理由
  • 登録した住所や氏名などが間違っているから
  • 更新審査に通過できなかったから

住所や氏名の変更を伝えていない場合、古い住所や名前宛にカードが送られてしまい、きちんと届いていない可能性も。

住所を変更していないと、最悪の場合、強制解約となる可能性があります。住所変更については、次の記事で紹介しています。

もう1つ考えられるのは、クレジットカード更新時に審査落ちしたこと。

延滞を何度もしていたり、まったくカードを使っていなかったりすると、更新審査に落ちて新規カードが送られてこない可能性があります。

住所や氏名が現在のものかどうか、そもそも新しいカードが発行されていないのか、カード会社に問い合わせてください。

クレジットカード払い不可の店もある!ある程度現金を持っておこう

客がクレジットカードで支払った場合、店はカード会社に「利用手数料」を支払う必要があります。

その利用手数料を払いたくないために、クレジットカード払い自体を拒否する店もあるんです。

また店によっては、少額利用の場合にのみクレジットカード払いを不可とすることも。

カード会社とお店の間で結ばれている加盟店規約では、少額の支払いだからといって利用を制限してはいけない決まりがあります。

しかし、あくまでカード会社独自の規約であり「法律」ではないため、違反しても強制力はありません。

クレジットカードが使えない店は、そういうものだと諦めるしかないんですね。
クレジットカードのマークがレジに掲示してあるなら、カード会社に連絡をすると対処してもらえる場合もあります。

しかしそれよりも、クレジットカードを使える他のお店を探したり現金を多めに持っておいたりするほうが、手っ取り早いでしょうね。

クレジットカードが使える店の見分け方は、次の記事で説明しているので参考にしてください。

支払い遅延で利用停止!すぐにカード会社に連絡して入金しよう

クレジットカードで使ったお金は、支払日に指定の口座から引き落とされます。

このときに口座に十分なお金がないと、カード会社は引き落としができず、「支払い遅延」となってしまいます。

支払いを遅延すると、場合によってはクレジットカードが一時的に利用停止となります。

給料が振り込まれる口座とクレジットカード用の口座を分けている場合など、うっかりミスで遅延が発生してしまうことも。

支払い延滞でクレジットカードが使えない場合は、すみやかにクレジットカード会社に連絡して入金をしましょう。

支払いを遅延してしまった場合、返済をすませればすぐにカードが使えるようになるんでしょうか?
いえ、実際にクレジットカードを使えるのは、クレジットカード会社が支払われたのを確認してカードの利用停止を解除してからです。

クレジットカードの利用代金を滞納したときの対処方法は、次の記事をご覧ください。

引き落とし口座の残高の不足に気がついたら、すぐに対処をしましょう。残高不足に気がついたら何をするべきかは、次の記事で紹介しています。

ついついクレジットカードを使いすぎてしまうこともありますよね。そんなときはどうしたらいいのかは、次の記事で説明しているので参考にしてください。

カード会社のセキュリティにひっかかった?カード会社に問い合わせてみよう

カード会社はクレジットカードが不正に利用されないよう、不正を監視するシステムを設けています。

そのため、カード会社のセキュリティに引っかかってクレジットカードが使えないことがあるのです。

例えば、普段よりも高額な買い物をした場合や短期間に何度も同じ店でカードを利用した場合に、カードの不正利用が疑われクレジットカードを止められることも。

不正利用防止で利用を止められた場合、カード会社が本人確認をできれば、クレジットカードが再び利用可能になります。

普通に使っているぶんには、この問題は起こらなさそうですね。
そうですね。ただ海外旅行の時は注意してください。

それまで国内でしか使われていなかったのに突然海外で利用されると、不正使用と判断されてしまう事があります。

気になる人は、海外で利用予定である旨をカード会社に連絡しておきましょう。

クレジットカードの不正利用は怖いもの。不正利用について詳しく知りたい人は、次の記事がおすすめです。

磁気ストライプやICチップの異常は拭いても使えないなら再発行

クレジットカードには、「磁気ストライプ」や「ICチップ」が搭載されています。これらでカードの情報を確認しますが、磁気ストライプなどが壊れてしまうことがあります。

磁気ストライプやICチップに異常があると、クレジットカードが支払い時に使えなくなります。

クレジットカードに汚れなどが付着していると、カード情報を正しく読み取れない事があります。カードの汚れを拭き取るだけで、使えるようになることも。

使用時に何度もエラーが出てしまう場合、磁気ストライプかICチップが完全に壊れてしまっている可能性が高いです。

こういう場合はカード会社に連絡をして、クレジットカードを再発行してもらいましょう。

ただし、自分のクレジットカードではなく、お店側のカード読取端末が故障しているケースもあります。

お店の端末が壊れている場合はどうしたら良いのでしょう。
大型店舗なら、別のレジで対応してもらいましょう。

レジが一つしかないお店の場合は、他のカードか現金で購入するしかありません。

お店の端末と自分のカード、どちらが壊れているかどう判断するんでしょうか。
他の店でも使ってみて、それでも使えなければカードに問題があると判断しましょう。

自分のクレジットカードが破損していた場合は、すぐにカードを交換しましょう。クレジットカードが破損したときの対処方法は、次の記事をご覧ください。

morebox url=”https://dietnavi.com/media/corruption/”]

ネットショッピングでは入力情報を確認!間違った情報では購入不可

インターネットで買い物をするときに、クレジットカードが使えないことがあります。

この場合、情報入力に間違いがないかを確認してみてください。

「カード番号」「有効期限」「セキュリティコード」、どれか一つでも打ち間違えていると、正常に買い物ができません。

クレジットカードの有効期限って、なぜか「年」「月」の順番じゃなくて、「月」「年」になっていますよね。あれのせいで入力間違えをしたことがあります。
それが国際基準ですからね。

よく使うサイトなら、毎回情報を入力せずにすむよう、カード情報を登録しておくと便利です。

クレカの利用限度額をオーバーした!増枠か返済で対応しよう

単にショッピング一括払いの枠が上限に達したのなら、カード会社に連絡をしてその限度額を増額すればまた使えるようになります。

一般的にクレジットカードの利用限度枠は、ホームページから一時的に増額が可能。

クレジットカードの利用回数や額が多く、支払いも遅延していない実績があれば、利用限度枠を増枠できる可能性があります。

頻繁にカードの利用限度額に達してしまうなら、クレジットカードの利用可能枠の金額を上げておくのも1つの手です。

利用可能枠の引き上げはホームページから申請できます。

クレジットカードの限度額の引き上げは、次の記事で説明しています。

しかしクレジットカードでのキャッシングや分割払いをしている人の場合は要注意。

それらの枠で利用限度額をオーバーしているか、その利用額のせいで他の枠が利用できなくなっている可能性もあるためです。

カードによって名前は違いますが「ショッピング枠」にも「ショッピング一括払利用枠」「割賦枠(リボ払いや分割払いなど)」など、支払方法ごとに利用可能な上限額が決められています。
リボ払いってなんですか?
支払回数を事前に設定しない分割払いです。

毎月の支払いをほぼ一定にできますが、手数料がかかったり利用金額によって毎月の支払額が上がるなど、注意点もあります。

リボ払いについて詳しくは、こちらの記事で解説しています。

キャッシングはお金を借りることですよね。分割払いの枠もあるんですか?
そうですね。一括払いの枠や割賦枠、キャッシング枠をまとめた総枠が利用金額の上限になるんです。

キャッシングや分割払いは、カード会社からお金を借りている状態。それらがかさむと、それだけ一括払いで使える金額が減ります。

マイページや問い合わせ窓口で、利用限度額に達している枠がないか確認しましょう。

クレジットカードの限度額については、次の記事をご覧ください。

リボ払いや分割払い、キャッシングクレジットカードの限度枠を超えた場合は、利用可能枠を増枠する以外にも「繰上返済(まとめ払い)」という方法もあります。

繰上返済ってなんですか?
リボや分割払い、キャッシングはお金を借りている状態です。

そのお金を毎月の支払日に増額したり、支払日ではない日でもまとめて支払ったりすることを指します。

繰上返済で借りている額が減れば、その分だけ利用可能額が回復します。

繰上返済した分、枠に余裕ができるためです。

また予定よりも早くお金を返すことができるため、毎月の利息を減らすことにもなります。

クレジットカードの繰り上げ返済については、次の記事で詳しく説明しています。

クレジットカードが使えない原因が何か確かめてみよう

クレジットカードが使えない場合、焦らずその原因を確かめてみましょう。

1つずつ調べていけば、どんな理由でカードが使えなくなっているか判断できるはずです。

原因が分かれば対処することも可能ですし、再びクレジットカードを使えるようになります。

ただし、支払い遅延でクレジットカードが使えなくなる場合は要注意。支払ったとしてもすぐに利用できるようになるとは限りません。

信用を落とすことにも繋がりますので、支払いの遅延はしないようにしてくださいね。

また限度枠を超えている場合は、特にリボや分割払い、キャッシングを使っている人は要注意。他の支払い枠を減らしている可能性があります。

利息や手数料もかかってくるので、先にまとめて返済するほうが最終的な負担額も少なく済みます。 参考にしてください。

※ 掲載の情報は2019年9月現在のものです。
この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る