クレジットカードの住所変更手続きを忘れずに!方法と必要書類を紹介

引っ越しをするときは、さまざまな手続きが必要になります。

住所変更もその一つであり、電気やガスといったライフラインだけでなく、銀行や電話、携帯電話といったものなど住所を変える必要がある項目がいくつもあるのです。

住所変更を忘れてしまうと、後になって不備が出てくることもあるので忘れずにやっておきたいところ。

クレジットカードの住所変更手続きも忘れやすいので、必ずやっておくことをおすすめします。

郵便局に転送届を出すので、クレジットカードの住所変更はやらなくても問題ないと思っている人も多いでしょう。

しかし、カードの住所変更を行わないと、更新カードや大切な案内が新しい住所に届きません。

それは、クレジットカードは転送されないからです。他にも悪影響が考えられるので、クレジットカードの住所変更は思っている以上に大切なことだということを覚えておきましょう。

ここでは、住所変更を忘れてしまったときに起こり得ることや、住所変更手続きの手順について紹介していきます。

クレジットカードの住所変更を忘れた場合に起こることを説明します

引っ越しの際、クレジットカードの住所変更を忘れる人は少なくありません。

クレジットカードの住所変更を行わないと、どのようなことが起こるのかを理解しておきましょう。

住所変更を忘れると更新の時期に新しいクレジットカードが届かない

クレジットカードの有効期限が近付くと、カード会社より更新カードが自宅に郵送されますよね。

ところが、住所変更を行わないと旧住所に更新カードが届くことになるのです。

引っ越しのときには、新住所に郵便物を転送してもらえるように郵便局で手続きをすると思います。

この転送サービスを申込みすれば、クレジットカードの住所変更はしなくても大丈夫だと思う人も多いのではないでしょうか。

確かに、郵便物を転送してもらえれば、クレジットカード会社から郵送されてきた郵便物を引っ越し先でも受け取ることができます。

ただし、全ての郵便物を転送してもらえるわけではありません。新住所に転送されてくる郵便物は、限定されています。

  • 利用明細書
  • 更新のお知らせ
  • キャンペーン

といったものです。更新カードについては転送届を出していても、新住所に届けてもらえないのです。

更新カードがあて先不明でクレジットカード会社に戻ってきた場合、次のようなリスクが考えられます。

クレジットカードの利用制限や停止
クレジットカード会社に更新カードが戻ってくることになると、カード所有者の信用度が大きく下がります。

その影響で、カードの利用が制限もしくは停止されることがあるので注意しましょう。

クレジットカードが使えなくなる
更新カードはクレジットカードの有効期限の少し前に送られてくることがほとんどです。

更新カードを受け取ることができなければ、持っているクレジットカードの有効期限が切れてしまって、カードが使えなくなります。

クレジットカードの住所変更を忘れると強制解約になることも
クレジットカード会社は信用を重視するので、利用者の住所が不明となった場合強制解約の手続きを取ることがあります。

その後クレジットカードを再度作りたいと考えても、強制解約された事実が残っているので、審査が通らないこともあるのです。

クレジットカードの強制解約については、次の記事をご覧ください。

さまざまな支払に影響が出る
クレジットカードが使えなくなると、場合によっては多大な影響が出てきてしまいます。

電気料金やガス、電話代などの支払いをクレジットカードにしている場合、それらの支払いも滞ることになります。

支払が遅れるとサービスを受けられないこともあるので、生活で不便が生じるかもしれません。

個人情報の漏えいにつながることも
住所変更を行わないまま時間が過ぎると、郵便物も転送されなくなってしまいます。

場合によっては、以前住んでいた場所に郵便物が届いてしまう可能性も考えられます。

現在の住居人が郵便物を開けてしまったら、クレジットカードの利用履歴などが筒抜けになってしまうなど、個人情報が漏れることもあるのです。

場合によっては、個人情報を悪用される可能性があることもよく覚えておきましょう。

また、不正利用をされる可能性もあります。クレジットカードの不正利用に関しては次の読んでみましょう。

クレジットカードの住所変更の手続きは簡単!手続きの手順を説明

クレジットカードの住所変更手続きは面倒なイメージがあるので、やらない人も多いでしょう。

しかし、住所変更の手続はあっさり済みます。

クレジットカードの住所変更手続きと手順について詳しく紹介していきます。

クレジットカードの住所変更の手続きには4つの方法がある

クレジットカードの住所変更の方法は主に4つあります。

インターネットからの手続き
クレジットカード会社の多くが会員専用サイトを開設しており、利用明細をそこから確認している人も多いでしょう。

会員専用サイトではさまざまな手続きを行うことができ、住所変更も行うことができるのです。

会員専用サイトに登録情報が掲載されているので、そこから住所を変更しましょう。登録情報変更をクリックすると、登録情報を変更する画面が出てきます。

登録されている旧住所を新しい住所に変えて「更新」「保存」を押すと、新住所に変更されるます。

数分で手続きが完了するので、ネットの手続きが最も早く完了します。

ただし、更新情報がすぐに反映されるとは限らないので注意が必要です。

情報が更新されるまで時間がかかることもあるので、急ぎの場合は電話して変更する方がいい場合もありますよ。

クレジットカード会社によっては、後で書面の提出を求められることがあります。

基本的に会員専用サイトはセキュリティー対策がしっかりしているので、個人情報が漏れる心配は少ないでしょう。

しかし、自宅のパソコンやスマホにセキュリティソフトが入っていない、公衆の無線LANを使っている場合は、情報漏えいのリスクが高くなるので注意が必要です。

郵送による手続き
クレジットカード会社のWEBサイトやコールセンターに連絡をして、住所変更の手続き書類を送ってもらうように頼むこともできます。

必要事項を記入して指定された住所に送って手続きが完了します。新しい住所を証明するための書類が必要となることもあるので、事前に用意しておきましょう。

コールセンターでの手続き
クレジットカードの裏面に書かれているコールセンターに連絡をして、住所変更手続きを行うことができます。

コールセンターで手続きをするためには、カード契約者本人が連絡をするのが基本です。

電話だけで住所変更手続きが完了することもありますが、クレジットカード会社によっては書面の提出を求められることがあります。

その際は、後日自宅に書面が送付されてくるので、必要事項を記入して早めに提出するようにしましょう。

コールセンターに電話をするときは、長時間待たされることもあるので時間に余裕のあるときを狙うのがおすすめです。

特に日中働いている人が電話しやすい夕方や昼休みの時間は混雑する時間なので、可能であれば混雑していない時間を狙って手続きするのがおすすめです。

窓口での受付
クレジットカード会社の窓口が近くにあるときは、そこで住所変更の手続きを行うことができます。

その際には本人であることを確認できる書類や、新しい住所を確認できる証明書などを求められることがあります。

必要なものを事前に確認してから、窓口に出かけた方が、手続きがスムーズに進みますよ。

また、引っ越し時に郵便局で手続きする転送届ですが、有効期限は1年です。引っ越し後、1年間は郵便物も転送されてくるのですが、期限が切れると旧住所宛に届いた郵便物は郵送元に返送されることになります。

あまりおすすめではありませんが、転送届の延長手続きを行うのも手段の1つです。

しかし、転送届を延長しても郵便物の種類によっては転送されないものがあるので、転送手続きをしておくのが一番おすすめですよ。

クレジットカードの住所変更に必要なものを知っておこう

クレジットカードを住所変更するときには、クレジットカード会社や手続きによって異なります。

クレジットカード会社によっては特に書類の提出を求められないことがありますが、主に次のような新住所を確認するための書類の提出が求められます。

  • 運転免許証
  • 保険証
  • 住民票

どれもきちんと住所変更の手続きを行わないと、新しい住所を証明できなくなってしまうので早めに住所変更の手続きを済ませましょう。

クレジットカードの住所変更を行うときの注意点を解説!

クレジットカードを住所変更するときに注意したい点がいくつかあるので、押さえておきましょう。

まず、クレジットカードの住所変更のタイミングですが、引越し前か引っ越し後かで迷うところだと思いますが、基本的にはどちらでもOKです。

忘れないうちにやっておいた方がいいので、早めに手続きを済ませてくださいね。

ただし、クレジットカードの更新時期と引っ越しのタイミングが重なったときは、注意が必要です。

更新と引っ越しの時期が重なったときは、クレジットカード会社に一度相談してみましょう。

引っ越し日が決まったらそれをカード会社に伝えておくと、引越後に合わせて更新カードを送ってもらうように手続きできますよ。

インターネットの手続きだと反映されるのが遅れる可能性もあるので、確実に更新カードを受け取るためにもクレジットカード会社に相談するのがおすすめです。

銀行のキャッシュカードにクレジット機能が搭載されたタイプを使っている場合は、住所変更の手続きが異なる場合があります。

一般的なクレジットカードは、クレジットカードの住所を変更すればよいのですが、クレジット機能付きキャッシュカードの場合は、銀行への連絡とクレジットカードの両方の手続きが必要な場合がありますよ。

クレジットカードの住所変更は早めに手続きを済ませよう

引っ越しするときは、早めにクレジットカードの住所変更が必要です。

手続きを怠ってしまうと、更新カードが届かなくなってしまったり、情報漏えいリスクが高くなったりとさまざまなデメリットがあります。

クレジットカードの住所変更手続きは、思っている以上に簡単。

一度住所変更をやっておくと、今後に起こるデメリットを回避することができるので必ず手続きすることをおすすめします。

クレジットカードの登録住所は、ネットやコールセンターから変更することができるので、自分に合ったやり方で早めに手続きを行いましょう。

※ 掲載の情報は2019年8月現在のものです。
この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る