アマゾンでの買い物ならAmazon Mastercard クラシック!デメリットも紹介

Amazon Mastercard クラシックは、Amazonでのショッピングでお得になるクレジットカードです。

Amazon Mastercard クラシックは、国内の大手カード会社である三井住友カードとAmazonとの提携によって発行されています。

そんなAmazon Mastercard クラシックでは、最短3分で仮カードを発行する即時審査サービスを提供中です。

しかし、Amazon Mastercard クラシックが便利と言われただけでは、どんなクレジットカードなのか分かりにくいですよね。

そこで今回の記事では、Amazon Mastercard クラシックの魅力やデメリット、審査基準などについて解説していきます。Amazonでよく買い物をする人は、この記事を参考にしてください。

Amazon Mastercard クラシックの魅力を紹介

Amazon Mastercard クラシックの魅力を紹介する前に、基本情報をご覧ください。

Amazon Mastercard クラシック

Amazonカードクラシック

年会費 初年度無料
次年度以降1,250円(税抜)※
国際ブランド Mastercard
ポイントサービス Amazonポイント
付帯保険 お買物安心保険
追加カード etcカード、家族カード、iD専用カード
※次年度以降は年1回以上のカード利用で無料

Amazon Mastercard クラシックでは、100円ごとにAmazonポイントが1ポイント貯まります。

貯めたAmazonポイントは、Amazonでのショッピングに使用可能です。

他にもAmazon Mastercard クラシックには、次のような魅力があります。

Amazon Mastercard クラシックの魅力

それぞれの魅力ついて、詳しく紹介していきましょう。

Amazonでの買い物がお得!1.5%とポイント還元率が高い

クレジットカードのポイント還元率は、0.5%が平均的な水準。

Amazon Mastercard クラシックは、Amazonでのショッピングでポイント還元率は高いです。

Amazon Mastercard クラシックのAmazon会員ごとのポイント還元率を次の表にまとめました。

Amazon通常会員 ポイント還元率1.5%
Amazonプライム有料会員(無料体験中も含む) ポイント還元率2.0%

ポイント還元率1.5%のクレジットカードの場合、10万円のショッピングで1,500円相当のポイントが貯まります。

カード会員でなくても、Amazonでポイントを貯めることは可能です。ただし、カード会員でないと全ての商品に対してポイントがつくわけではありません。

中には、Amazonポイントが付与されない商品があるのです。

Amazon Mastercard クラシックは、どんな商品を購入したとしてもポイントを貯めることができます。

Amazon Mastercard クラシックの通常還元率は何%ですか?
Amazon Mastercard クラシックの通常還元率は1.0%。
ポイント還元率0.5%のクレジットカードが多い中、1.0%はお得感がありますよね。

即時審査サービスは最短3分で仮カードが発行される

クレジットカードでは、申込みから手元に届くまで1週間~2週間ほどかかるのが一般的です。

しかし、Amazon Mastercard クラシックでは、即時審査サービスによって最短3分で仮カード(Amazonテンポラリーカード)の発行が受けられます。

仮カードは発行され次第、すぐにAmazonでのショッピングに使用可能です。

ただし、利用可能枠は3万円のみ。

「今すぐAmazonでショッピングしたいが、クレジットカードがない!」という場合に、とっても便利なサービスです。

Amazon Mastercard クラシックの仮カードでも、Amazonポイントが貯まりますか?
Amazon Mastercard クラシックの仮カードでも、Amazonポイントが付与されます。
ただし、Amazonポイントが付与されるタイミングは商品発送後です。
Amazon Mastercard クラシックの仮カードはいつまで使えますか?
Amazon Mastercard クラシックの仮カードが使えるのは、発行日の翌々月末日までですよ。

Amazon Mastercard クラシックに入会すると2,000円分のポイントが貰える

Amazon Mastercard クラシックに新規入会すると、2,000円分のAmazonポイントが貰える新規入会キャンペーンを行っています。

Amazonポイントは、1ポイント=1円としてAmazonでのショッピングに使用可能です。

Amazon Mastercard クラシックのデメリットを知ろう

この章からはAmazon Mastercard クラシックのデメリットを見ていきましょう。

Amazon Mastercard クラシックのデメリット

それぞれのデメリットについて説明していきます。

ポイントの使い道はAmazonでの商品購入のみと選択肢が少ない

Amazon Mastercard クラシックで貯めたAmazonポイントが使えるのは、Amazonでの商品購入のみ。

マイルや電子マネーに交換して使いたいと考えている人には、合わない可能性があります。

他にもAmazonポイントは、次の商品の購入にも使えません。

Amazonポイントで購入できない商品例
  • Amazonギフト券
  • Amazonフレッシュ商品
  • Amazonコイン
  • 定期おトク便
  • デジタルコンテンツ商品(Kindle本は除く)

しかし、Amazonでは他にもたくさんの商品を扱っています。Amazonでよく買い物する人なら、Amazonポイントの使い道に困ることは少ないでしょう。

他のクレジットカードのほうがポイント還元率が高い場合がある

Amazonでショッピングする際、Amazon Mastercard クラシックよりも他社のクレジットカードのほうがポイント還元率が高い場合があります。

例えばJCB CARD Wの場合、通常Amazon会員でもAmazonでのショッピングでポイント還元率2.0%です。

JCB CARD Wは39歳以下の人が対象のクレジットカード。興味がある人は次の記事を読んでみましょう。

また、Amazon Mastercard クラシックには、楽天カードのようなSPUというポイント倍率がアップするサービスもありません。

楽天市場でショッピングするときは楽天カードなど、複数のクレジットカードの使い分けを考えましょう。

Amazon Mastercard クラシックの即時審査サービスには利用条件がある

Amazon Mastercard クラシックの仮カードを発行する即時審査サービスには、次の利用条件があります。

即時審査サービスの利用条件
  • 年齢20歳以上
  • カード申し込みの受付時間は9時~19時
  • 申込み時に支払い口座の設定ができる方

年齢が18歳また19歳の方は、Amazon Mastercard クラシックの即時審査サービスの対象外。

対象外の方は本カードが発行されるまで待ちましょう。

Amazon Mastercard クラシックの即時審査サービスを利用するには、対象の銀行口座が必要です。

三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、りそな銀行、ゆうちょ銀行、地方銀行などの口座が即時審査サービスの対象ですよ。

Amazon Mastercard クラシックの審査基準は?申込資格についても解説

Amazon Mastercard クラシックでは、次の申込み資格を設定しています。

Amazon Mastercard クラシックの申込み資格
  • 18歳以上の方
  • 高校生は除く
  • 未成年者は親権者の同意が必要

Amazon Mastercard クラシックには「安定した収入」という申込み資格がないので、審査基準がそれほど厳しくない可能性があります。

初めてクレジットカードに申込みするという方でも、Amazon Mastercard クラシックなら作りやすいでしょう。

アマゾンで買い物をするならAmazon Mastercard クラシックがおすすめ

Amazon Mastercard クラシックは、Amazonでのショッピングでポイント還元率1.5%、または2.0%のクレジットカードです。

Amazonユーザーの方は、Amazonポイントが貯まりやすいAmazon Mastercard クラシックに注目してみましょう。

Amazon Mastercard クラシックでは最短3分の即時審査サービスも提供しているため、申し込んでからクレジットカードが利用できるまでの期間が短いカードを探している人におすすめです。

三井住友カードでは、Amazon Mastercard クラシックの上位ランクとなるAmazon Mastercard ゴールドも発行しています。

Amazon Mastercard ゴールドなら、Amazonでのショッピングで2.5%のポイントが付与されます。

Amazon Mastercard ゴールドについては「Amazon MastercardゴールドはAmazonをお得に利用できるカード!」。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る