Apple Payの使い方まとめ!クレカやSuicaの登録方法も詳しく説明

Apple Pay(アップルペイ)とは、iPhoneやApple WatchのWalletアプリを利用して店頭や交通機関、ネット上やアプリ上で支払いを行える方法のこと。

クレジットカードから直接お金を支払うのではなく、電子マネーで支払いを行いクレジットカードからお金がチャージされる仕組みなんです。

Apple Payを店頭で利用できるiPhoneはiPhone7以降のみ。

ただし、iPhone7以前でもネット上やアプリ上では支払いをすることが可能です。

また、Apple Payで利用できる電子マネーは、iD、QUICPay、Suicaだけ。そのため、iDやQUICPay、Apple Payのマークがあるお店でのみ使うことができます。

この記事では、Apple PayにクレジットカードやSuicaを登録する方法、使える端末、チャージする方法や店頭で決済する方法を紹介していきます。

Apple Payの使い方が分からずまだ使ったことがない方は、この記事を参考に便利なApple Payを利用してみましょう。

Apple Payにクレジットカードを登録する方法を詳しく解説!

Apple Payを使うには、iDやQUICPayで支払いできるようにクレジットカードをWalletに登録する必要があります。

登録する方法について、詳しく説明していきます。

Walletアプリを開いてみましょう。

Walletアプリを開くと、まずは次のような画面が現れます。そこで、「追加」をタップしましょう。

Walletアプリの初期画面

すると、Apple Payを紹介する画面が現れるので、「続ける」をタップします。

Apple pay紹介画面

次に出てくるのは、クレジット/プリペイドカードまたは交通系ICカードのSuicaを選ぶ場面。クレカを登録する場合は「クレジット/プリペイドカード」を、Suicaを選ぶ場合は「Suica」を選びましょう。

Apple payにカードの種類追加する画面

クレジット/プリペイドカードを選択すると、カードの写真を撮影しカード番号と有効期限を読み取る画面になります。

カード表面を撮影し、カード情報を自動で読み取りましょう。

Apple payのクレジットカード読み込み画面

するとカードの名義人を入力する画面になるため、カードに記載されている通りに名前を入力します。

次に出てくるのは、セキュリティコードを入力する画面。その画面で入力すると、カード会社との通信が始まるので、少し待ちましょう。

上手くいくと、Apple Payの同意画面になるため、「同意する」をタップします。

Apple Payの利用規約同意画面

カード会社から承認されると、Walletに追加されたことを知らせる画面に切り替わります。

Apple PayのWallet追加完了画面

次にカードを認証する方法を選択する画面になります。

カード会社によって認証する方法は異なりますが、SMSやアプリ、電話などで認証しなければなりません。自分に合った方法を選び認証を行いましょう。

ここまでできると、Apple Payを使ってクレジットカードで支払いが可能になります。Apple payのホーム画面に、登録したクレジットカードが表示されているはずです。

Apple payに登録するおすすめのクレジットカードは次の記事で紹介しています。

Apple Payを店頭で使うにはiPhone7以降の端末が必要!

僕のiPhoneはiPhone6なのですが、Apple Payを店頭で使えるのでしょうか?
実は、iPhone6はアプリ内やWEBでは利用できるのですが、店頭でApple Payを利用して支払いをすることはできません。

この章では、Apple Payに対応している端末について説明していきますね。

Apple Payを店頭で使うことができる端末は、iPhone7以降。

Apple Payに対応している端末一覧は次のとおりです。

Apple Pay対応端末一覧
端末 交通機関 店頭 アプリ内 ウェブ上
iPhone7以降
iPhone6s、iPhone6Plus
iPhone6、iPhone6Plus、iPhoneSE
× ×
Apple WatchSeries2(日本で発売されたもの)
Apple WatchSeries3以降
×
Apple WatchSeries1
Apple Watch(第1世代)
× × ×
iPadmini3以降 × ×
2012年以降に発売されたMac × × ×

iPhone7以降Apple Payを店頭で使うことができるようになったのは、FeliCaに対応し始めたためなんですよ。

FeliCaとは

Sonyが開発した日本独自の非接触型決済(NFC)のこと。NFCには、日本で主流となっているFeliCaと海外で主流になっているTypeAとTypeBがあります。

日本ではSuicaなどの交通系電子マネーやnanaco、WAONなどほとんど全ての電子マネーがFeliCaを採用しています。

iPhoneでは、iPhone6までFeliCaを採用していなかったので、日本の多くの店舗ではiPhoneを使って決済することができず、多くのiPhoneユーザーが不便さを感じていました。

ですが、iPhone7以降FeliCaが搭載され、iPhoneでも支払いできるようになったのです。

Apple Payで使える電子マネーSuicaの登録方法を詳しく説明!

Apple Payで利用できる電子マネーは、iD、QUICPay、Suicaのみ。

nanacoや楽天Edy、WAONといった電子マネーは使えません。

ここではSuicaの登録方法について、見ていきましょう。

Suicaを登録するのはとても簡単です。Suicaのカードを持っている人の場合は、カードを登録する場面でSuicaの上に端末を置くだけ。

すると、端末がSuicaの情報を読み取り、Suicaの登録が完了します。

Suicaのカードを持っていない場合は、Suicaアプリで新規発行しましょう。Suicaアプリをインストールし、Suica発行をタッチします。

Apple PayにSuicaを登録する画面

記名式、無記名式など、自分の作りたいSuicaを選び、登録を進めていきましょう。

すると、金額をチャージする画面になります。チャージする金額を選び、チャージしましょう。

Apple payからSuicaにチャージする

この際、Apple Payに登録してあるクレジットカードからチャージすることも可能です。

そして、利用規約に同意する画面で同意します。

Suicaの利用規約

これで、Suicaの登録完了です。

Apple payにSuicaの登録完了画面

楽天Edyは使えなくても、楽天カードはApple Payに登録することができますよね?
もちろん登録できますよ。楽天カードもクレジットカードを登録する方法は同じです。

カメラでクレジットカードを読み取り、セキュリティコードを入力して登録しましょう。

Apple PayでSuicaを使うにはチャージが必要!チャージ方法を説明

Apple PayでSuicaを使うには、お金をチャージしておく必要があります。

Apple PayでSuicaにチャージする方法は簡単。

Apple PayでSuicaの画面を表示すると、チャージというボタンがあります。チャージボタンをタッチしましょう。

Apple PayでSuicaにチャージする方法

次の画面で、金額を入力しTouchIDで承認しクレジットカードで支払いを行うと、チャージ完了です。

Apple payでSuicaにチャージが完了した画面

Suicaはビューカードを使ってオートチャージされるように設定しています。便利です!
そうですね。JR東日本のクレジットカードであるビューカードを持っていれば、オートチャージすることができます。

自動的にチャージしてくれるので、おすすめの使い方です。

Apple Payを使って店頭で決済してみよう!端末にタッチするだけ

Apple PayにクレジットカードやSuicaを登録できれば、支払いをすることができます。iDやQUICPayの使い方は、次の通り。

Touch ID搭載の端末の場合のQUICPayの使い方
  1. お店の人にiDかQUICPayどちらを使うのか伝える
  2. ホームボタンで指紋を認証
  3. 端末の上側をかざす
Face ID搭載の端末の場合のQUICPayの使い方
  1. お店の人にiDかQUICPayどちらを使うのか伝える
  2. サイドボタンをダブルクリック
  3. 画面で顔認証
  4. 端末の上側をかざす

Apple Payを使いメインカードで支払いをする際には、Walletアプリを開く必要はありません。

ただし、メインカードに設定していないカードで支払いを行う際は、Walletアプリでカードを選択する必要があります。

その際に簡単なのは、ホームボタンをダブルクリックすればWalletアプリが立ち上がるように設定しておくこと。

そうすれば、メインカード以外のカードもすぐに選択することができます。

Apple Payの使い方、すごく簡単ですね!Suicaを使うときも同じですか?
Suicaに関してはTouch IDやFace IDを使う必要はありませんよ。端末をかざすだけで大丈夫です。

Apple PayはiD、QUICPay、Suicaが使えるところで利用可能

Apple Payを使えるところは、アプリやウェブ上と、iD、QUICPay、Suicaの表示がある店舗。

iDやQUICPay、Suicaに対応している店舗はコンビニ、スーパーなど数多くあります。さまざまなお店で使うことが可能です。

セブンイレブンやローソンといったコンビニの場合は、利用する電子マネーの種類を店頭で言う必要はありません。

Apple Payで支払うことを伝え店頭で端末をかざせば、自動的にどの電子マネーで支払いを行うのか読み取ってくれます。

最近、TypeAやTypeBといった決済方法にも対応しつつあると聞いたのですが。
それは、本当ですよ。よく知っていますね。

ですが、まだ日本では使えるお店はごく少数。使えることは使えるけども、まだ普及しているとは言い難いです。

Apple Payに登録できるポイントカードはPontaカードのみ

Apple Payに登録できるポイントカードは、今のところPontaカードのみ。

他のポイントカードは、まだ登録できません。ですが、今後他のポイントカードが登録できるようになる可能性もあります。

PontaカードをApple Payに登録するには、Pontaカードのアプリを利用する必要があります。

まず、Pontaアプリをインストールした後にPonta会員IDを登録しましょう。すると、表示されるのがWalletに追加という画面。

そこで、Walletに追加するを選択しましょう。

Apple Payで使えるデビットカードができたと聞いたのですが。
そうです。みずほ銀行のSmart Debitなら、Apple Payでもデビット方式で支払いできますよ。

Apple Payでデビット方式の支払いができるようになるのは、みずほ銀行のSmart Debitが国内初です。

便利なApple Payを使いこなして便利に決済を行おう!

Apple PayはiPhoneやApple Watchさえあれば店頭でも支払いできる、とても便利な決済方法です。

コンビニやスーパー、家電量販店など、iDやQUICPay、Apple Payのマークがあるさまざまな店舗で利用することができます。

Apple Payの使い方は非常に簡単です。クレジットカードやSuicaを登録しておけば、使うことができるようになります。

クレジットカードならば、チャージする必要なし。Suicaなら、事前にチャージしておくことで、利用可能です。

便利なApple Payを使いこなし、快適なキャッシュレス生活を送りましょう。

※掲載の情報は2019年9月現在のものです。

あなたのコメントをどうぞ!