クレジットカードの受け取りは自宅配達が原則。一部に例外もある

クレジットカードは書留郵便や専用の宅配便で届くことが多いですね。でも、基本的に平日の昼間に届くので受け取りが難しいケースが多いです。

もちろん再配達で時間指定をすることも可能ですが、できれば勤務先に届けてもらえると助かると言う人も多いでしょう。クレジットカードの受け取りについて見てみます。

クレジットカードは原則本人が実住所でのみ受け取れる

クレジットカードは、申込書に記載した住所に送られてきて、転送することはできません。また、申し込み方法にもよりますが、わりあい多くの場合本人しか受け取れません。

もちろん申込書に記載した住所は、本人確認書類の住所と一致していなければなりません。一致していない場合発行されないか、発行されても郵送されてきた段階で手渡しを拒否されてしまうでしょう。

なぜ転送不要指定と本人受取指定が行われるのか

転送不要は不在票を悪用した郵便物の盗難を防ぐためだというのは分かるんですが、自己責任で転送可能にしてもらうことはできないんでしょうか。
それはできません。転送不要は盗難防止だけではなく、住所確認を兼ねているのです。偽の住所でカードを申し込む人がいるかも知れないからです。

特に「本人確認書類不要」でクレジットカードが発行される場合、郵便局や配送業者が受取人本人を確認することが本人確認の手段になっています。

ですからカードを受け取る時に「犯罪による収益の移転防止に関する法律」に規定する本人確認レベルの身分証明書がないと渡してもらえません。運転免許証かマイナンバーカード、パスポートがあれば確実ですね。

本人確認書類を提出するタイプのカードは受け取りが楽

郵便局の人などに身分証明書を提示するのが嫌なのであれば、クレジットカードの申し込みの際に本人確認書類を送るタイプのカードを選べばいいと思います。そうしたカードでは本人限定受取を指定されないこともあります。

その場合、自分が不在でも家族の人に受け取ってもらえますから、再配達を待つ必要もありません。もちろん転送不要郵便は回避できませんので、勤務先で受け取ったりはできません。

家族に知られずにクレジットカードを作りたいと言った場合には、なんとか自宅への配送を避けたいのだろうとは思いますが、あとのことを考えると家族を説得する方が安全だと思いますよ。

クレジットカードの自宅以外での受け取りは難しい

もちろん、一度配達された時に不在であれば、郵便局に出向いて受け取ることは可能です。ただし、場合によっては普段の書留などを受け取る郵便局ではなく、遠い郵便局へ出向く必要があるかも知れません。

これは本人限定受取の郵便物の扱いが特殊だからです。

一度配達されるか本人限定郵便なら郵便局で受け取れる

クレジットカードを郵便局の局留めで送ってもらうことはできないんでしょうか。
それはできません。しかし、不在票や本人限定郵便到着通知書が投函されれば、郵便局の窓口で受け取ることは可能です。

最初から局留めで発送してもらうことはできません。しかし、書留郵便の不在票が入っていたり、本人限定郵便到着通知書が入っていたりした場合には、郵便局の窓口に出向いて受け取ることは可能です。

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード(通知カードは不可)
  • パスポート
  • 在留カード・特別永住者証明書
  • 健康保険証などは年金手帳や学生証と合わせて2点提示

こうした身分証明書と、印鑑、不在票や通知書をそろえて、指定の郵便局へ取りに行ってください。郵便局間の転送はできません。

また、本人限定郵便は取り扱いができる郵便局が限られますので、通知書に記載された郵便局まで出向く必要があります。

限られた種類だが店頭で受け取れるカードがある

限られた種類になりますが、店頭でクレジットカードを受け取れる物もあります。この場合に注意しないといけないのは、店頭では仮カードが発行されて、あとから本カードが郵送されるものが意外に多いことです。

急ぎでカードが欲しい時には便利ですが、仮カードは受け取った店舗でしか使えないことも多いです。本カードが店頭で受け取れるものには次のようなものがあります。

  • AC マスターカード
     ・アコムのリボルビング専用カード
     ・全国の「むじんくん」コーナーで受け取り可能
  • エポスカード
     ・マルイ店頭での受け取り
     ・入会特典はマルイのクーポンになる
  • セゾンカード
     ・カードの種類によって受け取れる店舗が異なる
     ・受け取り店舗数が多いのは次の通り( PARCO・ららぽーとを含む 33 店舗)
      ・セゾンカードインターナショナル
      ・セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード
      ・セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード
  • MICARD+(エムアイカード プラス)
     ・ネット申し込みの上、三越伊勢丹グループ百貨店店頭で受け取り
     ・エムアイカードは店頭受取非対応

条件がかなり限られますが、どうしても自宅では受け取りたくない人向けと言えるでしょう。

職場などに転送してもらうことはできない

先にも少し触れましたが、発行されたクレジットカードを自宅以外の場所に転送してもらうことはできません。
それだけではなく、不在票などが入って郵便局に留め置かれているクレジットカードを、受け取りやすい郵便局に転送してもらうこともできなくなっています。

こればかりはカード犯罪などを防ぐためにカード会社自体が金融当局から厳しく規制されていることなので、あきらめるしかないと思って下さい。

本人確認が済んでいれば家族が受け取ることが可能なことがある

クレジットカードを勤務先などに転送してほしいと思う人の多くは、自宅に不在がちだからということも多いと思います。

しかしこれは、本人限定受取を指定せず転送不要郵便の簡易書留で送ってくれるカードを選べば、家族の人に代わりに受け取ってもらうことは可能です。

申し込みの際に本人確認書類の送付を要求するカードがお勧め

一人暮らしや、平日昼間は家族そろって出払っている場合にはどうしたら良いのでしょうか。
その場合は再配達または指定日配達を利用して自宅で受け取るか、自分で郵便局まで取りに行くしかありません。

本人限定受取郵便は、申し込みの際に本人確認書類の送付を要求せずカードを発行するカード会社がよく使う方法です。

郵便料金に 100 円追加するだけで、郵便局員さんが本人確認を行ってくれて、その結果を連絡してくれるので、カード会社にとっては便利な方法です。

一方、免許証などのコピーの郵送やデジカメ写真データを送付させる会社も少なくありません。この場合は申し込みに少し手間がかかりますが、転送不要郵便ながら普通の簡易書留で届きますので、本人でなくても受取が可能です。

本人確認が不要なカード発行の手続きもある

例えば、JCB のプロパーカードで WEB 申し込みの際に、支払い用の口座設定をインターネットバンキング経由で同時に行うと、本人確認が不要になります。これは銀行口座の開設の際に本人確認が行われているからですね。

本人確認書類の提出も、本人限定受取郵便での本人確認も必要ないので、転送不要郵便の簡易書留でクレジットカードが届きます。

気を付けないといけないのは、他の申し込み方法では本人確認書類の提出か、本人限定受取郵便での本人確認が必要になることです。

こうした銀行系のカードは、本人確認書類の提出が必要になります。ミライノカードは住信 SBI ネット銀行の口座が必須ですので、口座開設の時に本人確認書類を提出します。そして、カード自体はいずれも転送不要の簡易書留で送られてきます。

同じ銀行系でも、みずほ銀行系の UC カードは本人限定受取の書留で届きますから、家族の人に受け取ってもらうことはできません。これはクレディセゾンが大株主として参加している関係かも知れませんね。

本人不在の場合は再配達などで受け取るが放置してはいけない

何らかの事情で書留が受け取られなかった場合、ポストに不在票が投函されるのは皆さんご存知の通りです。この不在票投函日を含めて 7 日間郵便局が預かってくれますが、それを過ぎるとカード会社に返送されます。

本人限定受取郵便も書留の付帯サービスですので、到着通知書が配達された日から 7 日間の間に受け取らないといけません。

建前上はカード返送後に再送可能だが拒否される可能性もある

仕事が立て込んでる時期なんかだと、不在票に気付いてもなかなか取りに行ったりできないことも多いんですよね。そんな時はどうしたら良いのでしょう。
そんな時期に申し込まないのが唯一の対策です。クレジットカードの申し込みは、ある程度時間に余裕のあるシーズンに行って下さい。

仮に受け取れずに返送されてしまった場合でも、カード会社に連絡して受け取れなかった合理的な理由を説明して、再送付を依頼すれば送ってくれるかもしれません。

しかし、最悪の場合返送されたことでカードの発行を拒否されるという可能性もゼロではありませんので、申し込みはカード発行のタイミングで受け取りが可能な時期を選んで下さい。

現住所が本人確認書類と異なる場合はカードが発行されない

異なる住所で受け取りたいという希望の人は、何らかの事情で免許証の住所変更を行っていないなどの理由があるかも知れません。しかし、理由を説明しても確認書類と異なる住所は受け付けられません。

確認書類の方を現状に合わせるようにして下さい。例えば家を新築する場合などは、数か月間仮住まいになりますね。どうしてもその間にクレジットカードが必要になったのなら、仮住まいに住民票を移し、免許証などの住所変更届を出しましょう。

クリエイティブな仕事の人などは、一年くらい現場暮らしになったなどと言う話も聞きます。その場合もカードが必要なら住所を現場に移しちゃいましょう。

住所は大切なアイデンティティ、しっかり管理を

カード会社を含む金融機関などのように、全く赤の他人との間に金銭にまつわる重要な契約をする場合、相手から見てこちらの住所があいまいでは最初から相手にしてもらえません。

面倒でも、住所地と実際の住居の場所が一致するようにしてから申し込んでください。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る