クレジットカードの申し込みは簡単!必要な書類を紹介します

クレジットカードが欲しいけれど「どうやって作れば良いのかわからない」という方はいませんか。

まずクレジットカードを作るためには、「本人確認書類」「銀行口座」「住所」などが必要です。

また、クレジットカードの申請方法には、「オンライン申し込み」「郵送申し込み」「店頭申し込み」の3種類がありますよ。

この記事では、クレジットカードの作り方を分かりやすく解説していくので参考にしてください。

また、オススメの申込み方法や申し込んだあとにキャンセルできるのか、などよくある疑問にも答えます。

クレジットカード作成に必要なもの

クレジットカードを作る前に、次のものを用意しなくてはいけません。

  • 本人確認が可能な書類
  • 引き落とし用の口座
  • 銀行印
  • 住所
  • 電話番号
  • (未成年の場合)保護者の同意
  • (キャッシング枠を付ける場合)収入を証明する書類

それぞれの詳しい説明や、注意点について解説していきます。

クレジットカードの申込みに必要なもの1:本人確認が可能な書類

クレジットカード作成申請があった場合、クレジットカード会社は、本人確認する事と本人確認書類を一定期間保存することが、法律により(犯罪による収益の移転防止に関する法律)義務付けられています。

そのため、申請時には必ず本人確認が可能な書類が必要になります。本人確認書類として認められるのは、次のようなものです。

  • 運転免許証(運転経歴証明書)
  • 健康保険証
  • パスポート
  • 住民票の写し
  • (外国人の場合)在留カード
  • (外国人の場合)特別永住者証明書
  • マイナンバーカード
  • 住民基本台帳カード

他に、「年金手帳」や「学生証」でも受け付けてくれるクレジットカード会社もあります。これらのうち、どれか1つは用意しなければクレジットカードは作れません。

また、健康保険証などの「顔写真」がついていない身分証明書の場合は、追加で公共料金の領収書を求められる事があります。

クレジットカードの申込みに必要なもの2:引き落とし用の口座

クレジットカードを使った際の「引き落とし用口座」が必要。各種銀行口座、もしくは郵便貯金口座があれば大丈夫です。

多くのクレジットカードでは、どんな種類の銀行口座(都市銀行、地方銀行、ネット銀行など)でも利用できます。

しかし一部のクレジットカードには、ネット銀行の口座は利用不可、などと設定されているものもありますので要注意。

グループ企業が銀行をやっているクレジットカード会社、例えば「三井住友VISAカード」などを作る場合でも、三井住友銀行の口座にする必要はありません。みずほ銀行など、その他の銀行の口座で問題なく通用します。

ただし、カードと同系列の銀行口座を用意した場合、審査で有利になる事はありえます。

クレジットカードの申込みに必要なもの3:引き落とし口座の銀行印

銀行口座だけではなく、銀行口座を作成時に使用した、銀行印(金融機関届出印)も用意しなければいけません。申請書の捺印と、登録した銀行印が違っていた場合、審査で落とされてしまいますので、よく確認しておいてください。

ただし、「楽天カード」や「エポスカード」など、銀行印が無しで作れるクレジットカードも出てきています。

クレジットカードの申込みに必要なもの4:住所

クレジットカードを作る場合、クレジットカード会社がカードを送るための「住所」が必要です。居候中やホテル暮らしをしている人などは、カードの入手が難しくなります。

引っ越ししたばかりで、身分証明書と現在住所が違う場合はどうすれば良いのですか?
そうした場合は、身分証明書といっしょに、「公共料金の領収書(電気・水道・ガス・NHK受信料のどれでも可)」か「納税証明書」か「社会保険料の領収書」で現在の住所を証明可能です。

クレジットカードの申込みに必要なもの5:連絡可能な電話番号

クレジットカードを作るには、本人が出ることが可能な「電話番号」も必要です。

スマホなどの携帯電話でも問題ありませんが、固定電話を持っていると信用が高まり、審査に通りやすくなります。

固定電話の場合、電話契約者が配偶者などの家族でも問題ありません。

クレジットカードの申込みに必要なもの6:保護者の同意

申請者が未成年(20歳未満)の場合、さらに「保護者の同意」が必要です。

同意がなければ申請ができませんし、同意があると偽って契約しても、後でバレたら強制解約されてしまいます。

未成年の人は、保護者の方に「同意書」への記入と捺印をお願いしてから、クレジットカードの申請をしましょう。

多くのクレジットカード会社では、審査時に親へ確認の電話をかけます。虚偽の保護者の同意を提出していると、嘘をついているとがこの時点でバレます。

相手はプロですから、「自分が親の代わりに出れば大丈夫」といった甘い考えは捨てましょう。

クレジットカードの申込みに必要なもの7:収入を証明する書類

クレジットカードに「キャッシング枠」をつけたい場合は、さらに書類が必要になります。使うのは、次のような収入を証明する書類です。

収入を証明する書類
  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 給与明細書
  • 課税証明書
  • 年金証書

これらのどれかを用意しなければいけません。会社員なら「源泉徴収票」、自営業者なら「確定申告書」が基本となるでしょう。

クレジットカードの申し込み方法

クレジットカードの申し込み方法には、次の3種類があります。

クレジットカードの申込み方法
  • オンライン申し込み
  • 郵送申し込み
  • 店頭申し込み

どの方法で申請をおこなっても、基本的な流れに大きな違いはなく、次のような順番で申請を進めていきます。

クレジットカードの申込み手順
  1. カードの選定
  2. 規約の確認
  3. 申請フォーム(用紙入手、窓口へ行く)
  4. 情報入力(情報記入)
  5. 入力内容確認(記入内容確認)
  6. 受付番号確認
  7. 審査・クレジットカード発行

では、それぞれについて細かく見ていきましょう。

1.どのクレジットカードを作るか選ぶ

最初にすべきなのは、どのクレジットカード会社の、何というカードを作るかということです。

クレジットカード会社によって、得意としていることは違いますし、同じ会社でも、カードのランクや種類によってサービス内容が変わってきます。

「年会費」「国際ブランド」「ポイント還元率」「付帯サービス」など、さまざまな要素を比べて、もっとも自分に合うものを選びましょう。

どんなクレジットカードにするか決まっていない人は次の記事も参考にしてくださいね。

2.クレジットカードの規約をじっくり確認する

クレジットカード会社ごとに微妙に違いがあるため、会員規約やサービス内容についてしっかりと確認しましょう。

でも、規約とかいちいち読んでいくの、面倒くさいですよね・・・
まあ、その気持ちはわかりますが。

でもクレジットカードは、そう何度も作り変えていくものでもありませんし、今後のために最初だけでも頑張ってみましょうよ!

3.作りたいクレジットカードの公式サイトの入力フォームを探す

ここは申請方法によって変わってきます。

「オンライン申し込み」なら、公式サイトの申請フォームを探しましょう。

「郵送申し込み」なら、申請用紙を銀行や店舗などで入手してください。クレジットカードによっては郵送で申し込みができないカードもあります。

「店頭申し込み」なら、申請を受け付けている窓口に行く必要があります。店頭で申し込むと、即日発行が可能なこともありますよ。

4.申し込みフォームや申込用紙に自分の情報を入力(記入)する

公式サイトを探しデータ入力の準備ができたら、「氏名」「性別」「年齢」「生年月日」「住所」「電話番号」「職業」「収入」「銀行口座」などを、サイトの指示に従って入力していきます。

郵送申し込みや店頭申し込みの場合は、入力ではなく、専用用紙に記入していく形になるだけで、他に違いはありません。

5.入力(記入)を完了する前に記載した内容を確認する

情報入力が終わったら、必ず入力データに誤りがないかチェックしてください。数字を1つ間違えただけでも、やり直しになってしまいます。

また、収入を高めに記入するなど、嘘をつくのは絶対にNG。

故意に嘘をついたのがバレると、審査に通らないだけではなく、そのクレジットカード会社ではカードを作れなくなってしまう可能性があります。

6.受付番号を確認する

オンライン申し込みをした場合、「受付番号」や「申し込み番号」といった情報が出てきます。審査状況の確認などで使いますので、大切に控えておきましょう。

これまでのステップを超えたら、後はクレジットカード会社の審査結果を待つだけです。

審査に通っていたら、クレジットカードが発行され、自宅にカードが送られてきます。

おすすめの申請方法はオンライン申し込み

オンライン、郵送、店頭、という3つの申請方法のうち、1番おすすめしたいのは「オンライン申し込み」です。オンライン申し込みには、次のようなメリットがあります。

オンライン申込みのメリット
  • オンライン申し込みは審査が早い
  • 入力フォームの指示に沿って入力するだけなので簡単
  • オンライン申し込み限定のキャンペーンを利用できる

審査の早さで比べると、「オンライン>店頭>郵送」という順番になります。オンラインと郵送では、1ヶ月程度の違いが出てしまうことも。

また申請書類に情報を記入していくより、ネットで入力した方が楽で、間違った場合もすぐに直せます。

オンライン申込み限定のキャンペーンを利用すると、どういった得があるんですか?
初年度の会員費が無料になったり、数千円分のポイントがついたり、さまざまですね。

ただし、オンライン申し込みは分からないことをすぐに聞けないデメリットもあります。もし不明点があれば、メールや電話でクレジットカード会社へ問い合わせる必要があるのです。

一方で、店頭申し込みにすると、係の人に相談しながらできるので、不安を感じる人は店頭申込がおすすめです。

郵送申し込みに関しては、家で落ち着いて記入したい・紙の提出のほうが安心だと感じる人におすすめですよ。

クレジットカードの申し込みは後からキャンセルできる

クレジットカードの申し込みをしたものの、後で気が変わってしまった場合、「電話」でキャンセルすることが可能です。

ただしすでにカードが発行されている場合は、キャンセルではなく「解約」になることも。

クレジットカードを契約して短期間で解約すると、入会特典目当ての仮入会だと疑われ、以降のクレジットカードの審査に悪影響が出ることがあります。

カードは発行されていないが、審査は始まっていたという場合、キャンセル可能ですが、クレジットカードを申し込んだという情報は、個人信用情報機関に登録されます。

ただし「申し込み情報」はブラックリストとは別のもので、これだけで審査に悪影響が及ぼされるわけではありません。

カードの審査に受かるか不安だから、10社くらい1度に申し込みしたいと思っているんですが・・・。
それは止めておいたほうが良いでしょうね。

短期間に何件も申込情報があると、カード会社が警戒して、審査を通さない可能性がありますよ。

クレジットカードはオンラインからの申込みが1番おすすめ

クレジットカードを作るためには、本人確認用書類や、銀行口座など必要なものを用意しなければいけません。1つでも必要なものが書けていると、カードは発行されません。

申請方法には、「オンライン申し込み」と「郵送申し込み」と「店頭申し込み」がありますが、オンライン申し込みがおすすめです。

なぜならば、オンライン申し込みは、「早く」「簡単」で「お得」だからです。

1枚目のクレジットカードなどで、どうしても手続きに不安があるなら、店頭申し込みで店員さんのアドバイスを受けながらやっていくのいいですね。

あなたのコメントをどうぞ!