オーストラリアのクレジットカード。手数料を取られるのが普通!

オーストラリアと言えば、日本とは季節が逆になることがよく知られています。あなたもいい気候を求めてオーストラリアに旅をされるのでしょうか。

外務省の危険情報も出ていませんし、英語が使えるし、気軽に旅行先として選べる外国ではあります。

オーストラリアでは、クレジットカードが使えるお店は多くあります。ですが、クレジットカードに関わる犯罪もあるので、注意して使うようにしましょう。

クレジットカードの加盟店手数料が利用客に転嫁される

日本ではカード会社と加盟店の間の契約で、現金客とクレジットカード客の間に金銭的な差をつけてはいけないことになっています。

つまり、現金であろうとカードであろうと、10,000円のものは10,000円なのです。

しかし、オーストラリアでは法律で手数料を商品価格に上乗せしても良いことになっています。

ですから、クレジットカードの明細を見て「手数料」と書かれた金額が出ることもあります。

手数料無料でない限り店頭にその旨が表示されている

オーストラリアではカード手数料が商品価格に上乗せされるそうですが、無料のお店はないのでしょうか。
もちろんありますよ。値段で勝負しているようなお店では、カード手数料はお店が負担します。

また手数料を取るお店ではその旨をはっきり表示する義務があるので、すぐに分かると思います。

クレジットカードの手数料を商品価格に上乗せするお店では、”Credit Card Surcharge” などと言う言葉がレジなどに大きく表示されています。表現は様々ですが、次のようなフレーズに注意して下さい。

  • incur surcharges
  • incur service fee

もちろん、この前に “not” が入っていたら「手数料無料」です。

手数料率はお店とカードの国際ブランドによって変わりますので一概にいくらということはできません。だいたい0.3%~5.0%くらいの間になるでしょう。

VISAとマスターカードは手数料安いので、VISAとマスターカードのどちらかを持っているといいでしょう。

おすすめのクレジットカードは、「MUFGカード ゴールド」です。詳細は次の記事をご覧ください。

オーストラリアのタクシーは手数料が高いので現金がおすすめ

オーストラリアのタクシーはクレジットカードが使えます。

しかし、手数料として5%以上は請求されるので、クレジットカード払いはおすすめできません。

タクシーに関しては現金払いと決めておくほうが良いですね。

また、公共交通機関ですが、クレジットカードは使えませんので、小銭で支払うことになります。

ある程度回数を使うのであれば、プリペイドカードが発売されていますので、それを買っておくと便利です。

オーストラリア国内で長距離列車に乗る場合は、事前に日本で予約してチケットを買っておくと良いですね。日本でカード決済すれば手数料は必要ありません。

発行してもらったEチケットとパスポートを持って駅に行けばOKですが、長時間の乗車になるので荷物がちゃんと積めて、そこそこ快適なコンパートメントが使えるグレードを選ぶことをおすすめします。

オーストラリアでレンタカーは交通手段として悪くない

オーストラリアはイギリス連邦の加盟国。ですから、左側通行・右ハンドルです。

日本人にとって非常に運転しやすい環境だと言えるでしょう。

もちろん日本の免許をベースに、事前に国際免許を申請して取得しておけば、オーストラリアでも問題なく運転できます。

オーストラリアでレンタカーを借りる場合に注意することがいくつかあります。

  • 21歳以上であること(21歳未満は借りられないことが多い)
  • 25歳以上かどうか(25歳未満は車種が限定される)
  • 必ず任意保険に加入すること
  • クレジットカードはVISAかマスターカード
  • 日本から予約することができる

ですので、若い方は事前に良く調べてからでないと当てが外れるかもしれません。

デビットカードもクレジットもコンタクトレスカードOKで便利

オーストラリアは、VISAとマスターカード以外の国際ブランドは使えたり使えなかったりと言う状況です。

しかし、近年コンタクトレスカード(非接触式カード)の普及に伴って、全ブランドが使いやすくなってきたようです。

ただし、ダイナースクラブはコンタクトレス決済に対応していませんし、オーストラリアのシステムが銀聯やDISCOVERのコンタクトレスに対応しているかどうかは分かりません。

4大国際ブランドが使いやすくなっていると言える

コンタクトレスカードって、名前は聞いたことがありますが、使ったことがないのです。実際にはどんな風に使う物なのでしょうか。
リップルマークと言うものが付いたカードを、同じマークの読み取り機に電子マネーのようにかざすだけです。一定金額以下ならPIN(暗証番号)も不要ですよ。

リップルマークはWiFiマークを横倒しにしたようなもので、日本語に訳すと「さざ波印」です。これが付いている読取機はNFC-A/Bと言う規格に準拠していて、同じマークのクレジットカードやデビットカードを読み取れます。

オーストラリアでは、コンタクトレスカードは5大国際ブランドのうちダイナースクラブを除いたものに対応していますから、JCBやアメックスも使えるます。

まずは自分の持っているクレジットカードやデビットカードを見てみましょう。リップルマークが付いていれば「かざす決済」に対応しています。

いまのところカードの有効期限が来たものから順次コンタクトレス決済対応カードに交換されているようですが、VISAデビットが最も進行具合が早いようです。

オーストラリアのホテルやレンタカーではデビットカードは使えない

100%と言うわけではありませんが、デビットカードではホテルのデポジットやレンタカーの申し込みには使えないことが多いです。

これは「クレジットカードの審査に通った人」と言う身元保証的な要素がデビットカードにないことと、デポジットであっても即座に口座から引き落とされて、返金の時に口座にお金が戻るのが遅いからと言う理由もあります。

ですので、街で少額の買い物をするコンビニなどではPIN/サインレスでOKの、デビットカードのコンタクトレス決済がお勧めです。

一方、ある程度以上の金額になる、良いレストランやレンタカーなどはクレジットカードを使って下さい。

オーストラリアではめったに現金が必要になるケースはありません。もともとチップの習慣もなかったくらいですが、いまではレジにチップジャーが置いてあることもあるので、そこに入れるお金ぐらいでしょうか。

観光市場的になってきているシドニー・フィッシュ・マーケットは基本的には現金だけです。スクールや駐車場はVISAとマスターカードが使えますが、手数料が2.5%必要です。

こうしたケースもありますので、100オーストラリアドル(約7,800円)程度を、5ドルと10ドル札で持っておけば良いと思います。お釣りで出てくるコインはチップなどに使いましょう。

その他、屋台やフードトラック、プリペイドカードを持っていない時の路線バスなどは全部現金になります。

オーストラリアではVISAとマスターカードは必携!

このように、オーストラリアでもVISAとマスターカードが最強であることは各国と同じです。

でも、コンタクトレスカードの普及に伴って使いやすくなってきたJCBやアメックスを持っているのならそれも持っていきましょう。

オーストラリアも安全な国ではありますが、日本人は現金が好きだと思われているので、スリや置き引きに狙われやすいです。財布やバッグは使わず、カードも現金も複数のポケットなどに分散して持っておいて下さい。

オーストラリア旅行記事で良く誘導されるハイローはお勧めしない

オーストラリア情報を検索していたら、よく「ハイロー」と言う物への誘導が目につくのですが、これはオーストラリアドルが有利に入手できるものなのでしょうか。
いいえ、これはハイリスクな投機商品です。オーストラリア旅行とは何の関係もありませんので、旅行を考えている時には無視しておいて下さい。

ハイローは、バイナリーオプションと呼ばれる投機性の高い(バクチになる)金融商品です。もちろん、きちんと金融庁に登録してある業者なら違法性はありません。

しかし、多くの場合海外業者は日本ではなく、その業者の国での登録が多いのです。そのため、国民生活センターが「海外業者とのバイナリーオプション取引にご注意ください!」と警告を発しています。

旅行資金まで失わないよう、遠ざけておいた方が良いと思います。

留学は日本のカード赴任は現地のカード

オーストラリアでクレジットカードを作るには、住所はもちろん、所得が証明できないと発行するのは難しいです。

留学の場合は日本の親御さんなどに相談して、日本のカードでやりくりして下さい。

  • 日本から持って行った生活資金を銀行に預けて口座を開く
  • その口座を給料の受け取り口座にする
  • 給料の振込み実績が数か月分出来たらカードを申し込む

おそらく口座を作った段階でデビットカードが発行されるでしょう。事前に情報を集めて、できるだけカードが作りやすい銀行を選ぶと良いと思います。

オーストラリアはどんどんカードが使いやすくなっている

このように、オーストラリアはほとんど現金を使わずに生活できるようになってきてはいます。しかしながら、やはりVISAとマスターカード以外は制約が付いてしまうのはやむを得ないでしょう。

JCBやアメックス、ダイナースクラブはサブカードとして持って行くのが確実だと言えますね。

※掲載の情報は2019年1月現在のものです。

あなたのコメントをどうぞ!