au WALLETとクレジットカード。チャージ可能カードは少数

au WALLET と言うカードのアクセプタンスマークを店頭で見ることも増えてきました。au 契約者の人なら案内が届いているので知っている人も多いかと思います。

とは言え、まだまだ知名度・使い勝手ともに充分知られたカードではないので、どんなものなのか詳しく見ていきましょう。ショッピングサイトやポイントプログラムもあるんですよ。

au WALLET は au ユーザーであることが入会資格のサービス

au WALLET は、もともと au 会員のために始まったサービスです。

現在では入会時の資格として au 会員であることが求められますが、au を解約しても au WALLET 自体は利用を継続できます。

とは言えサービスの一部が使えなくなるので、au 会員であった方が有利なのは確かです。それに、携帯電話の会員だけでなく固定回線の会員でも問題なく利用できるのです。

au WALLET はプリペイドカードを中心にした複数のサービス

au WALLET は電子マネーじゃなくてプリペイドカードだったんですね。そして、それ以外にもサービスがあったとは知りませんでした。
はい、felica を搭載していませんし、NFC は搭載しているものの、お店が対応していません。

つまりかざして使うことができないプリペイドカードなんです。

au WALLET は「国際ブランド・プリペイドカード」に分類されるペイメントカードです。

なので、国際ブランドであるマスターカードの加盟店であれば、世界中で利用することができます。

au WALLET には次のようなサービスが準備されています。

  • au WALLET プリペイドカード(マスターカード)
  • au WALLET クレジットカード(マスターカード・VISA )
  • au WALLET ゴールドカード・クレジット(マスターカード・VISA )
  • au WALLET Market(ショッピングサイト)
  • au WALLET ポイントプログラム

いずれも、auID が必要となりますので、一部の例外はあるものの原則として au 会員のためのプログラムです。

auID の取得は au 携帯や au スマホだけが対象ではない

au と言えばスマホを連想しますが、auID は次のサービスを利用している人に発行されます。

  • au 携帯電話/スマホ
  • au ひかり/au ひかり ちゅら
  • au one net
  • マンションプラス電話
  • ケーブルプラス電話
  • ホームプラス電話

ですから、スマホは MVNO (格安スマホ)を利用していても、ネット回線や固定電話で au を利用していれば、au WALLET のサービスが利用できます。

残高 100 万円までチャージ可能なプリペイドカード

au WALLET プリペイドカードは、チャージ残高の上限が 100 万円と、かなり大きめに設定されています。これなら店頭でクレジットカード代わりに使うことも可能ですね。

もちろん国際ブランドのマスターカード・プリペイドですから、海外でも利用することが可能です。

複数のチャージ方法に対応しているので便利なものを選ぶ

au WALLET プリペイドカードにチャージするにはどんな方法があるのでしょう。
かなり多くの方法がありますが、クレジットカードによるチャージは対応カードが少し限定的になりますね。

au WALLET プリペイドカードへのチャージ方法は次のようなものがあります。意外に多岐にわたっていますね。

  • au かんたん決済(通信料金と合算して請求される後払いチャージ)
     ・~12歳:月額 1,500 円まで
     ・13~17歳:月額 10,000 円まで
     ・18~19歳:月額 20,000 円まで
     ・20歳~:月額 100,000 円まで
  • じぶん銀行の口座からチャージ
  • 利用可能なクレジットカードでチャージ
  • WALLET ポイント・au ポイントでチャージ(20歳以上限定)
     ・月額 20,000 円までチャージ可能
  • au WALLET チャージカードでチャージ
    ・チャージカードは au ショップで販売している
  • 店頭で現金チャージ
     ・au ショップ
     ・ローソン

使い方がわからない場合は、au ショップの店頭で使い方を教えてもらいながら、その特は現金チャージしておくというのもいい方法ですね。

マスターカードなら発行会社を問わずチャージに使える

チャージに使えるのはマスターカード全てと、次の会社が発行する VISA カード、そしてその中の一部の JCB カードです。

  • au WALLET クレジット
  • セゾンカード( JCB も可)
  • UC カード
  • MUFG カード
  • DC カード
  • ニコスカード
  • TS CUBIC カード( JCB も可)
  • エポスカード

メジャーなカード会社である三井住友カードや楽天カード、JCB のプロパーカードなどがないため、比較的限定的だと言えるでしょう。

au WALLET のメリットとデメリット

au WALLET にももちろんメリットとデメリットがあります。個人的な印象ですが、まだ発展途上にある感じがしなくもないですね。

au を利用している人なら持っている値打ちはあると思いますよ。

ポイント還元を活用する手段としては悪くない

au ポイントと WALLET ポイントは異なるものなのでしょうか。
基本的には似たようなものですが、au ポイントはもうほとんど付与されるシーンがありません。

法人契約やマイライン、ADSLやダイヤルアップ契約程度で、あとはWALLET ポイントが貯まります。

au WALLET プリペイドカードは、スマホやネット回線の利用でたまった WALLET ポイントをチャージして利用するのに便利な手段です。1 ポイント1 円でチャージされますから、結構貯まるんじゃないでしょうか。

もちろんマスターカード・プリペイドですから、マスターカードの使えるコンビニやスーパーなどで利用できますし、ネットショッピングにも活用できます。また、残高上限 100 万円というのは、使い勝手の良いプリペイドカードだと言えます。

100 万円までの補償制度もありますので、デビットカードやクレジットカードを持たない人に便利かもしれませんね。紛失・再発行したときにも残高が自動で引き継がれるのは、auID で管理していることによるメリットだと言えるでしょう。

デメリットは意外に多いので理解してから利用するべき

au WALLET プリペイドには、細かい点を含めてデメリットと言うか弱点が多いので列記してみます。

  • IC カードではないので磁気ストライプ取引になる
     ⇒ スキミングの危険性がある
  • felicaを搭載していないのでかざして決済ができない
     ⇒ NFCは搭載しているが加盟店がない
  • 補償制度を利用するには税別月額 372 円の au スマートパスへの加入が必要
  • チャージに使えるクレジットカードが少ない
  • オンラインチャージの方法などがわかりにくい
  • 使えない加盟店が意外に多い
     ⇒ デビットカードと共通
     ⇒ 決済時に利用金額が確定していない取引には使えない
     ⇒ ガソリンスタンドなどは利用不可
  • コンビニや大手スーパーなど以外では必ずサインが必要になる

個々に見てみれば、デビットカードやクレジットカードと共通するものが多いのですが、手軽なはずのプリペイドカードが手軽に使えないのは痛いですね。

特にチャージできるクレジットカードの種類は限られているため、注意しておきましょう。

<au WALLETにチャージができるクレジットカード>
・au WALLET クレジットカード
・Mastercard®のマークが付いたクレジットカード
・VISAマークが付いたクレジットカード
(クレディセゾン、UCカード、トヨタファイナンス、エポスカードが発行したカード、またはau WALLET クレジットカードに限る)
・JCBマークが付いたクレジットカード
(クレディセゾン、トヨタファイナンスが発行したカードに限る)

ちなみにチャージにおすすめのクレジットカードは、チャージすることによって1%のポイントがつく楽天カードです。

au WALLET は IC なしのクレジットカードと同じ使い方

au WALLET は国際ブランドプリペイドカードですので、使い方はクレジットカードと全く同じです。

しかも IC カードになっていないので、磁気ストライプ取引になります。au WALLET クレジットカードは、もちろん IC 化されていますので、プリペイドカードもそのうち IC 化されるとは思います。

自分でカードを読み込ませることもある

磁気ストライプカードを、自分で読み込ませるのは難しくありませんか。
大丈夫です。カードの向きに注意しておけば失敗することはないでしょう。

IC カードへの対応が進んだお店では、カードそのものをお客さんが自分で読取機に挿入するようになっています。一方、こうした場合の読取機には磁気ストライプ用の溝も設定されていますから、それを使って自分で読み取らせることもあるでしょう。

IC カードのようにカードを挿入しても読み取れませんから注意して下さいね。読取機の横にある溝にカードをはめてスライドさせます。場合によってはサイン用の紙が出力されますのでサインして下さい。

そうでない場合は店員さんに「マスターカード・一回払いで」と言ってカードを渡して下さい。一回払い以外は使えません。

ネット通販でも利用できる事が多い

ネット通販でも利用可能です。モール形式になっている楽天市場や Yahoo! ショッピングでは出店者ごとに対応が変わりますが、マスターカードが使えるお店なら問題ありません。

  • Amazon.co.jp
  • 楽天市場
  • Yahoo! ショッピング
  • iTunes

など、有名サイトで利用可能です。もちろん au WALLET Market でも使えますよ。

au WALLET は電子マネーよりクレジット寄りの使い勝手

au WALLET プリペイドは電子マネーではなく国際ブランドプリペイドカードなので、電子マネーのようにかざして使う手軽さはありません。

また IC カードではないため、旧型のクレジットカードのような使い勝手です。つまりあまり使いやすくはないということですね。

とは言え、慣れればどうということもない程度の手間ですから、他のメリットがあれば使っても良いと思います。

au の利用者なら持っておいても良い一枚

このように特段の優れた特徴はありませんが、au の月々の利用料金で貯まるポイントの使い道がない人は持っておくと良いでしょう。ポイントが失効する前にチャージして、コンビニで使ってしまうと良いですね。

携帯電話やネット接続の費用は意外にかさみますし、その分ポイントも貯まります。それをみすみす失効させてしまうのはもったいないですよね。WALLET ポイントの有効期間は 4 年です。

あなたのコメントをどうぞ!