クレジットカードの年会費無料!チェックポイントはサービスの豊富さ

クレジットカードは年会費無料がお得だからと思っても、実際年会費無料のカードなんて掃いて捨てるほどありますよね。どのカードがお得かと迷って、結局申し込めてないってことになってませんか。
あるいは、どうせ年会費無料だからと言って、たくさんのカードを死蔵しているとか。用もないのにたくさんのカードを持っていることはリスクに繋がりますから注意して下さい。

クレジットカードの持ちすぎはトラブルの元

年会費無料のクレジットカードと言うのは、結構入会キャンペーンをやっています。その特典欲しさに次々申し込んでいると、思わぬトラブルに見舞われることがあるのです。
そのトラブルを避けるのは実は簡単です。「実際に利用するカード」以外は絶対に申し込まないことです。

年会費無料のカードを次々申し込むとどうなるか

これはその人の属性によっても変わります。ある程度の年収と勤務実績があれば、少々多めに申し込んだところで、入会審査でつまずくことはないでしょう。
一方、学生やアルバイト・パート、主婦などでは数回申し込んだ段階で審査落ちするかもしれません。審査落ちすると特典がもらえないのはもちろん、信用情報に傷がついてしまいます。
もちろん、返済不能になっての信用情報の傷ではありませんから、半年で消えてくれますが、その期間が過ぎて申し込んでもまた審査落ちになる可能性は低くありません。

年会費無料のカードの場合、カード会社は当初は持ち出しになるわけですね。カードの発行や郵送にもお金がかかっています。ですから、クレジットカードを利用してもらえないと損になるのです。
特典狙いで加入だけして、カードの利用が継続しない人にはカードを発行したくないのが本音でしょう。クレジットカードは発行されると毎月の支払い状況が記録され、カード会社の間で情報が共有されます。
請求も支払いもなかったと言う情報が毎月継続している人には、年会費無料のカードの発行が見送られやすくなると考えても良いでしょう。

カードの紛失や不正利用のリスクが高まる

クレジットカードの不正利用にはいろいろなパターンがありますが、メジャーなものは次のようなものです。

  • クレジットマスターでランダムに作った番号が自分のカードと一致する
  • スキミングなどでカード情報を盗まれる
  • カードそのものの盗難・紛失で情報を盗まれる

具体的な方法はさておき、持っているカードの枚数に比例してこうしたトラブルに巻き込まれる可能性が上昇します。
特別な事情がない限り、クレジットカードの枚数は3~4枚程度に抑えておいた方が安全です。

多く持つのがトラブルの元なら厳選せざるを得ない

枚数を持てないなら、クレジットカードの利用目的に応じて最適のカードを持つしかありませんね。
その選択方法は利用目的の分類から始まります。自分がクレジットカードにどんな特典を求めるのかと言うことです。

年会費無料のカードは流通・通販・交通系に多い

堅いイメージがあって、信用度の高そうな銀行系カードや国際ブランドのプロパーカードにはほとんど年会費無料のカードはありません。

  • 流通系カード:スーパーのカード
  • 通販系カード:インターネットショッピングの提携カード
  • 交通系カード:鉄道会社の提携カード・安い年会費がかかることが多い

こうした物の中から条件を絞って、自分のための年会費無料カードを見つけて下さい。

共通の基本条件はポイント還元率1.0%以上

クレジットカードには様々なサービスがありますが、年会費無料のカードにはそれほど多くの特典は付いていません。共通するのはポイント還元くらいでしょう。
クレジットカードのポイント還元率は、関連店舗での利用で高い還元率を誇るのは普通です。それよりも、関連店舗以外で使った時の最低還元率に注目することが大事です。
クレジットカードのポイント還元率は、0.2%~1.2%くらいの間にほとんどのカードが含まれます。中には0%(ポイント還元なし)や1.25%と言うのもありますが、これは例外的な存在なのでそれほど意識しなくても良いでしょう。
基本は常に1.0%以上のポイント還元があるカードを選ぶと言うことです。

流通系のカードはポイント還元だけでなく特別セールがお得

流通系、つまりスーパーのカードはポイント還元もありますが、むしろ普段の買い物が請求時に割引になるサービスが大きいケースが目立ちます。
そうした物も還元率で考えると判りやすいかもしれませんね。

主な流通系カードは総合スーパーの系統になる

GMSと呼ばれることが多い、大手総合スーパーはそれぞれ独自のクレジットカードを持っています。

  • イオン:イオンカードセレクト
     ・年会費無料
     ・ポイント還元率0.5%~
     ・お客様感謝デー(月2回):5%割引
  • イトーヨーカドー:セブンカードプラス
     ・年会費税別500円
     ・ポイント還元率0.5%~
     ・ハッピーデー(月3回):5%割引
     ・利用が多い場合、2年後以降に年会費無料になる
  • アピタ:UCSカード
     ・年会費無料
     ・ポイント還元率0.5%~
     ・5%OFF感謝デー(月3・4回):5%割引
  • 西友:ウォルマートセゾン・アメックスカード
     ・年会費無料
     ・ポイント還元率0.5%~
     ・毎日3%OFF(ポイント付与なし)
     ・5%OFF開催日:5%割引(ポイント付与あり)

このように、ポイント還元率はいずれも低いので、対象となるお店での買い物を中心に考えて選ぶのが良いでしょう。

ちょっと変わり種の流通系カード

大きなロットで安売りをするコストコ・ホールセールでは、マスターカードブランドのカードしか取り扱いがありません。(以前はアメックスのみでした)
そして、オリエントコーポレーションと提携して、コストコ自体もカードを発行しています。
年会費無料で還元率は1.0%、コストコでの買い物は1.5%還元です。候補として考えに入れても良いカードですね。

通販系では楽天カードが非常に強力

通販と言えば今はインターネット通販がほとんどですね。もちろん、カタログ通販もありますが、クレジットカードとの親和性はインターネット通販の方でしょう。
その中でも、日本で一番取扱高の大きなカード会社となった楽天カードは注目に値します。

通販系カードはどれも1%還元を達成している

  • 楽天市場:楽天カード
     ・年会費無料
     ・ポイント還元率1.0%~
  • Amazon.co.jp:Amazon Mastercardクラシック
     ・.年会費税別1,250円(初年度無料・利用があれば翌年も無料)
     ・ポイント還元率1.0%~
  • Yahoo!ショッピング:Yahoo!カード
     ・年会費無料
     ・ポイント還元率1.0%~
  • ヨドバシ.com:ヨドバシ・ゴールドポイントプラスカード
     ・年会費無料
     ・ポイント還元率1.0%~

このように基本機能ではどれもほぼ同等です。特定のスーパーをよく利用する場合以外では通販系の方がポイント付与率が高くていいですね。

系列サイトで利用すると還元率が大幅アップ

また、それぞれの系列サイトで利用した場合ですが、Amazonカードが少し落ちます。Amazonで利用しても1.5%~2.0%還元ですが、他の3つは3.0%以上の還元になります。

家電製品をよく購入するのなら、もちろんヨドバシ・ゴールドポイントプラスカードが最強です。11%還元になる商品がたくさんラインアップされています。
逆に、さまざまなサービスを利用するなら楽天カードが強いですね。10%還元はそれほど難しくありませんし、15%還元も可能です。キャンペーン期間中であれば、最大40%を超える還元も可能です。
とは言え、現実的なのは9%~10%程度の還元率でしょう。ヨドバシと異なるところは、条件を満たせば何を買ってもその還元率が確保されることです。

交通系カードは安価な年会費が必要なことが多い

交通系クレジットカードと言えば、JR東日本・東海・西日本が発行しています。そのうち、クレジットカード会社との提携カードでないのはJR東日本の子会社が発行しているVIEWカードだけです。
ポイントの基本還元率も低いですし、年会費も必要なのであまりお勧めはできませんが、交通機関をよく利用する人なら年会費を補って余りあるかも知れません。

実質年会費無料はJR東日本と西日本

JR東海のJR東海エクスプレス・カードは、年会費税別1,000円で年会費の優遇措置もありませんですから、今回の対象カードからは外れます。
一方、東日本と西日本は優遇措置があって、実質年会費無料で利用できます。ですのでJRをよく利用する人は検討しても良いかもしれません。
ただ、電子マネーに関して優遇があるのはJR東日本の「ビュー・スイカ」カードだけで、JR西日本のJ-WESTカードにチャージポイント優遇はありません。

ビュー・スイカ・カードは定期やチャージで還元率が大きくなる

ビュー・スイカ・カードは、定期券の購入や搭載されているSuicaへのチャージでポイント還元率が1.5%になります。基本還元率は0.5%ですので、特にお得と言うことはありません。クレジットカードとしてごく普通の還元率です。
また、年会費は税別477円ですが、WEB明細の利用で600円相当のポイントが還元されますから実質無料です。
今回の話題は年会費無料のカードで「お得な物」ですから、交通系では唯一ビュー・スイカ・カードが候補になると言って良いでしょう。

年会費無料は専門性の高いカードに割合多く見られる

こうしたカードのほかに、コンビニのカードや専門店のカードの中にも年会費無料の物はたくさんあります。

  • やまやカード(お酒の量販店):0.5%還元・特約店で1.0%
  • トイザらス・ベビーザらス・カード(玩具類量販店):0.5%還元・特約店で1.0%
  • オートバックスグループザカード(自動車用品店):0.5%還元・特約店で1.0%
  • 出光カードまいどプラス(ガソリンスタンド):0.5%還元・スタンドでは給油単価値引
  • JMBローソンPontaカードVisa(コンビニ):0.5%還元・ローソンでは2%還元

このように、年会費無料ではあるものの、発行系列店舗で使わない限りあまりお得ではありません。

どんなカードでも国際ブランドが付いていれば問題ない

このようにして並べてみると、何と言っても通販系のカードがお得ですね。通販サイトは非常の数多い種類の商品を扱っていますから、優待ポイントをゲットできるチャンスが多いです。
また、国際ブランドさえついていれば、クレジットカードとしてはどこでも使えます。実は私は楽天カードを使ってAmazonでもよく買い物をしています。それでも1%はポイント還元されるのです。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る