【2021年最新】月額料金が安いWi-Fi7選!安値にする方法も徹底解説!

「安いWi-Fiを契約したい」と悩んでいる方は多いです。しかし、ひとくちにWi-Fiと言っても、ポケットWi-Fiやホームルーター、光回線などさまざまな種類があります。

それぞれのメリットを知っておけば、料金をおさえつつ快適にWi-Fiが利用できます。

そこで今回は、Wi-Fiの月額料金を安くする方法について詳しく解説します。

この記事でわかること
  • 月額料金が安いポケットWi-Fi
  • 月額料金が安いホームルーター
  • 月額料金が安い光回線
  • Wi-Fiのメリット

月額料金が安いおすすめWi-Fiを7社ピックアップして紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

月額料金が安いポケットWi-Fi!おすすめ3選

Broad WiMAX

Broad WiMAX

BroadWiMAXは、安心の定額プランで月額の追加料金の請求がないポケットWi-Fiです。ギガ放題プランなら、3ヶ月目まで月額料金が割引されます。

 タブレット・スマホ・ゲームなど、最大40台の端末を同時にネット接続可能です。

初期設定も簡単なので、インターネットが苦手な方でも問題なく接続できるでしょう。

使用回線 au回線
WiMAX2+回線
対応端末 WX06
W06 など
料金プラン(税込) ギガ放題プラン:2,999円~
ライトプラン:2,726円~
各種手数料(税込) 契約事務手数料:3,300円
契約解除料:0円~
初期費用:20,743円
※初期費用無料キャンペーンなどあり

出典:https://wimax-broad.jp/charm/

カシモ WiMAX

カシモ WiMAX

カシモ WiMAXは、他社のように月額料金が値上げされることなく、ずっと同じ価格で使い続けられるポケットWi-Fiです。長期利用を考えている方にぴったりでしょう。

 割引の条件となるような「強制加入オプション」は存在しないので、安心して使い続けられます。

持ち運び可能なモバイルルーターに加えて、5Gに対応しているホームルーターも用意されています。

使用回線 au回線
WiMAX2+回線
対応端末 WiMAXW07
WiMAX HOME02など
料金プラン(税込)

ギガ放題プラン:

  • 初月1,518円
  • 2ヶ月目以降3,971円

ライトプラン:

  • 初月1,518円
  • 2ヶ月目以降3,289円
各種手数料(税込) 契約事務手数料:3,300円
契約解除料:20,900円
初期費用:0円

出典:https://www.ka-shimo.com/wimax

Mugen WiFi

Mugen WiFi

MugenWiFiは、契約期間縛りなしオプションが選べる大容量100GBのポケットWi-Fiです。土日も即日配送を行っているので、スピーディーにルーターが届きます。

 現在、最大10,000円分がキャッシュバックされるキャンペーンを開催中です。(終了時期未定)

満足にインターネットが利用できるか不安な方は、まずは30日間お試しプランを体験してみましょう。

使用回線 docomo回線
au回線
SoftBank回線
対応端末 G4
U3
料金プラン(税込) アドバンスプラン:4,268円
格安プラン:3,718円
各種手数料(税込) 契約事務手数料:0円
契約解除料:0円

出典:https://mugen-wifi.com/

月額料金が安いホームルーター おすすめ2選

UQ WiMAX HOME 5G L11

HOME 5G L11

UQ WiMAX HOME 5G L11は、5Gに対応しているホームルーターが利用できるポケットWi-Fiレンタル会社です。

 ネットの繋がりや速度が心配な方は、15日間ルーターを無料でお試しできます。

5G対応のギガ放題プラスなら、データ通信量実質無制限で高速インターネットが楽しめます。

使用回線 au回線
WiMAX2+回線
対応端末 WiMAXWX06
WiMAX HOME02など
料金プラン(税込) ギガ放題:4,268円
ギガ放題プラス:4,380円~
各種手数料(税込) 契約事務手数料:3,300円
初期費用:0円

出典:https://www.uqwimax.jp/

モバレコAir Softbank Air

Softbank Air

モバレコAirでは、データ容量が実質無制限でSoftbank Airのホームルーターが使えるポケットWi-Fiレンタル会社です。

 モバレコAir限定月額キャンペーンを使えば、2年間毎月月額料金の割引が適用されます。(終了時期未定)

ルーターが届いたら、コンセントに差し込むだけで簡単にインターネットが始められます。

使用回線 Softbank回線
対応端末 WiMAXWX06
WiMAX HOME02など
料金プラン(税込) 0~12ヶ月:2,167円~
13ヶ月目~:3,679円
各種手数料(税込) 契約事務手数料:3,300円
初期費用:0円

出典:https://air-mobareco.jp/charm/

月額料金が安い光回線 おすすめ2選

ドコモ光

ドコモ光

ドコモ光は、データ容量を気にせず大容量の音楽や動画などのコンテンツが楽しめる光回線です。

 別途申込みをすれば「ひかりTV for docomo」「スカパー!」「dTV」「DAZN for docomo」なども利用できます。

現在、関東の一部のエリア限定で、最大通信速度10Gbpsプランが新登場したので、対象エリアの方に特におすすめです。

使用回線 フレッツ光/ケーブルテレビ
通信速度(下り/上り) ‐/-
料金プラン(税込) 4,400円~
基本工事費(税込) 戸建:19,800円
マンション:16,500円

出典:https://www.nttdocomo.co.jp/hikari/

Softbank光

Softbank光

Softbank光は、フレッツ光/光コラボレーション サービスを利用の方は工事不要で利用開始できる光回線です。

 インターネット環境のないはじめての契約の方限定で、10,000円キャッシュバックキャンペーンを開催しています。(終了時期未定)

SoftBank光が開通するまでは無料でWi-Fiをレンタルできるので、インターネット環境がない方でも安心です。

使用回線 フレッツ光/ケーブルテレビ
通信速度(下り/上り) 1Gbps/-
料金プラン(税込) 4,180円~
基本工事費(税込) 26,400円

出典:https://www.softbank.jp/ybb/special/sbhikari-01/

月額料金が安いのはポケットWi-Fi!

安い料金でWi-Fiを使うなら、ポケットWi-Fiがおすすめです。その理由について、詳しく見ていきましょう。

ポケットWi-Fiをおすすめする理由
  1. スマホの月額料金を下げられる
  2. スマホとセット割が使えるものもある
  3. 大容量のデータが使える

1.スマホの月額料金を下げられる

安い料金でWi-Fiを使うならポケットWi-Fiがおすすめ

スマホの契約には、電話の通話料金のほかに、データ通信量プランに応じた料金がかかります。使用できるデータ容量はプランによって決められています。

インターネットに接続することが多かった月末は、データ容量の上限を超えないように注意しなければなりません。

 もし、上限を超えてデータ通信を行ってしまうと速度制限がかかり、翌月になるまで通信速度が低下してしまいます。

追加料金を支払って、データ通信量を追加購入することで速度制限が解除されるものもありますが、毎月となると家計の負担になってしまうでしょう。

一方、Wi-Fiを利用すれば、スマホで契約しているデータ通信量を消費しないで済み、速度制限を気にせずに使い続けることができます。

スマホのデータ通信量を減らせば、データ容量が少なくて安い料金プランに切り替えて、通信料金を節約することも可能です。

2.スマホとセット割が使えるものもある

安い料金でWi-Fiを使うならポケットWi-Fiがおすすめ

ポケットWi-Fiレンタル会社によっては、一定のスマホのキャリア限定で割引サービスが適用される場合があります。

 例えばUQ WiMAXでは、auのスマホを持っている方向けに月額料金が割引されるキャンペーンを開催中です。

 セット割が適用されると、スマホの月額料金が毎月割引されるためお得です。少しでも通信費を抑えたい方は、うまく活用しましょう。

セット割のほかにも、ポケットWi-Fiレンタル会社ごとに独自の割引キャンペーンが開催されています。

申し込み時にはチェックして、賢く活用しましょう。

3.大容量のデータが使える

安い料金でWi-Fiを使うならポケットWi-Fiがおすすめ

スマホのインターネット接続方法としては、3Gや4G、LTEなどの携帯電話回線を利用した接続が一般的です。

使用できるデータの容量は、プランによって1ヵ月単位で決められており、超過すれば通信速度が大幅に低下してしまいます。

 Wi-Fiを使ってデータ通信容量をした場合、契約プランによって定められている通信容量の制限にはカウントされません。

どれだけ大容量の通信を行っても、速度低下が起きる心配がないのです。大容量のデータ通信が発生する用途では、Wi-Fiでインターネット接続するのが良いでしょう。

大容量のデータ通信には、動画配信サービスの利用、画像・動画・アプリのアップロード・ダウンロードなどがあります。

Wi-Fiの月額料金を安値にする方法

毎月かかるWi-Fiの月額料金が高ければ、家計の負担にもなってしまいます。月額料金を節約する方法はあるのでしょうか。

ここからはWi-Fiの月額料金を安くする方法について詳しく解説します。

Wi-Fi月額料金を安くする方法
  1. 公衆無線LANを利用する
  2. 格安スマホとWi-Fiを合わせてデータ通信量を節約する
  3. 不要なオプションを解約する

1.公衆無線LANを利用する

Wi-Fiの月額料金を安くする方法

公衆無線LANとは、飲食店や商業施設など人が集まるところで、多くの人が使えるように設置しているWi-Fiのことです。

 最近では、空港や駅、観光スポットなどでも無料で利用できる公衆無線LANの数が増えてきています。

公衆無線LANのあるところでインターネットを使えば、スマホのパケット通信料の節約が可能です。

公衆無線LAN内で大容量の動画を見たり、オンラインゲームをしたりした場合でも、スマホのデータ残量は減りません。

2.格安スマホとWi-Fiを合わせてデータ通信量を節約する

Wi-Fiの月額料金を安くする方法

Wi-Fiに接続している間は、Wi-Fiが繋がっているインターネット回線の通信量が消費されるため、スマホの通信量を抑えられます

 家族で複数のスマホを利用して動画などを頻繁に視聴する場合、Wi-Fiに接続すれば家族全員のスマホ代の節約が可能です。

格安スマホ乗り換えてWi-Fiを合わせれば、毎月の月額料金を一気に下げることができるでしょう。

申し込みの際には、割引になるキャンペーンがないか探してみましょう。

3.不要なオプションを解約する

Wi-Fiの月額料金を安くする方法

Wi-Fiをを契約する際、割引の条件としてオプションを勧められることがあります。

 その後、加入したオプションを解約せずそのままになっていれば、無駄な利用料を支払い続けてしまうことになるでしょう。

不要なオプションである場合、解約すれば料金がかからなくなるため節約につながります。ただし、中にはトラブル時のサポート系のオプションもあります。

解約することで必要なサポートまで受けられなくなるので慎重に検討しましょう。

Wi-Fiのメリット

Wi-Fiは、通常の携帯回線よりも大きなデータをやり取りできることが、高速通信を実現させています。では、その他にはどういったメリットがあるのでしょうか。

Wi-Fiを使うメリット
  1. ポケットWi-Fi・ホームルーターは回線工事が不要
  2. 使用場所を選ばない
  3. 複数の端末に同時接続できる

1.ポケットWi-Fi・ホームルーターは回線工事が不要

Wi-Fiのメリット

光回線などの固定回線は、自宅にWi-Fiの回線を引くための工事が必要です。工事業者の手配や日程調整などを含めると、開通までに1〜2ヶ月程度の時間がかかってしまいます。

 一方、ポケットWi-Fi・ホームルーターなら契約後、自宅に届いたルーターをコンセントにつなぐだけで、簡単に利用開始できます。 

店舗で端末を受け取れるものであれば、契約したその日から利用することも可能です。開通工事ができない部屋に住んでいる人や、転勤が多い方でも安心して使えます。

工事費がかからないため、初期費用を抑えられるメリットもあります。

2.使用場所を選ばない

Wi-Fiのメリット

持ち運びできるポケットWi-Fiなら、使用場所を選ばず外出先でもインターネットが楽しめます。旅行や出張の際にも役立つでしょう。

 自宅でも、ドアを隔てられた部屋やベランダ、庭、お風呂場などケーブルを引くのが難しい場所でも接続することができるので便利です。

カフェでPC作業をする場合や通勤中に動画を見たい場合にも、スマホの通信量を気にする必要がありません。

3.複数の端末に同時接続できる

Wi-Fiのメリット

有線LANで光回線のインターネットを使う場合、接続したい台数の数だけLAN端子が必要です。

 一方、Wi-Fiのような無線LANであれば、ケーブルや端子を使うことなく多数の機器を接続できます。

最大接続可能台数は端末によっても異なるので、申し込み前にチェックしましょう。 最近では、スマート家電など、インターネットに接続できる家電製品が増えています。

WiFi接続しているテレビとスマホを連携して、スマホで見たい動画をテレビに映すなども可能です。

よくある質問

安いポケットWi-Fiのおすすめは?
安心の定額プランで月額の追加料金の請求がないBroadWiMAXがおすすめです。ギガ放題プランなら、3ヶ月目まで月額料金が割引されます。

タブレット・スマホ・ゲームなど、最大40台の端末を同時にネット接続可能です。

Wi-Fiの月額料金を安くする方法は?
公衆無線LANを利用する、格安スマホとWi-Fiを合わせてデータ通信量を節約する、不要なオプションを解約するなどの方法があります。

家族で複数のスマホを利用して動画などを頻繁に視聴する場合、Wi-Fiに接続すれば家族全員のスマホ代の節約が可能です。

公衆無線LANとは?
公衆無線LANとは、飲食店や商業施設など人が集まるところで、多くの人が使えるように設置しているWi-Fiのことです。

最近では、空港や駅、観光スポットなどでも無料で利用できる公衆無線LANの数が増えてきています。

Wi-Fiを使うメリットは?
回線工事が不要、使用場所を選ばない、複数の端末に同時接続できるなどのメリットがあります。

自宅でも、ドアを隔てられた部屋やベランダ、庭、お風呂場などケーブルを引くのが難しい場所でも接続することができるので便利です。

Wi-Fiの回線工事とは?
光回線などの固定回線は、自宅にWi-Fiの回線を引くための工事が必要です。

工事業者の手配や日程調整などを含めると、開通までに1〜2ヶ月程度の時間がかかってしまいます。

一方、ポケットWi-Fiならルーターをコンセントにつなぐだけで、簡単に利用開始できます。

安い料金でWi-Fiを使うならポケットWi-Fiがおすすめ?
ポケットWi-Fiはスマホの月額料金を下げられる、セット割が使えるものもある、大容量で使えるなどのメリットがあるため、料金を抑えられます。

大容量のデータ通信が発生する用途ではWi-Fiでインターネット接続をするのが良いでしょう。

ポケットWi-Fiのセット割とは?
一定のスマホのキャリア限定で割引サービスが適用される割引キャンペーンです。

例えばUQ WiMAXでは、auのスマホを持っている方向けに月額料金が割引されるキャンペーンがあります。

まとめ

Wi-Fiの月額料金を節約する方法やメリットについて詳しく解説しました。

光回線とは違い、ポケットWi-Fiは契約後、自宅に届いたルーターをコンセントにつなぐだけで、簡単に利用開始できるメリットがあります。

スマホの月額料金を下げられる、大容量でデータ通信ができるので、家計の節約にもつながるでしょう。Wi-Fiを使って、高速インターネットを楽しんでください。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事