ビックカメラSuicaカードは最大11.5%の超高還元率カード!

交通系ICカードといえばSuicaが有名ですが、そのSuicaとビックカメラのカードが一つになったビックカメラSuicaカードはご存じですか。

このビックカメラSuicaカードはJR東日本とビックカメラを頻繁に利用する人に特におススメしたいカードなんです。

しかも、他のクレジットカードよりもポイント高還元率なので、使えば使うほどお得となっています。

この記事では、持っていて損がないビックカメラSuicaカードの魅力についてご紹介しますね。

この記事の目次

ビックカメラSuicaカードの魅力とは?ポイントの還元率が非常に高い!

ビックカメラSuicaカード

ビックカメラSuicaカードはJR東日本の子会社であるビューカードがビックカメラと提携して発行しているカードです。

そんなビックカメラSuicaカードは持つことでどんなメリットがあるのでしょうか。まずはその魅力について見ていきましょう。

まずは知っておきたいビックカメラSuicaカードの基本情報

ビックカメラSuicaカードの基本情報は以下の通りとなります。

ビックカメラSuicaカードの基本情報
カード情報 内容
国際ブランド JCB、VISA
年会費 初年度無料
2年目以降477円(税別)
※ただし、前年度年1回の利用で2年目以降無料
申込資格 満18歳以上(高校生不可)
日本国内に住所がある
電話連絡が取れる
家族カード なし
ETCカード 年会費477円(税別)
保険 海外旅行保険:自動付帯(最大500万円)
国内旅行保険:利用付帯(最大1,000万円)
その他の保険 なし
電子マネー Suica
ポイントの種類 ビックポイント
JREポイント
ポイント還元率 1.0%~11.5%

ビックカメラSuicaカードには以下のように多くの魅力があります。

ビックカメラSuicaカードの魅力
  • 年会費は無料
  • 審査は条件さえ満たせば誰でも申し込み可能
  • 便利なオートチャージ機能搭載
  • Apple Payの利用が可能
  • 「VIEW`s NET」の利用でポイントが貯まる
  • モバイルSuicaは年会費無料
  • 不正利用の際も手厚く補償
  • 海外保険が自動付帯
  • 国内保険も付帯
  • ビュー会員限定特典付き

次からは、それぞれの魅力について詳しくご紹介します。

年会費は初年度無料!2年目以降も年一回の利用で無料に

ビックカメラSuicaカードの初年度の年会費は無料です。また、次年度以降は年会費は477円(税抜)かかりますが、年一回利用で無料となります。

ビックカメラSuicaカードの審査は条件さえ満たせば誰でも申し込み可能

これだけのポイント高還元率を誇るビックカメラSuicaカードなので、審査基準も厳しいのでは?と思われがちですが、実はクレジットカードによくある審査はありません。

ですが、一定の条件を満たす必要があります。

  • 日本国内に住所がある
  • 電話連絡が取れる
  • 満18歳以上である(高校生不可)

この3つを満たせば、ほぼ誰でも申し込むことが出来ます。ただ、未成年者は親権者の同意が必要となるので注意してください。

店頭または公式サイトから申し込むことが出来ますが、店頭申し込みは特定の店舗でしか出来ないので申し込み前に確認しておきましょう。

ビックカメラSuicaカードはオートチャージ機能で残高の心配なし

ビックカメラSuicaカードにはオートチャージ機能が搭載されています。

オートチャージとはSuicaの残高が設定金額以下になると、改札にタッチするだけで自動的に設定金額がチャージされるという仕組みです。

そのため、Suicaの残金が足りず、改札で立ち止まるということがありません。

オートチャージは「どのくらいの残高になったら」、また「いくらチャージするか」をそれぞれ設定することが出来ます。

どちらも1,000円~1万円までの範囲で1,000円単位で細かく設定でき、大変便利ですよ。

しかも、利用する度にJRE ポイントが貯まるので、ぜひ活用したい機能です。

また、オートチャージをした場合、ポイントが3倍となるので、1,000円(税込)につき15ポイントものポイントが貯まり、かなりお得です。

設定金額の変更や解除をしたい場合はJR東日本エリア内の駅にあるATM「VIEW ALTTE」(ビューアルッテ)を利用することで解決します。

また、ビックカメラの次の店舗にVIEW ALTTEが設置されています。

  • ビックカメラ赤坂見附駅店
  • ビックカメラ名古屋駅西店
  • ビックカメラ天神 2号店

買い物のついでに変更や解除を行なっても良いかもしれませんね。ぜひ活用してみましょう。

ビックカメラSuicaカードならApple Payの利用も可能!

ビックカメラSuicaカードが嬉しいのは、Apple Payも利用出来る点です。

iPhoneにビックカメラSuicaカードを登録すれば、オサイフケータイとして携帯で支払いをすることが可能となります。

ただ、この時注意して欲しいのですが、ビックカメラ店頭でApple Payを利用すると電子マネーの支払い扱いとなるので、通常ビックカメラSuicaカードで支払う際の還元率が10%のところ、2%下がり、8%の還元率となってしまいます。

そのため、ビックカメラ店頭での支払いの場合はApple Payの使用は避けた方が良いでしょう。

「VIEW’s NET」を利用するだけでポイントが貰える!

ビックカメラSuicaカードには「VIEW’s NET」と呼ばれるWeb明細サービスがあります。

Web明細を利用すればスマホやパソコンですぐに利用履歴を確認できるので、郵送の明細書よりも便利なサービスです。

この「VIEW’s NET」ですが、利用するだけで毎月50JREポイントが貰えます。

50ポイントと聞くと少なく感じるかもしれませんが、年間で600ポイントにもなるので登録しておいて損はありませんよ。

モバイルSuicaの年会費が無料&還元率は1.5%

ビックカメラSuicaカード会員なら通常1,030円(税込)のモバイルSuicaの年会費も無料となります。

モバイルSuicaへのチャージも通常のSuicaチャージと同じく、ポイント3倍(還元率1.5%)になります。

モバイルSuicaはAndroidだけでなく、次のApple機種にも対応しています。

  • iPhone 8 NEW
  • iPhone 8 Plus NEW
  • iPhone X NEW
  • iPhone 7
  • iPhone 7 Plus
  • Apple Watch Series 3 NEW
  • Apple Watch Series 2

紛失・盗難の際の不正利用も手厚く補償!

もしカードを紛失してしまった場合、心配なのが不正利用ですよね。しかし、ビックカメラSuicaカードなら、その面も安心です。

不正利用があった場合、紛失・盗難の連絡があった日の前日から起算して60日前にさかのぼり、不正利用された分を補償してくれます。

そのため、不正利用がわかった場合はなるべく早く連絡するようにしましょう。

他に、ネット通販等でビックカメラSuicaカードの番号や有効期限等が漏洩し、カードを使われてしまった場合も不正利用とされ、補償してくれるので安心ですよ。

ビックカメラSuicaカードは海外旅行保険が自動付帯されている

ビックカメラSuicaカードには海外旅行保険が自動付帯されています。その内容は次のとおり。

ビックカメラSuicaカードの海外保険の内容
補償内容 補償額
死亡、後遺障害 最高500万円
障害治療 50万円限度
疾病治療 50万円限度

ビックカメラSuicaカードは国内旅行保険までも充実!

ビックカメラSuicaカードの魅力の1つは海外旅行保険だけでなく、国内旅行保険までも付帯されている点です。

ビックカメラSuicaカードの国内旅行保険の内容
補償内容 補償額
死亡・後遺障害 最高1,000万円
入院 日額3,000円
手術 入院保険金日額の5倍または10倍
通院 日額2,000円

ただ、こちらは海外旅行保険とは違って利用付帯となりますので、乗車券等の料金やツアー代金をビックカメラSuicaカードで支払った場合にのみ適用されます。

年会費が無料でこれだけの保険があるのは大変魅力的ですね。普段あまりビックカメラを利用しない人でも、メリットは大きいのではないでしょうか。

ビューカード会員限定特典も受けられる

ビックカメラSuicaカードがあれば、ビューカード会員特典も受けられます。

以下でご紹介するのはほんの一部ですが、暮らしの中で役立つ多くのものが特典となっています。

  • JR東日本ホテルズ:宿泊基本料金最大20%オフ
  • JRホテルグループ:宿泊基本料金10%オフ
  • 東急ホテルズ:宿泊基本料金10%オフ
  • つるや吉祥亭 オリジナルショップ:ご利用総額(税込)より5%オフ
  • 駅レンタカー:基本料金10%オフ
  • GALA湯沢スキー場:場内リフト券(1日・2日券)10%オフ
  • カラオケ店舗「JOYSOUND直営店」:会員料金よりルーム料金30%オフ
  • ネットカフェ店舗「ゆう遊空間」:会員料金よりネットカフェ施設利用料30%オフ
  • しゃぶしゃぶ すきやきダイニング天空:ご利用金額の総額10%オフ
  • 楽蔵などの第一興商:飲食代10%オフ

上記でご紹介した以外にも様々な優待特典があるので、ぜひ公式サイトで確認してみて下さい。

ビックカメラSuicaカードの還元率は高い?ポイントについて説明

ビックカメラSuicaカードはその名の通りビックカメラはもちろん、様々な店舗、公共料金等の支払い等でポイントを貯めることが出来ます。

ですが、店舗や支払い方法によってポイント還元率が異なってくるため、それによりポイントの貯まりやすさも大きく違ってきます。

よりお得に使いこなすためにも使用前にビックカメラSuicaカードの還元率についてぜひ知っておきましょう。

次はビックカメラSuicaカードのポイントの貯め方や還元率について詳しくご紹介しますね。

ビックカメラSuicaカードは2種類のポイントが貯められる

ビックカメラSuicaカードは利用することで、「ビックポイント」と「JRE POINT」の2種類のポイントを貯めることができます。

貯まったポイントは以下のようにそれぞれ1ポイント1円として対象の店舗で利用することが出来ます。

1ビックポイントは、1円としてビックカメラ各店舗、ネットショップ「ビックカメラ.com」で利用可能。

1JREポイントは1円としてJREポイント加盟店で利用できるんです。

ビックカメラ・コジマ・ソフマップ以外での使用で1.0%の還元率!

まず、国内外のview、JCB、VISAマークのあるお店・公共料金でビックカメラSuicaカードを使用し、決済をした場合ですが、1.0%のポイントが還元されます。

ビックカメラSuicaカードは使用時、以下の2種類のポイントが付く仕組みとなっていて、それぞれを合計した1.0%が還元されるのです。

  • ビックポイント:0.5%還元
  • JREポイント:0.5%還元

→この2つを合計して1.0%!

このポイント還元率は多くのクレジットカードの中でも高めとなっています。

ビューカードの基本還元率は0.5%なので、0.5%のポイントが上乗せされたビックカメラSuicaカードは大変お得な還元率なのが分かりますね。

Suicaへのチャージ・切符・定期券購入等で還元率1.5%

viewマークのあるJR東日本みどりの窓口・びゅうプラザ・指定席券売機・Suicaへのチャージで、ビックカメラSuicaカードを使用した場合は1.5%のJREポイントが還元されます。

また、先程も書きましたが、オートチャージでも同様に1.5%のJREポイントが還元されます。

ビックカメラやコジマ、ソフマップだとさらにお得な10%の還元率!

これだけの還元率を誇るビックカメラSuicaカードですが、一番お得なのはやはりビックカメラ、コジマ等で使用した場合です。

その場合、ポイント還元率はなんと10%にもなります。

ですが、これよりさらに還元率を上げる方法があります。次で説明していきましょう。

チャージしたSuicaで支払いすれば還元率は驚異の11.5%!

ビックカメラやコジマでさらに還元率を上げるなら、それはチャージしたSuicaで支払うことです。

こうすることでSuicaをチャージした時の1.5%とビックカメラでのSuica利用の10.0%で合わせて11.5%もの還元率を得ることが出来ます。

  • Suicaチャージ:1.5%
  • Suica利用:10.0%

→合計して11.5%

10.0%の還元率でも充分高いですが、さらに1.5%上がるのは大きいですよね。

ビックカメラ、コジマで買い物する際はよりお得なSuicaチャージしたカードで決済することをおすすめします。

クレジットカードのポイント還元率は大体が0.5%で、高くても2~3%なので、それから見ると11.5%は驚異の還元率ということが分かります。

貯まったビックポイントやJREポイントはSuicaへ交換することが可能

ビックカメラ等の支払いで貯まったビックポイントやJREポイントはSuicaへと交換することが出来ます。

  • 1,500ビックポイント→Suica1,000円分
  • 1JREポイント→Suica1円分

また、この他にJREポイントもビックポイントへと交換することも出来るので、自分のライフスタイルに合わせてポイントを無駄なく使いこなせますよ。

JREポイントは乗車日や乗車区間を問わず、一律700ポイントでSuicaグリーン券に交換することもできます。

ビックポイントもJRE POINTも有効期限は実質無期限

先程もご紹介しましたがビックカメラSuicaカードでは利用することでビックポイントとJRE POINTの2種類が貯まります。

通常、有効期限は2年間とされていますが、どちらも利用さえしていれば有効期限は実質無期限となります。

  • ビックポイント:最後の利用から2年間有効
  • JREポイント:最後にポイントを獲得、または利用した日から2年後の月末まで有効

ただ、キャンペーンなどで獲得したJRE POINTの中には期間限定ポイントと言って、利用しても期限が延長されないものもあるので注意してください。

ビックカメラSuicaカードのデメリットや注意点を説明

上記でご紹介した通り、ビックカメラSuicaカードは還元率が高く、大変魅力的なカードです。

ですが、そんなビックカメラSuicaカードも良い面ばかりがあるわけではありません。

この章では、ビックカメラSuicaカードのデメリットや注意点について紹介します。

SuicaはJR東日本の改札でしかオートチャージが出来ない

大変便利なオートチャージ機能ですが、オートチャージが出来るのはJR東日本の改札のみに限られます。

もっとも、JR東日本以外でも電子マネーとして使えますが、オートチャージの面から言えばJR東日本以外は対応していないのです。

また、駅の券売機やVIEW ALTTEといったチャージ出来る場所もほとんどがJR東日本のエリア内に集中しているため、JR東日本エリア外の人にとっては逆に不便さを感じてしまうでしょう。

ビックカメラSuicaカードは1年に1度は利用しないと年会費がかかる

上記でも軽く紹介しましたが、ビックカメラSuicaカードは年一回の利用で年会費は無料となります。

ですが、逆に言えば年一回でも利用がないと年会費がかかってしまうということ。そのため、年会費をかけずにいるためには必ず年1回利用しなければなりません。

ただ、ビックカメラSuicaカードは多くのお店で使えるので、コンビニで1度買い物するだけでも年会費は無料となります。

使う金額が関係ないのは嬉しい点ですね。

ビックカメラSuicaカードには定期券機能が使えない

ビックカメラSuicaカードは「ビュー・スイカカード」と違い、定期券機能が付帯されていません。

そのため、通勤や通学などで定期券を使う方はビックカメラSuicaカードと定期券の2枚同時に持たなければならなくなります。

財布を軽くしたい方には少々不便さを感じてしまうでしょう。

ただ、モバイルSuicaを使えば定期券とSuicaを1つにまとめることが出来ます。

また、Apple Payでも同様のやり方が出来るのでそれほど気にする必要はありません。

モバイルSuica対応の携帯を持っていない場合や定期券一体型のクレジットカードが欲しい場合は、定期券機能付きの他のクレジットカードを用意しましょう。

定期券と一体型のクレジットカードを探している人は、ビュー・スイカカードを検討してみましょう。

ビックカメラSuicaカードの海外旅行保険は補償額が心もとない

ビックカメラSuicaカードには海外旅行保険が付帯されていますが、補償額は50万円と少ないです。

海外で怪我や病気に見舞われた場合、100万円単位で治療費がかかることもあるので、それから見れば50万円は少ないと感じてしまうでしょう。

また、携行品障害や賠償責任などへの保証も付いていないため、ビックカメラSuicaカードだけを持って海外旅行するのは不安があります。

そのため、海外旅行する際はビックカメラSuicaカードの他に海外旅行保険が充実したカードをサブとして持っていくことをおススメします。

ビックカメラSuicaカードのETCカードは年会費がかかる

ビックカメラSuicaカードにはETCカードを追加することが出来ますが、年会費が500円(税別)掛かります。

ですが、ETCカードの利用でもJREポイントが0.5%貯まるので、有料道路を利用する機会が多い人にとってはそれほどデメリットとは言えないかもしれません。

ただ、中にはETCカードを年会費無料で発行しているカードもありますので、ETCカードの追加を考えている方は検討してみて下さい。

ビックカメラSuicaカードの仮カードにはSuica機能がない

ビックカメラSuicaカードでは一部のビックカメラ店舗から申し込んだ場合に限り仮カードが即日発行されます。

発行当日からビックカメラやコジマでのお買い物に使えて大変便利ではあるのですが、Suica機能は付帯されていないため、Suicaとしては利用できません。

また、利用限度額も10万円に設定されているため、それより高額な買い物は出来なくなっています。

ですが、本カードが発行されればこの問題は解決されるので、それまでのデメリットです。

ビックカメラSuicaカードは他のクレジットカードには類を見ない高還元率!

この記事ではビックカメラSuicaカードの魅力や注意点などについて紹介してきました。

何と言ってもこのカードの魅力は、最大で11.5%と高還元率なところです。

数あるクレジットカードの中でもここまで高還元率なカードは、なかなかないのではないでしょうか。

また、Suica利用でもポイントが還元されるので、普段から鉄道の利用が多い方も持っていて損のないカードとなっています。

さらに2種類のポイントが貯まるので、ポイントの二重取りもできて、大変お得ですよ。

ビックカメラでお買い物をすることが多い方やJR東日本エリアに住んでいる方は、ぜひビックカメラSuicaカードを活用してみてはいかがでしょうか。

※ 掲載の情報は2019年8月現在のものです。

あなたのコメントをどうぞ!