金利が高い!クレジットカードの分割払いはよく検討してから

クレジットカードには、翌月一括払いの他に、分割払いを含めたさまざまな支払い方があります。予算的に厳しい時にはありがたいシステムですが、手数料はかなり高いです。
ですから、他の方法での購入などを検討して、クレジットカードでの分割払いが一番お得だと判断したときにだけ利用するようにしましょう。

利息制限法上限に近い手数料になっていることも珍しくない

クレジットカードの分割払いやリボルビング払いというのは、基本的に手数料という名目の金利が必要になります。そして、その利率は比較的高くなる場合が多いのも特徴です。
一方、分割払いであっても手数料が必要ないものや、翌月ではなく先延ばしの一括払いであっても、手数料がゼロのものがあるので上手に利用すると大変お得です。

クレジットカードの分割払いと金利の関係

一般の分割払いでは、商品の価格を指定の回数で支払うと言うルールになっています。ですから、その回数を支払いきったらそれで完了です。

一方で、分割払いには手数料と言う名の金利が発生します。この手数料の支払い方には2つのパターンがあります。
1つは、商品価格だけを支払回数で分割して支払い、まだ支払えていない分について毎月金利計算を行い、手数料を上乗せする方法です。これを元本均等払いと言いますが、支払が進むにつれて毎月の支払額が手数料の分減って行きます。
もう1つは、支払い完了時までの手数料を先に計算して商品価格に加算し、それを支払回数で分割する方法です。この元利均等払いと言う方法だと、最初から最後まで、毎月同じ金額を支払うことになるので、計画が立てやすくなります。
どちらがお得かと言うと、利率が同じ場合、上の元本均等払いの方が、トータルの手数料は少なくて済みます。ただし、最初のうちは支払金額が大きくなるので注意しましょう。
ただ、一般の分割払いの場合、支払総額が多くなる元利均等払い方式を採用しているカード会社が大半です。探してみましたが、元本均等払い方式のカード会社は見当たりませんでした。

また、二つ目以降の商品を分割払いで購入した場合、同じように毎月の支払いが発生しますから、その分支払金額も増えて行くと言う弱点も存在しています。

リボルビング払いは分割払いの特殊な形態

今、クレジットカードの分割払いと言うと、リボルビング払いがトレンドなのではないかと思います。これは分割払いの一形態なのですが、商品ごとに支払回数を決めるものではない支払い方法です。
リボルビング払いとは、毎月の支払額を決めておくと、利用可能枠の中でいくら買い物をしても、原則として毎月の支払いが一定になる分割払いです。
もちろん、その分返済期間が延びて行きますから、手数料負担が大きくなることは間違いありません。また、リボルビング払いと言っても、かならずしも毎月の支払いが一定になるとは限りません。
単純にそれぞれの買い物の支払い分が合計されるのではないため、安定はしていますが、残債に応じて支払いが増えて行く方式がとられることも多くなっています。
単純な分割払いにせよ、リボルビング払いにせよ、手数料の実質年率は10%を超え、15%と言う100万円以上の元本に対する利息制限法の上限金利を採用しているところも少なくありません。
ですので、いずれの方法であっても安易に利用することは慎んでください。

手数料のかからない分割払いや延べ払いが存在する

分割払いの他、特定の支払い月まで支払いを繰り延べてもらえる延べ払いと言う方法も、クレジットカードでは選べます。もちろん延べ払いでも手数料が必要なケースはありますが、手数料不要のケースもあります。
また、翌月・翌々月の2回分割払いについては、原則として手数料がかかりません。ですから、上手に利用することで、払いやすくお得な方法と言うのが選べるようになっています。

手数料がかからないのは加盟店が支払いを待ってくれるから

通常のカード利用の場合、カード会員がクレジットカードを利用すると、その請求額は売上票データになってカード会社に送られ、そこから加盟店が支払う手数料を差し引いて、締日ごとに振り込まれるようになっています。
この支払いタイミングは、カード会員への請求タイミングとは異なり、わりあい早い段階で支払われているようです。つまり、その間はカード会社が立て替えているんですね。
これは一概には言えませんが、2回分割払いについては、分割払い対応日に応じて加盟店への支払いも2回に分割されます。つまり、カード会社の金利負担は通常の1回払いと同じと言うことになります。
一方、加盟店にしてみれば、カード会社が分割払いの保証人になってくれているような状況ですし、分割払いを可能にしておくと高額商品が売りやすいと言う状況も出来上がりますね。
ですから、2回分割払いについては、加盟店がそれを受け入れているところでしか使えません。もし2回分割を利用したいと思う場合は、事前に電話やネットで確認しておいて下さい。
なお、3回以上の分割払いに手数料なしの制度はありません。

ボーナス一括払いも手数料不要だが使えない時期もある

ボーナス一括払いと言うのも、多くのクレジットカードにある支払方法です。分割払いではありませんが、ボーナスの時期まで支払いを待ってもらえるのはありがたいですね。
しかもボーナス一括払いにも手数料はかかりません。これも、加盟店の側がボーナス時期までカード会社からの支払いを待ってくれるからです。したがって、ボーナス一括払いも使える店と使えない店があるので、事前の確認が必須です。
カード会社によってはボーナス2回払いとか、回数指定分割払いのボーナス時増額支払いとかの制度が準備されていることもありますが、こちらには手数料が必要になります。
また、ボーナス一括払いは、カード会社ごとに利用時期と支払時期が限定されていることが多いです。詳しくは各カード会社の案内を見て下さい。カード会社ごとに細かく規定が異なっています。

分割払いの手数料は分かりやすく係数で表示されている

分割払いの手数料がいくらになるのかは大変気になるところですが、元金がだんだん減ってゆくところから、支払日ごとに手数料も変わってきます。それを均等払いにするのですから計算が複雑になりますね。
そこで、各カード会社はそれを一目でわかるように表示してくれています。

手数料の実質年率は回数が増えるほど高くなる傾向にある

手数料の実質年率は、10%から15%くらいの範囲で、分割回数が少ないほど低い利率になっていることがほとんどです。
また分割回数ですが、三井住友カードなどは最大で24回まで、楽天カードや一部の地銀系カードでは36回まで、イオンカードなどでは60回までの分割が可能です。
手数料率も、三井住友カードでは12.00%~14.75%、楽天カードでは12.25%~15.00%なのに対して、イオンカードでは10.05%~12.04%と、かなり割安になっています。
ただ、この利率の数値だけではちょっとわかりにくいですね。そこで、各カード会社は「利用代金100円当たりの分割払手数料」と言うものを公式サイトなどに表示しています。
ここで同じ回数の分割払いを見比べれば一目瞭然ですし、自分のカードで何回分割にすればいくら支払うことになるのかもすぐにわかります。
楽天カードの例で見てみましょう。もっと細かく区分はあるのですが、取りあえず半年刻みで見てみます。

支払回数 6回 12回 18回 24回 30回 36回
支払期間(か月) 6 12 18 24 30 36
実質年率(%) 13.75 14.75 15.00 15.00 15.00 15.00
利用代金100円当たり
の分割払手数料(円)
4.08 8.16 12.24 16.32 20.40 24.48
この表の中で、「利用代金100円当たりの分割払手数料」に注目して下さい。仮に20万円のパソコンセットを36回払いで購入したとします。
その場合、手数料の金額は (200,000÷100)×24.48=48,960円 になります。これに商品代金の200,000円を加算すると、248,960円になりますね。それを36回で割った6,915円が1回当たりの支払金額になります。
なお、この場合0.56円ほどの端数が出るため、それは減算しています。そして、それを36倍すると20円になるため、初回の支払額はその分を加算した6,935円になります。

実質年率が低いとその分手数料は安くなる

上の例は手数料が高い楽天カードの例ですが、おなじように流通系カードであるイオンカードは実質年率が低く、しかも回数の選択肢が広いカードです。楽天カードでは上限が36回(3年)なのに対してイオンカードでは60回(5年)まで選択できます。
イオンカードで同じシミュレーションをやってみましょう。イオンカードの場合36回払いの実質年率は12.34%と楽天カードより2.66%低い利率になっています。利用代金100円当たりの分割払手数料は20.16 円です。
上と同じように計算してみると、手数料の金額は、手数料の金額は (200,000÷100)×20.16=40,320円 つまり総額で楽天カードより8,640円安くなります。
これに商品代金の200,000円を加算すると、240,320円になりますね。それを36回で割った6,675円が1回当たりの支払金額になります。
また同じように毎回0.56円ほどの端数が出るため、それは減算しています。そして、それを36倍すると20円になるため、初回の支払額はその分を加算した6,695円になります。
36回払いで毎月240円の差が出るのはバカにできません。ですので、分割払いを検討するときは、手持ちのカードの中で最も手数料利率の低いところを選ぶようにしましょう。
但し、楽天カードを楽天市場で利用し、条件を満たすと7%以上のポイントバックが得られるケースもあります。この場合だと14,000円相当ですね。そのあたりも計算に入れておきましょう。

クレジットカードの分割払いより目的別ローンの方がずっとお得

例えば、三井住友銀行の無担保型フリーローンは、10万円以上300万円以内の借り入れができて、返済期間は1年以上10年以内です。変動金利型ですから市場の状況に応じて金利は変わりますが、2018年4月1日現在で年5.975%です。
クレジットカードの分割払いの半分以下ですね。もちろん、用途にある程度の縛りはありますが、旅行代金でも家具の購入代金でも使うことができます。
今回は詳細をお話ししませんでしたが、リボルビング払いを含めて、手数料が必要になる分割払いを利用する前に、カードローンを除く銀行などのローンを検討するのがお勧めですね。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る