ポケットWi-Fiとは?利用のメリット・デメリットやおすすめの商品を解説!

ポケットWi-Fiは、持ち運びができるWi-Fi端末で、近年注目を集めている商品です。しかし「ポケットWi-Fiってどういうものなの?」と思う方も少なくないでしょう。

実際、ポケットWi-Fiも様々な会社から商品が出ており、選び方がわからないという方も多いですよね。
そこで今回はポケットWi-Fiに関する以下の項目を解説します。
この記事でわかること
  • ポケットWi-Fiの特徴
  • メリット・デメリット
  • おすすめ商品

ポケットWi-Fiの利用を検討している方はぜひ参考にしてみてくださいね!

ポケットWi-Fiとは?基本情報を確認

ポケットWi-Fiとは?基本情報を確認

そもそもポケットWi-Fiという言葉について、知らないという方も多いと思います。ポケットWi-Fiについて、簡単に説明すると次のようになります。

ポケットWi-Fiとは?
小型で持ち運びができるタイプのWi-Fi(モバイルWi-Fiルーター)のこと
それではポケットWi-Fiの特徴について詳しく見ていきましょう。

ポケットWi-Fiってどんなもの?

そもそもポケットWi-Fiはもともと、ワイモバイルが提供している「Pocket WiFi」という商品のことをいいます。

PocketWiFiとは
ワイモバイルが2009年に発表した、国内初のモバイルWi-Fiルーターのこと
元々のWi-Fiルーターは、据え置き型で、自宅に置いて使うことしかできませんでしたが、Pocket WiFiの導入により、小型で持ち運びが可能になりました。
現在では、ワイモバイルの商品だけでなく、docomoやSoftbank、auなどの携帯キャリア回線を提供する会社や、他社から提供しているモバイルWi-Fiルーターもまとめて「ポケットWi-Fi」と呼ばれています。

つまり、広義では「ポケットWi-Fi」=「モバイルWi-Fiルーター」となっています。

ポケットWi-FiとWiMAXの違いとは?

ポケットWi-FiとWiMAXの違いとは?

ポケットWi-Fiと似たような言葉で「WiMAX」という言葉を聞いたことのある人も多いのではないでしょうか?

続いて、WiMAXがどのようなものなのか、ポケットWi-Fiとの違いについて詳しく解説していきます。

WiMAXとは?

WiMAXとは、大手の通信会社である株式会社UQコミュニケーションズが運営しているWi-Fiの端末になります。

提供エリア 全国
データ容量制限 なし
通信制限 3日間で10GB以上の利用で最大1Mbpsに制限
最大速度 440Mbps〜2.2Gbps
端末の形式

・ポケットWi-Fiタイプ

・ホームルータータイプ

WiMAXの回線は「WiMAX2+」と呼ばれる独自の回線と、auが運用している「au 4G LTE」という回線を使用しているのが大きな特徴です。

また、使用できるデータ容量に制限がないのが特徴ですが、3日間に10GBまでの制限を設けているケースがほとんどです。

 WiMAXには、モバイルWi-Fiルーターもあれば、据え置き型のホームルータータイプもあります。そのため、ポケットWi-Fiと呼ばれるもののなかにWiMAXの商品もありますが、厳密には同じではありません。

ポケットWi-FiとWiMAXを比較

ポケットWi-FiとWiMAXのスペックについて、次の表で比較しました。

ポケットWi-Fi WiMAX
提供エリア 全国 全国
データ容量制限 月間100GBまで なし
通信制限 月間100GBを超えると最大速度が制限される 3日間で10GB以上の利用で最大1Mbpsに制限
最大速度 1,288Mbps 1,237Mbps
回線の形式 キャリア回線(docomo、au、Softbankなど)

・WiMAX2+

・au4G LTE

端末の形式 ・モバイルWi-Fiルーター

・モバイルWi-Fiルーター

・ホームルータータイプ

大きな違いとしては、通信速度制限の方法と回線の違いがあります。

WiMAXでは「WiMAX2+」という独自の回線を使用しているのに対して、ポケットWi-Fiでは携帯キャリア回線を使用しています。

また、ポケットWi-Fiのデータ容量の制限は月100GBなのに対して、WiMAXでは3日で10GBと制限の方法が異なります。

 WiMAXもポケットWi-Fiも、「モバイルWi-Fiルーター」の1種であることに違いはありません。そのため、WiMAXも、ポケットWi-Fiと呼ばれています。

ポケットWi-Fiのメリットとデメリットは?徹底解説!

ポケットWi-Fiのメリットとデメリットは?徹底解説!

まずは、ポケットWi-Fiのメリットとデメリットを比較してみましょう。

メリット
  • 家以外でもWi-Fiが使える
  • 工事不要
  • 毎月の料金が安い
デメリット
  • 回線速度が遅い
  • 通信制限がある
  • 一部エリアには非対応
  • 2〜3年の契約期間がある

ポケットWi-Fiは持ち運び、料金の安さに特化していますが、パフォーマンスの面では光回線に劣ってしまうようです。

まずは、それぞれのメリットとデメリットについて、深堀りしていきます。

ポケットWi-Fiのメリット

まずは、ポケットWi-Fiのメリットについて確認しましょう。ポケットWi-Fiでは、通常のWi-Fiと比べて持ち運びが出来る点や、料金の安さが魅力となります。

ポケットWi-Fiのメリット
  • 家以外でもWi-Fiが利用できる
  • 工事が不要
  • 毎月の料金が安い
詳しく解説していきます!

①家以外でもWi-Fiが利用できる

ポケットWi-Fiの端末は小型であり、どこでも持ち運ぶことができます。

ルーターのようにコンセントに繋ぐ必要もないので、自宅以外でもWi-Fiが繋がるという魅力があります。

外出先でWi-Fiに繋がずに動画などを視聴した場合、すぐに通信制限になってしまいますが、ポケットWi-Fiがあればそのような不安もありません。

 ただし、ポケットWi-Fiで利用している回線にはエリアが限定されているものもあります。エリア外ではWi-Fiを利用することができませんので注意が必要です。

②工事が不要

ポケットWi-Fiは工事不要ですぐに利用することができます

例えば、通常の光回線を使用したWi-Fiの場合には、回線の開通工事が必要になります。

したがって、工事費用や工事に日数がかかってしまうというデメリットがあります。
一方で、ポケットWi-Fiの場合、端末が送られてきた後すぐに使うことができるので手間も費用もかかりません。

③毎月の料金が安い

ポケットWi-Fiのメリットとして、毎月の料金が安いことが挙げられます。プランによって毎月の料金は異なりますが、ポケットWi-Fiの場合には月額3,000円〜4,000円程度で利用できます。

一方、光回線の場合には、4,000円〜5,000円が相場となっています。したがって、光回線に比べると、料金面でおトクになります。

 また、ポケットWi-Fiでは初期費用(端末代金)無料キャンペーンなどを開催している会社も多いです。そのため、実質月額料金のみの支払いで良いというのもメリットです。

ポケットWi-Fiのデメリット

ポケットWi-Fiのデメリット

一方で、ポケットWi-Fiには次のようなデメリットもあります。

ポケットWi-Fiのデメリット
  • 通信速度が遅い
  • 使いすぎると通信制限になる
  • 2〜3年の契約期間がある
  • 電波が届かない場所がある
ポケットWi-Fiのデメリットについて、詳しく見ていきましょう。

①通信速度が遅い

ポケットWi-Fiは光回線に比べると、通信速度の面で劣ってしまいます

光回線の場合は、光ファイバーによる通信が行われているため、モバイルキャリアと同等の電波を使用しているポケットWi-Fiよりも快適な通信速度となります。

あまり通信速度を求めない方であれば、ポケットWi-Fiの回線速度は気にならない程度でしょう。

②使いすぎると通信制限になる

ポケットWi-Fiではプランによって月々使用できるデータ容量に制限がある場合があります。例えば、月に10GB利用してしまうと通信制限となるものもあります。

 自宅で高画質の動画を見る場合やインターネットを利用してゲームをする場合には、回線速度に制限のない光回線の方が優れています。

特に、ポケットWi-Fiの中でも、最も料金の安いプランを利用している場合には、データ容量に制限がかかる場合が多いので注意が必要です。

③2〜3年の契約期間がある

ポケットWi-Fiでは、初期費用や月々の料金が安くなっている分、契約期間に縛りがあるものが多いです。

具体的には、2〜3年間は契約しなければいけないという、契約期間の縛りが挙げられます

もし、契約期間前に解約したい場合には、違約金や解約金を支払わなければならず、結果的に損をしてしまいます。
 また、契約は自動更新の場合が多いです。もし、自動更新をされてしまうと、また2〜3年間の契約期間が組み込まれてしまいます。契約期間が終了する1ヶ月前〜契約期間終了時までに手続きをしないと自動更新されてしまう可能性が高いので注意しましょう。

④電波が届かない場所がある

ポケットWi-Fiでは、エリアによっては、電波が届かない場所もあります。

エリアに対応しているかどうかは、それぞれの会社のホームページで確認することができます。
基本的には都心部であれば、電波が届くケースが多いですが、一部地域で使えないこともありますので事前に確認しておくことをおすすめします。
 自宅で問題なく使用できても、外出先では、エリアに対応しておらず、ポケットWi-Fiを利用できないこともあります。持ち運びができても使えるわけではないということに注意しておきましょう。

初心者にもおすすめのポケットWi-Fi3選

ポケットWi-Fiを利用したことのない方の中には「どの商品を選んだら良いかわからない」というお悩みをお持ちの方もいるでしょう。

ここでは、初心者にオススメのポケットWi-Fiについて、次の3つをご紹介します。
おすすめのWi-Fi3選
  • Broad WiMAX
  • GMOとくとくBB
  • MUGEN Wi-Fi

それでは、それぞれの特徴について詳しく確認しましょう。

①Broad WiMAX

BroadWiMAX

おすすめポイント
  • 5G対応のWiMAX
  • 容量制限なし!
  • キャッシュバック、初期費用なしなどのキャンペーンがおトク!
  • 他社からの乗り換え費用を負担してくれる
BroadWiMAXは株式会社リンクライフが運営しているWiMAXです。5Gに対応しているほか、データ容量制限もないため、不自由なく使用することができます。
BroadWiMAXのメリットとしては、キャンペーンが豊富なことが挙げられます。例えば、次のようなキャンペーンを利用することが可能です。
BroadWiMAXのキャンペーン一覧
  • 他社からの乗り換え費用を最大19,000円負担してくれる
  • 5,000円のキャッシュバック
  • 端末料金、初期費用0円キャンペーン
したがって、データ容量を気にせず使いたい人や、おトクなキャンペーンを受けたい人におすすめです。

基本情報

月額料金
  • 2ヶ月目まで:2,999円
  • 3〜24ヶ月目:3,753円
  • 25ヶ月目以降:4,413円
初期費用 3,300円
回線の種類
  • WiMAX2
  • au4G LTE
  • au5G
最大通信速度

下り:2.2Gbps

上り:183Mbps

契約期間 3年間(自動更新)
解約金・違約金

1年以内:20,900円

2年以内:15,400円

3年以内:14,300円

データ容量 実質無制限
通信制限 3日で10GB使用すると翌日18時〜翌々日2時まで下り速度:最大1Mbps

②GMOとくとくBB

GMOとくとくBB

おすすめポイント
  • データ容量が実質無制限
  • 最大30,100円のキャッシュバックが受けられる
GMOインターネット株式会社が提供しているWiMAXです。
最大の特徴は、キャッシュバック額が業界最大級であることです。キャッシュバックを利用することで、3年間の実質月額が3,909円となり、他のWiMAXよりも安く利用することができます。
 ちなみに、キャッシュバックを利用するためには、契約してから11ヶ月後に届くメールに返信しなければいけません。手続きを忘れると、キャッシュバックが受けられず、最大のメリットを逃すことになるので注意しましょう。

基本情報

月額料金
  • 2ヶ月目まで:3,970円
  • 3ヶ月目以降:4,689円
初期費用 3,300円
回線の種類

WiMAX2

au4G LTE

最大通信速度

下り:1.2Gbps

上り:75Mbps

契約期間 3年間(自動更新あり)
解約金・違約金

2年以内:27,270円

3年以内:10,450円

データ容量 実質無制限
通信制限 3日で10GB使用すると翌日18時〜翌々日2時まで下り速度:最大1Mbps

③MUGEN Wi-Fi

MugenWiFi

おすすめポイント
  • キャリア回線を使っているので安定性がバツグン!
  • 契約期間が2年と短い
  • 最大10,000円のキャッシュバックが受けられる
  • 全額返金サービスあり(条件を満たした場合のみ適用)

MUGEN Wi-Fiは、株式会社surfaveが提供するポケットWi-Fiです。docomo、au、Softbankなどの3大キャリア回線を使用しているため、回線の安定性はバツグンです。

 Wi-Fiにつながりにくいといったトラブルも少ないようで、安心して使いたい人にオススメです。

Wi-Fiにつながりにくいといったトラブルも少ないようで、安心して使いたい人にオススメです。
また、契約後、30日以内であればいつでも解約することができ、全額返金してもらえるので使っていて不満を感じた場合には契約を取りやめることもできます。

基本情報

月額料金 3,718円
初期費用 3,300円
回線の種類 キャリア回線(SoftBank、au、docomo)
最大通信速度

下り:150Mbps

上り:50Mbps

契約期間 2年間(自動更新なし)
解約金・違約金

1年以内:9,900円

2年以内:5,500円

データ容量 1ヶ月に100GBまで
通信制限 下り最大:128Kbps

まとめ

今回は、ポケットWi-Fiについて解説しました。ポケットWi-Fiは、持ち運びながらWi-Fiを使うことができるため、外出先でもWi-Fiを利用したい場合に便利です。

月々の料金も光回線より安いため、自宅以外でもWi-Fiを利用したい方にはオススメのサービスです。この記事を参考に、ポケットWi-Fiを検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事

こちらの記事も合わせて読みたい!
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事