クレジットカードの審査が甘いのは入り口だけ。平均すれば皆同じ

クレジットカードの申込みでは、やはりステータス性の高いカード会社が審査が厳しく、そうでない会社は審査が甘いと考えられています。たしかにその傾向はあるのですが、かと言って甘い審査だけではカード会社が損をします。

そのあたりはどのようにしてバランスを取っているのでしょう。これからカードを申し込もうと思っている人、気になりませんか。

国際ブランドでクレジットカード審査の難易度は変わらない

これは大きな誤解なのですが、例えばアメリカン・エキスプレスの審査は難しいとか、VISA の審査は甘いとか、そんな噂を聞くことがあります。

しかし、そんな事はありえません。アメリカン・エキスプレスも VISA も提携会社にブランドを提供していますから、審査の厳しさに差があるとすれば、それはカード発行会社の差によるものです。

マスターカードの審査が厳しいということもありえない

マスターカードの審査が厳しいという噂を聞いたのですが、マスターカードは避けておいたほうが確実なのでしょうか。
それは根も葉もない噂です。そもそもマスターカードは VISA と並んで自社ではクレジットカードを発行していません。だから審査そのものもマスターカード本体は行っていないのです。

マスターカードは VISA と並んで、クレジットカードのシステムとブランドのライセンスを供与して、各国にあるカード発行会社(イシュア)と加盟店管理会社(アクワイアラ)に実務を任せています。

JCB やアメリカン・エキスプレス、ダイナースクラブのように、システムとブランド提供だけでなく、自社でもプロパーカードを発行している会社とは一線を画します。

とはいえ、いずれの場合もカードの審査は「実際にクレジットカードを発行する会社」が行いますので、国際ブランドごとの審査の厳しさと言った情報は誤りであることがわかると思います。

人気のアメックスもブランド提供を行っている

アメックス(アメリカン・エキスプレス)も、自社発行のプロパーカードだけでなく、国際ブランドをカード会社にライセンス供与しています。有名なところで次のような会社が挙げられます。

  • クレディセゾン
  • 三菱 UFJ ニコス
  • 楽天カード

これらの各社からはそれぞれアメックスブランドのクレジットカードも発行されています。特にクレディセゾンの「セゾン(ブルー)※・アメリカン・エキスプレス・カード」は券面にアメックスのシンボルであるローマ兵士が描かれたカードです。

(※( )にはグレードに応じてパール・ゴールドなどの色が入る)

ご存知の通り、ある程度審査が甘いかもしれないカード会社も含まれていますね。

ダイナースクラブにも提携カードは存在する

ステータスカードとして有名なダイナースクラブにも、日本の発行会社である三井住友トラストクラブは提携先との提携で発行している提携カードがたくさん存在します。

  • 京銀カードサービス(銀行系)
  • 全日本空輸・ANA (航空系)
  • 日本航空・JAL (航空系)

その他、企業や大学との提携カードもありますね。そうした場合、会員の属性があらかじめある程度限られるので、審査基準が変わってくるでしょう。

どんなクレジットカードにも審査は避けて通れない

自分は審査に通りにくいということを意識している人は、できれば審査のないクレジットカードがほしいと思います。しかし、残念ながらそれはありません。

どうしてもという場合、審査に関して特別な対応をしているクレジットカードを選ぶか、クレジットカードと似ているけれど異なるものを選ぶかということになるでしょう。

審査については次の記事で詳しく取り上げています。

特別な審査が期待できるクレジットカードとは

どこのクレジットカード会社も、同じような審査を行うから一定以下の属性や信用状態の人はカードを諦めないといけないのでしょうか。
そうでもありません。他社と差別化した審査を行うカード会社もあります。とは言え、100% 発行されると言うことはないので、甘くは考えないで下さい。

これには 2 つのカードが考えられます。一つは消費者金融系のカードです。もちろん審査はありますが、審査基準がクレジットカードの標準的なものとは異なります。
AC マスターカードは、アコムが発行するクレジットカードです。アコムですからたとえわずかでもキャッシング機能が付いています。一方で、アコムでお金を借りられない信用レベルの人には発行されないでしょう。

消費者金融系ですから、信用情報も CIC ではなく JICC に照会するでしょうし、審査基準も一般的なクレジットカードとは異なるので、少し気楽に申し込めるかもしれません。

  • 年会費無料
  • 国際ブランドはマスターカードのみ
  • 与信枠は 10 万円~ 300 万円
     ・審査による
  • 自動リボルビング払い
     ・実質年率 10.0%~14.6%
     ・締日翌月 6 日までに全額支払うと手数料なし

このような特徴があります。カードデザインもアコムの名前が表面にないので、使いやすいかもしれませんね。

保証金を預けるクレジットカードもある

アメリカでは、クレジットスコアがない人にはクレジットカードが発行されませんが、クレジットカードがないとスコアがたまらないというジレンマがあります。

それを解決するために、与信枠の分保証金を預け入れてカードを発行してもらい、後は普通のクレジットカードとして使える「セキュアードカード」というものがあります。

日本にも一種類だけ、これと同様のシステムのクレジットカードがあります。それはライフカード・デポジット型です。国際ブランドはマスターカードのみです。

  • 審査はあるが過去に延滞履歴があっても発行されやすい
  • プリペイドカードではないので保証金の追加は必要ない
  • デビットカードなどとは異なり毎月の支払いなどにも問題なく使える
  • 上限額は 10 万円~190 万円(詳細は下表)
  • 初年度年会費と保証金はクレジットカードと代金引換で支払う
  • ポイントサービスや ETC カード発行も可能
  • 電子マネー iD 搭載
  • 支払は翌月 1 回払いのみ
  • 申込資格は 20 歳以上で日本在住、電話連絡が可能な人

保証金を預け入れることを除けば、普通のクレジットカードと変わるところはありません。保証金は滞納がなければカード解約時に返還されます。

メリットとしては毎月きちんと支払をしていると信用情報にそれが掲載されるので、2年以上経てば他のカードの申込時に有利に働くことが期待できることです。

一方、支払遅れや保証金からの弁済があれば、それが記録されるので信用情報に傷がつくことになります。

保証金を入れてあるのだからと支払いを遅らせると、どんどん信用が失われますし、強制解約もありえます。

ライフカード ライフカードゴールド ライフカードゴールド ライフカードゴールド
利用上限額
保証金額
10 万円 20 万円 30 万円
~ 90 万円
100 万円
~ 190 万円
年会費(税別) 5,000 円 1 万円 1 万円 2 万円
付帯保険 旅行傷害保険
シートベルト保険
旅行傷害保険
シートベルト保険
ショッピング保険
同左 同左
会員サービス 弁護士無料相談など 空港ラウンジ
弁護士無料相談など
同左 ロードサービス
空港ラウンジ
弁護士無料相談など

入会時にまとまったお金が必要になりますが、他のカードで審査に通らない人のためのサービスですし、延滞しなければ解約時に返ってくるお金ですので検討の値打ちはあるでしょう。

審査に通らないし保証金もない人にはデビットカードが便利

保証金を準備するのも大変だという人にはデビットカードがおすすめです。カード自体はほとんどのものが無審査で発行されます。銀行預金残高の範囲で使えるので、使いすぎの心配もありません。

一部使えない支払いがあることを除けば、クレジットカードと同様に使えます。詳しくは次のリンクから興味のある記事を読んで下さい。

デビットカードとは?仕組みから使い方、トラブル対策まで詳しく

デビットカードを選ぶならこのカードがおすすめです

一般的に審査に通りやすいのは流通系カードと言われている

流通系カードとは、狭義には百貨店やスーパーなどのハウスカードの延長だと思われていますが、広義には通販系カードやその他の商業系カードも含めてそう呼ばれています。
例えば楽天カードは、信販系・銀行系・消費者金融系と言ったカード会社の整理統合分割に伴って生まれたカード会社ですが、言うまでもなく巨大な通販モールの子会社ですので、今では流通系としての性格を持っています。

流通系カードは顧客の囲い込みの必要性から入り口が広い

百貨店やスーパーなどは、自社の店舗の顧客を囲い込むために広くカードを発行したいのが本音です。

次の 2 社は流通系カードの中でも有名なカード。

カード会社は貸し倒れリスクを避けることを最重要視する

このように、多少の差はあっても、ほとんどのクレジットカード会社はしっかり審査して、貸し倒れになりそうな人は排除する傾向があります。

そうでない場合は、最初からリボルビングに限定して高金利を稼ぐとか、保証金を預かるとかして、貸し倒れリスクを軽減するように対策しているのです。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る