リスク管理は解約後も!クレジットカードを気軽に捨ててはダメ

クレジットカードを解約した後のカードや、有効期限が来て新しいカードが送られてきたときの古いカードなどは、取引用としては使うことができません。でも、だからと言って気軽に捨ててはいけません。
クレジットカードには捨て方の流儀と言うものがあるのです。電動シュレッダーを持っている人なら、カード切断機能がついている物もあるので、それを利用するのも悪くありません。

クレジットカードの解約は電話で受け付けることが多い

クレジットカードを解約したいと思った場合、大抵のカード会社は電話で受け付けるようになっています。JCBのプロパーカードについては、会員専用サイトでの受付も行っているようです。
ですから、まずはカードの裏面に記載のある電話番号に電話して、カードを解約したい旨を申し入れましょう。

クレジットカードの解約はよく考えてから

クレジットカードを解約する場合、原則としてそのカードを発行しているカード会社のクレジットカードは二度と使わないと言うくらいの気持ちで解約を申し入れて下さい。
もし、同じカード会社の他のカードへの切り替えが目的で解約する場合には、新しいカードの審査に通ってから解約した方が良いですね。国際ブランドの変更をしたいときや、提携先の変更をしたいときに良く見られるパターンです。
運が悪いと、前のカードを解約してから新しいカードに申し込んだ場合、新しいカードの審査で落とされることもあります。そうなると、カードを一つ失ってしまうことになりますね。
国際ブランドの変更は、先に解約してからでないと申し込めないケースもありますが、そうした場合、解約を申し入れる電話で「国際ブランドの変更が目的である」と伝えましょう。

カード解約は電話で事情を説明した方が良い

必ずそうなるとは限りませんが、ある会社でクレジットカードを解約すると、同じ会社で再びカードを申し込んでも審査で落とされる傾向が強いと言います。
一方、解約の申し入れを行った場合、オペレータが解約の理由を詳しく効いてくることはわりあい一般的です。
これはサービスに問題があったのではないかと言う、カード会社側の情報収集が目的です。また、解約を思いとどまるよう、一度は説得されると思います。
実際にカード会社に不満があって解約する場合には、その不満の原因になった事例を詳しく説明するのが良いです。ヘルプデスクへの電話は全部録音されていますし、オペレータは詳細な報告書にして上にあげるでしょう。
また、国際ブランドの変更が目的であって、そのカード会社との契約を打ち切りたいわけではない場合、そのことを強調しておいて下さい。そうすれば解約が原因で新しいカードの審査に落とされることはないと思います。

全部自動で手続きが済むところは逆に注意が必要

電話してみたら、全部自動音声で対応され、解約を思いとどまるよう説得されない会社もあります。そうしたところは気楽に解約の申し込みができますが、逆に不満を伝えることもできません。
また、解約したと言う記録が機械的に残るだけなので、過去の解約歴が将来の再申し込みの際に不利に扱われる会社だった場合、その要素を排除することもできません。
なぜ解約したいのかと言うことと、将来的に二度とそのカードを使わないと言う気持ちがあるのかを確認してから解約して下さい。

整理をしっかりしておかないとトラブルの元

クレジットカードを解約すると、ほぼすぐにそのカードは使えなくなります。しかし、多くの場合解約後2回は支払いが必要になることを意識しておかないと、トラブルのもとです。
これは締日と支払日の関係です。また、加盟店からの請求が締日直前にあると、さらにもう一か月先の支払いになることもあるので注意して下さい。

解約と締日と支払日の関係

例えば、毎月月末が締日で、口座引き落としが26日にあるカードだった場合で見てみます。解約を4月15日に申し入れたとした場合、3月末締めの分は4月26日に引き落としになります。解約後一回目ですね。
そして、4月の解約日までに使った分は5月の26日に引き落としになるのです。この2回の引き落とし分は、通常の生活費などに上乗せされて発生してきますから、余裕の資金が必要になると言うわけです。

ここで、お金が多く必要になるのは、クレジットカードを利用し始めた時に、支払が後押しになって資金に余裕ができるのですが、その分を解約時に清算していると考えて下さい。

余裕の資金を準備してから解約に臨んだ方が良い

あまりないことだとは思いますが、他にクレジットカードの枠がないのに、毎月ある程度利用していたクレジットカードを解約するのは、毎月の利用額の2倍程度の資金が準備できてからにしましょう。理由は上でお話しした通りです。
つまり、それまでカードで支払ってきたものを、現金に振り替える必要が出てくるからです。しかも、その直前に使っていたカードの支払いも残っていますから。支払いが二重になると言う現象が起きるわけですね。
これは私の個人的な意見ですが、過去2か月くらいに1度でも使ったことのあるカードは、できれば解約しない方が良いと思います。

解約する1か月前には自動請求の設定を全部解除しておく

公共料金や各種会費など、毎月の支払いをクレジットカードで行っている場合、そのカードを解約する1か月以上前には、自動支払いの設定を解除しておいてください。
カードを解約したのに、そこに請求が行ってしまうと、支払い不能として請求元に返されてしまいます。それが公共料金ならまだしも、携帯電話料金やカード払い可能な家賃だったりすると、信用情報に瑕がつきかねません。
特に、カードを解約したと言う情報が登録された月に、別のところで未入金が記録されると、信用がガタ落ちです。別のクレジットカードなどの契約で途上与信が行われた時に、そうした悪い情報は強制解約の原因になる可能性があります。
さらに公共料金でも、解約のタイミングの直後に売り上げが立ってしまうと、時として解約後のクレジットカードに請求が行ってしまうことは珍しくありません。
これをカード会社が受け入れるとその金額は、解約したからもう請求が来ないと思っていた引き落とし口座に請求されます。そして、そこに資金がないと、やはり未入金が記録されると言うわけです。

クレジットカードの整理は良いことだが充分考えてから行動する

クレジットカードをあまりに多く持っているのは無駄ですし、紛失などの際のトラブルにもつながりかねません。ですから、ある程度の枚数に絞るのは必要です。
もちろん、それ以前に必要性のないカードを多数申し込むと言うのも、賢いカードの持ち方とは言えませんね。よく考えてから申し込んでください。

1枚だけでは心もとないので2~3枚は持っておいても良い

クレジットカードでも、カードのデータが破損したり、カード自体が傷んだりして使えなくなってしまうことがあります。そうした時に慌てなくてもいいように、2~3枚はカードを持っておくと安心ですね。
もちろん、ホテルのレストランで食事の時に、ガソリンスタンドやスーパーのブランドが入ったカードを出すのは恥ずかしいと言う人もいるでしょう。逆に、コンビニで150円のコーヒー代を払うときにブラックカードを出すのも気が引けますよね。
けれどこれは、あくまでカード破損の際の緊急避難です。カードが再製されるまで数週間かかりますから、その期間のピンチヒッターと言うことになるわけです。

クレジットカードは集める物じゃない

クレジットカードはコレクターズアイテムじゃありませんから、むやみに枚数を増やすのもよくありません。目的別に数枚持っておくと言う持ち方が、最もクレバーなクレジットカードユーザーと言えるでしょう。
特にキャンペーンに踊らされたりして申し込むことには、充分に慎重になって下さい。クレジットカードを申し込むと言うことは、信用情報に自分の個人情報を載せると言うことです。
1枚申し込むごとに、その情報は増えてしまいます。たとえ支払いに遅延がなくても、「カードを持ちすぎている」と言うことは、信用情報としてネガティブ要因になりかねないのです。

使えなくなったクレジットカードにも重要情報が残っている

クレジットカードにはカード番号と名義人氏名と有効期限、それにセキュリティコードが目に見える形で表示されています。すでに有効期限を過ぎてしまったカードでも、この情報から新しいカードの情報を推測することはできます。
そうした個人情報を悪用しようと言う人に、大切なクレジットカードのデータを与えないようにしておくと言うことはとても大切なのです。

クレジットカードの安全な廃棄のしかた

個人情報である住所が書かれたはがきなどのように、シュレッダーでみじん切りにしてしまえればいいのですが、さすがにそこまでの破砕能力があるものは、家庭用には出回っていません。
A4対応電動シュレッダーでも、せいぜい4片くらいに切断しているだけですね。それでも重要なポイントは押さえて切断してくれますから、利用するのは悪くありません。でも切断したものを捨てる時にも注意が必要なのです。

まず、カードを切断するのは、普通の事務用のはさみでOKです。硬いので手を傷つけないように軍手でもはめておくと良いでしょう。そして、はさみを入れるのは3か所で、4つに切断します。
切断するのは短辺方向にして下さい。まず左から、ICチップを切断する位置で、磁気ストライプも含めて切断します。これでICチップのデータは抜き出せなくなります。
次は氏名の間を切断します。それを別々に捨てれば名義人の名前が正確には分からなくなります。最後はカード番号の、後ろから数えて5桁目と6桁目の間を切断します。
切断が終わったら、4つの断片を4回のごみの日に分けて捨てて下さい。これでほぼ100%復元不可能な状態になります。

磁気ストライプはどこに情報があるのかが分かりにくい

磁気ストライプにはそれほど大量のデータが書かれているわけではないので、どの位置に情報があるのかが分かりにくいです。ですから、縦に4分割してしまうことで安全性を確保しているのです。
また、名義人の氏名は、氏名を分断するだけで別々に捨てれば復元はむつかしくなりますね。気になる場合はもっと細かく切っても良いです。
もし、もっと切るのであれば、切れた有効期限の数字と一緒に切りましょう。古い有効期限から新しい有効期限を推測することは可能です。
また、クレジットカード番号の最初の6桁はカード会社を示していますから、券面のデザインで番号を割り出すことは難しくありません。ですから、それ以降の番号を等分してしまうのが復元を困難にするのです。
アメリカンエクスプレスとダイナースクラブ以外は、原則16桁ですから、前半11桁と後半5桁に分けて切るのが一番いいですね。もちろん、氏名をカットする段階で、前半部分もさらに2つに切断されますから安心です。

クレジットカードもきちんと分別してゴミとして捨てる

切断したカードを捨てる時は、各自治体の分別方法に従って捨てて下さい。高温ガス炉を持っていない自治体では、ポリ塩化ビニルを燃やすと有毒ガスの発生が危惧されますので不燃ごみになるでしょう。
逆にダイオキシンまで分解可能な高温ガス炉を持っている自治体では、リサイクル可能な食品容器とは分けて、可燃家庭ごみに分別するところもあります。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る